就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの夏のお出かけも安心!持ち物や服装、暑さ対策をご紹介

赤ちゃんとの夏のお出かけも安心!持ち物や服装、暑さ対策をご紹介

わが子が生まれて初めての夏を迎えるにあたり、暑い中お出かけしてもよいのか、出かける際にはどんなことに注意したらよいのかと迷ってしまうママもいるかもしれません。そこで今回は、夏に赤ちゃんとお出かけする際のメリットや注意点、持参した方がよいものやおすすめのお出かけスポットなどについてお話しします。

赤ちゃんとお出かけをするメリットと注意点

赤ちゃんとお出かけをするメリット

赤ちゃんとお出かけをするメリットとして、赤ちゃんが外に出ることによって日中の明るさを認識し、生活サイクルが整うことがあげられます。赤ちゃんが夜ずっと起きてしまうと、ママも眠れず大変ですよね。

明るいときに外にいることにより、日中は起きる、夜暗くなったら寝るというリズムを赤ちゃんの体が覚えることが大切です。また、家で赤ちゃんと2人きりでいると、ママのストレスも溜まってしまいます。

公園などに散歩に行けば、ママの気分転換にもなりますし、もしかしたら同じような赤ちゃんを持つママと知り合うこともできるかもしれません。ママの人間関係も広がり、ママ友とのおしゃべりによってストレス発散にもなりますよ。

いつから外出していいの?

暑い夏、いったい赤ちゃんは生後何カ月ぐらいからお出かけしてよいのか気になりますよね。まだ生まれて間もないうちは免疫力も低く、紫外線にも弱いため、直射日光に長時間あたることは避けるようにしましょう。

生後2カ月を過ぎると赤ちゃんの免疫力も上がってくるので外気に当たっても心配ありません。最初は短時間のお散歩から徐々に慣らすようにしましょう。

直射日光は赤ちゃんもまぶしく感じ、目が痛くなってしまうので、できるだけ日陰もしくは日傘などの日よけを使うようにしましょう。感染症などの心配があるため、人混みの多いところは避け、できるだけゆったりとした場所を散歩するように心がけたいですね。

外出中は赤ちゃんの様子をこまめにチェックするようにしましょう。

夏のお出かけの注意点とは?

夏は特に日差しが強く、赤ちゃんへの紫外線の影響も気になります。昼前から午後早い時間は特に暑いので、その時間のお出かけはできるだけ避けるようにしましょう。

朝の早い時間、もしくは少し涼しくなった夕方が赤ちゃんとのお出かけにはおすすめです。強い太陽の光を浴びると、いつも以上に赤ちゃんは疲れてしまうので、赤ちゃんが疲れた様子を見せたら無理せず家に帰るようにしたいですね。

赤ちゃんの身体は体温調節機能が未発達のため、ママが赤ちゃんの体温調節に気を配ることが大切です。必要以上に厚着させないようにし、汗を吸収しやすい綿素材の服などを着せるようにしましょう。

汗をかくと水分が失われるので、こまめに水分補給させることも忘れないでくださいね。

夏のマザーズバッグ、何を入れればいい?

【生後1~3カ月】夏の外出時の持ち物

外出は生後2カ月ぐらいからがベストですが、ママが産後の健診に行くケースなどもあるので、生後1カ月~3カ月のおすすめ持ち物をご紹介します。
  • おむつ
  • お尻ふき
  • おむつ替え用シート
  • 使用済みおむつ用ビニール袋
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • 母子手帳および保険証
  • 哺乳瓶
  • キューブ状のミルクもしくは必要量を小分けにした粉ミルク
  • お湯および湯冷まし
  • 赤ちゃんの着替え
  • 子ども
  • ブランケットなどかけるもの
  • 抱っこ紐
  • 除菌シート
外出先で使用済みおむつが捨てられないケースもあるので、おむつ用の消臭ビニール袋がおすすめです。外出先で赤ちゃんのミルクを作る際など、除菌シートがあればさっとママの手を除菌することができますよ。

【生後4~8カ月】夏の外出時の持ち物

生後4カ月頃になると、ママも赤ちゃんとのお出かけにも慣れてきて、なにが必要かも自然とわかるようになってきますよね。5カ月になると離乳食が始まる赤ちゃんもいるので、荷物の内容も少し変わります。
  • おむつ
  • お尻ふき
  • おむつ替え用シート
  • 使用済みおむつ用ビニール袋
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • 母子手帳および保険証
  • 哺乳瓶
  • キューブ状のミルクもしくは必要量を小分けにした粉ミルク
  • お湯および湯冷まし
  • 赤ちゃんの着替え
  • ブランケットなどかけるもの
  • 抱っこ紐
  • 除菌シート
  • 離乳食グッズ(離乳食、スプーン)
  • スタイ
  • 赤ちゃん用お菓子
  • ストローマグ
  • おもちゃ
ストローマグの練習を始めている場合、マグで水分補給をするとよいでしょう。

【生後9カ月~1歳前後】夏の外出時の持ち物

生後9カ月になると、離乳食を3回食べる赤ちゃんも増えてきます。短時間の外出なら、外出先でミルクもしくは母乳を飲む必要がない子もいるかもしれません。しかし夏はこまめな水分補給が欠かせないので、赤ちゃん用麦茶や湯冷ましなど忘れないように持参しましょう。
  • おむつ
  • お尻ふき
  • おむつ替え用シート
  • 使用済みおむつ用ビニール袋
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • 母子手帳および保険証
  • お湯および湯冷まし
  • 赤ちゃんの着替え
  • ブランケットなどかけるもの
  • 抱っこ紐
  • 除菌シート
  • 離乳食グッズ(離乳食、スプーン)
  • スタイ
  • 赤ちゃん用お菓子
  • ストローマグ
  • おもちゃ
  • ミルクと哺乳瓶(必要な場合)
赤ちゃんの成長とともに少しずつ荷物も減り、ママも楽になってきます。

夏の赤ちゃんの服装、移動手段のおすすめ

どんな服装をさせたらいい?

夏は赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか迷ってしまうママも多いことでしょう。赤ちゃんはまだ自分で上手に体温調節ができないため、ママが赤ちゃんの着るものでこまめに調節してあげることが大切です。ここで外出の際に必要な服装を月齢別に見てみましょう。

【生後1~3ヶ月】

この月齢はまだ手足を動かす程度で体全体を動かすことはないので、赤ちゃんの動きやすさより、ママがおむつを替えやすい服装を重視しましょう。
  • 肌着(汗を吸収しやすい素材のもの)
  • ベビードレス

【生後4~8ヶ月】

個人差はありますが、寝返りやお座り、ハイハイなどを始める赤ちゃんも増えてきて、動きが活発になってきます。それに合わせた服装を心がけましょう。
  • 肌着
  • 2WAYオールもしくはカバーオール

【生後9ヶ月以降】

9カ月になると、伝い歩きやつかまり立ちを始める赤ちゃんもいて、動きがかなり活発になってきます。赤ちゃんの動きやすい服装にすることが大切です。上下別になった服装も楽しめるようになってきます。
  • ボディースーツ
  • 薄手のロンパース、もしくはズボン、スカート

抱っこ紐とベビーカーを使い分け!

ベビーカーに赤ちゃんを乗せて外出するママも多いと思います。ベビーカーを使うと、ママも体力的に楽ですし、マザーズバッグもぶら下げられるので肉体的負担が減りますよね。しかし夏のベビーカーは少し注意が必要です。

ベビーカーに乗った赤ちゃんは、地面からの距離も短く、地面の照りかえし熱をまともに受けてしまいます。ママが体感するよりも暑く感じているはずなので、赤ちゃんが暑がっていないかこまめに様子をチェックするようにしましょう。

狭い場所、人混みのある場所に行く場合は、ベビーカーだとほかの人の迷惑にもなってしまうので、抱っこ紐を利用するようにしましょう。例えば、駅やバスに乗るまではベビーカーに乗せ、車内では抱っこ紐を利用し、ベビーカーは畳むなどの配慮が必要です。

抱っこ紐はママと赤ちゃんの密接度が高い分、熱がこもり蒸れてしまうこともあります。赤ちゃんが暑がっていないか、たくさん汗をかいていないか、ときおり様子を見るようにしましょう。

このように長時間の外出の場合は、ベビーカーと抱っこ紐をシチュエーションごとに使い分けると便利ですよ。

夏のお出かけは暑さ対策が必須 

日焼けから赤ちゃんを守ろう!

夏のお出かけは日焼けが気になりますよね。乳児期に浴びた紫外線の影響で10代になって急にほくろが増えるケースもあります。赤ちゃんの頃からママが紫外線に気を付けてあげることが大切です。

赤ちゃんの肌は敏感で刺激に弱いので、赤ちゃん用の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。赤ちゃん用日焼け止めは色々なものが出ていて、どれにしたらよいか迷ってしまうかもしれません。

のびのよさを重視するなら乳液タイプ、軽い使い心地ならローションタイプ、肌へのなじませやすさを重視するなら泡タイプなどがあります。ママと赤ちゃんのニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

また、帽子をかぶらせたり、ベビーカーに日よけをつけるのもおすすめですよ。

虫よけ対策も万全に!

公園などの自然の多いところを散歩する際は、虫よけ対策も忘れずにするようにしましょう。赤ちゃん用の虫よけには、肌に直接つけるスプレーやローションタイプ、ベビーカーなどに貼るシールタイプ、ぶら下げて使うタイプなど、色々な種類があります。

赤ちゃんへの刺激を考え、できるだけ天然成分の物を選ぶようにしたいですよね。ハーブの「シトロネラ」や「レモンユーカリ」などにも虫よけ効果がありますよ。精油があれば、自宅で簡単に虫よけスプレーを手作りすることも可能です。

外出の際は、虫よけと日よけを兼ねて、薄い長袖を着せてもよいでしょう。さらに虫よけをぶら下げ、肌の露出する部分にだけ虫よけローションやスプレーを利用してもよいですね。

保冷剤などの暑さ対策あれこれ

夏はベビーカーでも抱っこ紐でも、熱がこもってしまい赤ちゃんは暑くなってしまいがちです。ケーキなどを購入した際についてくる保冷剤を上手に活用して暑さ対策をしてみましょう。

ベビーカーの場合、タオルに包んだ保冷剤を赤ちゃんの背もたれ部分にあてると、ひんやりと涼しく感じられます。また、赤ちゃんの首や脇があたる背もたれ部分に置くと、赤ちゃんの熱を下げるのに効果的ですよ。抱っこ紐の場合も、赤ちゃんの背中あたりにタオルに包んだ保冷剤をあててみましょう。

ベビーカーの場合、日よけがついているものも多いと思いますが、角度によっては直射日光が差し込んでしまう場合も。薄い布を用意し、クリップでベビーカーの日よけにつけると、日差しをブロックできます。

赤ちゃんとのお出かけにおすすめのスポット

まずは近場で!支援センターを活用しよう

夏の暑い日は赤ちゃんと外をお散歩するのも大変ですよね。そんなときには地域の子育て支援センターに出かけてみましょう。

子育て支援センターとは、区市町村により運営されており、就学前の子どもとその親を対象にした無料の施設です。中にはおもちゃや絵本もたくさんあるので、子どもも楽しむことができます。

場所は建物全体の場合もあれば、地域の保育園や幼稚園などの一部を利用して開かれているところもあるので、場所や開館時間など区役所で聞いてみましょう。子育て支援センターには、保育士が常駐し、育児相談なども行っているため、子育てで疑問に思ったことなど気軽に質問することができます。

定期的に足を運べば、ほかのママたちとも顔見知りになれるかもしれませんよ。

設備も揃うデパートなどでママも息抜き 

デパートやショッピングモールならエアコンも効いているので、ぶらぶらと散歩するには快適です。暑い外からエアコンの効いた建物内に入ると温度差で風邪をひいてしまうこともあるので、赤ちゃん用に軽いブランケットなどを用意するようにしましょう。

事前にインターネットの公式サイトなどで授乳室やおむつ替えの台がある場所をチェックしておけば、いざというときに慌てずに済みますよ。館内でベビーカーの貸し出しをしているところもありますが、不特定多数の子どもが使っているので衛生状態も気になりますし、まだ小さい赤ちゃんにとっては使い慣れたベビーカーが一番です。

フードコートがあるところも多いので、ママの気分転換に外食もできますね。

少しずつ遠出も!水族館やテーマパーク

近所の公園やショッピングモールなどの外出にも慣れてきたら、少しずつ遠出をしてみてもよいでしょう。水族館なら屋内なので、暑い日も雨の日でも楽しめて便利ですよ。

水族館内は通路が狭いこともありますし、ベビーカーに座ったままだと水槽が高く魚がよく見えないこともあるので、抱っこ紐を忘れないようにしましょう。水族館以外にも家族でテーマパークに足をのばしてみてもよいですね。

利用できる乗り物は限られてしまいますが、メリーゴーランドの馬車や観覧車なら0歳からでも保護者と一緒なら利用可能です。赤ちゃんの場合、その場の雰囲気を楽しむことがメインになるので、あれやこれや乗り物を探すのではなく、ほかの子どもたちが楽しそうに遊んでいる風景などを楽しむようにしたいですね。

まとめ

今回は、夏に赤ちゃんとお出かけするメリットや気をつけたいこと、おすすめの持ち物や服装、お出かけスポットなどについてのお話でしたが、いかがでしたか?夏のお出かけは暑いので大変かもしれませんが、日差しに気をつけながら赤ちゃんとのお出かけを楽しむようにしたいですね。

夏には夏祭りや花火大会などのイベントもたくさんあります。暑さ対策を万全にして、わが子の初めての夏を家族で思いっきり満喫しましょう。赤ちゃんが疲れてきたら無理せず、涼しいところでゆっくり休むように心がけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018