就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏に赤ちゃんとお出かけ!服装と持ち物から暑さと冷房対策まで

夏に赤ちゃんとお出かけ!服装と持ち物から暑さと冷房対策まで

夏のお出かけは暑さ対策が必須 

日焼けから赤ちゃんを守ろう

夏のお出かけは日焼けが気になりますよね。乳児期に浴びた紫外線の影響で10代になって急にほくろが増えるケースもあります。赤ちゃんの頃からママが紫外線に気をつけてあげることが大切です。

赤ちゃんの肌は敏感で刺激に弱いので、赤ちゃん用の日焼け止めクリームを使うようにしましょう。赤ちゃん用日焼け止めは色々なものが出ていて、どれにしたらよいか迷ってしまうかもしれません。

のびのよさを重視するなら乳液タイプ、軽い使い心地ならローションタイプ、肌への馴染みやすさを重視するなら泡タイプなどがあります。ママと赤ちゃんの肌やニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

また、帽子を被ったりベビーカーに日除けをつけるのもよいですね。

虫除け対策も万全にしよう

公園などの自然の多いところを散歩する際は、虫除け対策も忘れずにするようにしましょう。赤ちゃん用の虫除けには、肌に直接つけるスプレーやローションタイプ、ベビーカーなどに貼るシールタイプ、ぶら下げて使うタイプなど、色々な種類があります。

赤ちゃんへの刺激を考え、できるだけ肌に優しい成分の物を選ぶようにしたいですよね。ハーブの「シトロネラ」や「レモンユーカリ」などにも虫除け効果がありますよ。精油があれば、自宅で簡単に虫除けスプレーを手作りすることも可能です。

外出の際は、虫除けと日除けを兼ねて薄い長袖を着てもよいでしょう。さらに虫除けをぶら下げ、肌の露出する部分にだけ虫除けローションやスプレーを利用してもよいですね。

保冷剤などで暑さ対策も忘れずに

夏はベビーカーでも抱っこ紐でも、熱がこもってしまい赤ちゃんは暑くなってしまいます。ケーキなどを購入した際についてくる保冷剤を上手に活用して暑さ対策をしましょう。

ベビーカーの場合、タオルに包んだ保冷剤を赤ちゃんの背もたれ部分にあてると、ひんやりと涼しく感じられます。また、赤ちゃんの首や脇があたる背もたれの場所に置くと、赤ちゃんの熱を下げるのに効果的ですよ。抱っこ紐の場合も、赤ちゃんの背中あたりにタオルに包んだ保冷剤をあててみましょう。

ベビーカーの場合、日除けがついているものも多いと思いますが、角度によっては直射日光が差し込んでしまうこともあります。薄い布を用意し、クリップでベビーカーの日除けにつけると、日差しをブロックできますよ。

お出かけ中の冷房対策もしておこう

屋内の冷房が効き過ぎていることも

赤ちゃんとの夏のお出かけは、暑さ対策を万全にしているママは多いでしょう。しかし、お出かけ中に屋外にばかりいるとは限りません。

元々の目的地が屋内の場合や、屋外で過ごす予定を急に変更してショッピングモールや百貨店などで過ごすことがあるかもしれません。

最近は、節電対策などで館内の冷房の設定温度が見直されているショッピングモールなどもあります。しかし、夏の高い屋外の気温と冷房で冷えた館内の温度の差で、大人でも体調を崩す場合もあります。

赤ちゃんは、体温調節機能が未熟なので気温とともに体温が上がったり下がったりします。ですので、ママが屋外と屋内で赤ちゃんが感じる温度に大きな差が出ないように気をつけて、ときどき赤ちゃんの様子を確認しましょう。

脱ぎ着がしやすい羽織りものが便利

お出かけ先の冷房が効いている建物内で過ごしていると、だんだんと体が冷えてくることがありますよね。とくに、赤ちゃんは肌で感じている気温をまだ言葉では伝えられません。ですので、ママが手足や体に触れて確認するようにしましょう。

赤ちゃんの様子を見て冷房対策をする方がよいなと感じたときに、カーディガンなどの脱ぎ着がしやすい羽織り物があると便利です。中には、袖を通す衣類を嫌がる赤ちゃんもいるでしょう。そのような場合は、ポンチョタイプの羽織り物がよいですよ。肩にさっと羽織るだけでも冷房対策になります。

また、夏は丈の短いショートパンツなどを履く機会が多いですよね。足の冷えが心配な場合は、レッグウォーマーがあると便利ですよ。

薄手のブランケットは万能アイテム

夏のお出かけに便利なのが薄手のブランケットです。屋外では日焼け防止などに役立つブランケットですが、屋内では冷房対策に持っていたいアイテムです。柔らかく肌触りのよいブランケットをふんわり掛けると赤ちゃんも気持ちよさそうですよ。

薄手のブランケットは、赤ちゃんが抱っこ紐やベビーカーのどちらの状態でも使いやすいということからも人気です。とくに、クリップつきのブランケットだと、抱っこ紐やベビーカーの本体に取り付けが簡単なので重宝しますよ。

また、急な授乳が必要なときは、肩にさっと掛けて授乳ケープとしても使うことができます。普段から使い慣れているブランケットだと授乳中も赤ちゃんは安心できますね。

冷房対策など色々な場面で使えるブランケットを用意しましょう。

夏に赤ちゃんとお出かけしたいスポット

まずは近場の支援センターを活用しよう

夏の暑い日は赤ちゃんと外をお散歩するのも大変ですよね。そんなときには地域の子育て支援センターに出かけてみましょう。

子育て支援センターとは、区市町村により運営されており、就学前の子どもとその親を対象にした無料の施設です。中にはおもちゃや絵本もたくさんあるので、子どもも楽しむことができます。

場所は建物全体の場合もあれば、地域の保育園や幼稚園などの一部を利用して開かれているところもあるので、場所や開館時間など区役所で聞いてみましょう。子育て支援センターには、保育士が常駐し、育児相談なども行っているため、子育てで疑問に思ったことなど気軽に質問することができます。

定期的に足を運べば、ほかのママたちとも顔見知りになれるでしょう。

設備が整うデパートなどでママも息抜き 

デパートやショッピングモールならエアコンも効いているので、ぶらぶらと散歩するには快適です。建物内はあエアコンが効いているので、温度差で風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんのために冷房対策の用意しておくとよいでしょう。

事前にインターネットの公式サイトなどで授乳室やおむつ替えの台がある場所をチェックしておけば、いざというときに慌てずにすみますよ。

館内でベビーカーの貸し出しをしているところもあります。しかし、不特定多数の子どもが使っているので衛生状態も気になるかもしれません。そのような場合は、使い慣れたベビーカーが一番ですよ。

フードコートが充実しているところも多いので、ママの気分転換に外食もできますね。

少しずつ夏の遠出に慣れよう

近所の公園やショッピングモールなどの外出にも慣れてきたら、少しずつ遠出をしてもよいでしょう。水族館なら屋内なので、暑い日も雨の日でも楽しめて便利ですよ。

水族館内は通路が狭いこともありますし、ベビーカーに座ったままだと水槽が高く魚がよく見えないこともあります。抱っこ紐を忘れないようにしましょう。

水族館以外にも家族でテーマパークに足をのばしてみてもよいですね。利用できる乗り物は限られてしまいますが、メリーゴーランドの馬車や観覧車なら0歳からでも保護者と一緒に利用できるでしょう。赤ちゃんの場合、その場の雰囲気を楽しむことがメインになります。ですので、乗り物を探すのではなく、ほかの子どもたちが遊んでいる風景などを楽しむようにしたいですね。

まとめ

今回は、夏に赤ちゃんとお出かけするメリットや気をつけたいこと、おすすめの持ち物や服装、お出かけスポットなどについてご紹介しました。夏のお出かけは、暑いので大変ですよね。お出かけの際は、日差しに気をつけながら赤ちゃんと楽しみましょう。

夏には夏祭りや花火大会などのイベントもたくさんあります。出かける際は、赤ちゃんが疲れてきたら無理せず、涼しいところでゆっくり休むように心がけましょう。

暑さ対策を万全にして、我が子の初めての夏を家族で思いっきり満喫しましょう。
65 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版