就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとの夏のお出かけも安心!持ち物や服装と暑さ対策をご紹介

赤ちゃんとの夏のお出かけも安心!持ち物や服装と暑さ対策をご紹介

我が子が生まれて初めての夏を迎える際、暑い中お出かけしてもよいのか、出かけるときはどのようなことに注意するとよいのかと迷ってしまうママもいるでしょう。そこで今回は、夏に赤ちゃんとお出かけする際のメリットや注意点、持参するとよいもの、さらにお出かけスポットなどについてご紹介します。

赤ちゃんとお出かけをするメリットと注意点

赤ちゃんとお出かけをするメリット

赤ちゃんとお出かけをするメリットに、赤ちゃんが外に出ることによって日中の明るさを認識し、生活サイクルが整うことが挙げられます。

赤ちゃんが、夜ずっと起きてしまうとママも眠れず大変ですよね。明るいときに外にいることにより、日中は起きる、夜暗くなったら寝るというリズムを赤ちゃんの体が覚えることが大切です。

また、家で赤ちゃんと2人きりでいるとママのストレスが溜まってしまうかもしれません。公園などに散歩に行けば、ママの気分転換になって気持ちがすっきりしますよ。

同じような赤ちゃんがいるママと知り合うチャンスもあるでしょう。ママの人間関係も広がり、ママ友とのおしゃべりによってストレス発散にもつながりますよ。

いつから外出していいの?

暑い夏、いったい赤ちゃんは生後何カ月ぐらいからお出かけしてよいのか気になりますよね。まだ生まれて間もないうちは、免疫力も低く、紫外線にも弱いため、直射日光に長時間あたることは避けましょう。

生後2カ月を過ぎると、赤ちゃんに免疫力もついてくるので外気に当たってもよいでしょう。最初は短時間のお散歩から徐々に慣らすようにしましょう。

直射日光は、赤ちゃんもまぶしく感じて目が痛くなってしまうので、できるだけ日陰もしくは日傘などの日除けを使うようにしましょう。感染症などの心配があるため、人混みの多いところは避け、できるだけゆったりとした場所を散歩するように心掛けたいですね。

外出中は赤ちゃんの様子をこまめにチェックするようにしましょう。

夏のお出かけの注意点とは

夏は、とくに日差しが強いので赤ちゃんへの紫外線の影響も気になります。昼前から午後早い時間はとくに暑いので、その時間のお出かけはできるだけ避けましょう。

朝の早い時間、もしくは少し涼しくなった夕方に赤ちゃんとお出かけするとよいですよ。強い太陽の光を浴びると、いつも以上に赤ちゃんは疲れてしまいます。赤ちゃんが疲れた様子を見せたら無理せず家に帰るようにしたいですね。

赤ちゃんの身体は体温調節機能が未発達のため、ママが赤ちゃんの体温調節に気を配ることが大切です。必要以上に厚着しないようにし、汗を吸収しやすい綿素材の服などを着るようにしましょう。

汗をかくと水分が失われるので、こまめに水分補給することも忘れないでくださいね。

夏のマザーズバッグに入れておきたいもの

ねんね期の持ち物【生後1~3カ月】

外出は生後2カ月ぐらいからがベストです。しかし、産後の健診に行くケースなどもありますので、ねんね期の赤ちゃんの基本的な持ち物をご紹介しますね。
  • おむつ
  • お尻ふき
  • おむつ替え用シート
  • 使用ずみおむつ用ビニール袋
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • 母子手帳および保険証
  • 哺乳瓶
  • キューブ状のミルクもしくは必要量を小分けにした粉ミルク
  • お湯および湯冷まし
  • 赤ちゃんの着替え
  • ブランケットなどかけるもの
  • 抱っこ紐
  • 除菌シート
外出先で使用ずみおむつを捨てられないケースもあるので、おむつ用の消臭ビニール袋を持参しましょう。赤ちゃんのミルクを作る際など、除菌シートがあればさっとママの手を除菌することができますよ。

活動的になる 【生後4~8カ月】

生後4カ月頃になると、ママも赤ちゃんとのお出かけにも慣れてきて、必要なものが自然と分かるようになるでしょう。赤ちゃんも寝ている時間が短くなり少しずつ活動的になる時期です。5カ月になると離乳食が始まる赤ちゃんもいるので、荷物の内容を見直しましょう。
  • おむつ
  • お尻ふき
  • おむつ替え用シート
  • 使用ずみおむつ用ビニール袋
  • 授乳ケープ
  • ガーゼ
  • 母子手帳および保険証
  • 哺乳瓶
  • キューブ状のミルクもしくは必要量を小分けにした粉ミルク
  • お湯および湯冷まし
  • 赤ちゃんの着替え
  • ブランケットなどかけるもの
  • 抱っこ紐
  • 除菌シート
  • 離乳食グッズ(離乳食、スプーン)
  • スタイ
  • 赤ちゃん用お菓子
  • ストローマグ
  • おもちゃ
ストローマグの練習を始めている場合、マグで水分補給をするとよいでしょう。

好奇心旺盛【生後9カ月~1歳前後】

生後9カ月になると、つかまり立ちをしたり早ければ歩き始める場合もあります。色々なことに興味を持ち始め、好奇心が旺盛な時期です。

また、離乳食を3回食べる赤ちゃんも増えてきます。短時間の外出なら、外出先でミルクもしくは母乳を飲む必要がないことがあるかもしれません。しかし、夏はこまめな水分補給が欠かせないので、赤ちゃん用麦茶や湯冷ましなど忘れないように持参しましょう。
63 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事