就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳男の子の子育てに悩みがある。反抗期やイライラしない子育て方法

5歳男の子の子育てに悩みがある。反抗期やイライラしない子育て方法

何に対しても「イヤ」といって癇癪をおこしたり、すねたり、泣きわめいたり、時には叩いたりする5歳の男の子。「5歳児反抗期」という言葉もあるように、まだまだママに甘えたいという気持ちと「5歳なんだから」という周囲の期待との間で揺れ動く5歳男児の反抗期の特徴を知り、イライラしない子育てを目指しましょう。

5歳児反抗期ってなに?具体的な特徴とは

イヤイヤ期と思春期の間の中間反抗期

みなさん、「5歳児反抗期」という言葉、知っていましたか。反抗期は大きく分けると2回あり、1回目は子育て中のママには「魔の2歳児」でおなじみの「イヤイヤ期」とも称される2歳頃が第一次反抗期です。2回目は一般的に反抗期といえば中学生頃に始まる、いわゆる「思春期」と呼ばれる時期が第二次反抗期にあたります。その中間にあたる5歳前後から始まる反抗期を「中間反抗期」、または「5歳児反抗期」と呼んでいます。


自我が芽生え、自分で何でもやりたいと思い始める2歳頃の第一次反抗期。「大人になりたい。自分でできる」という自立心が芽生える思春期の第二次反抗期と比較して、5歳児反抗期にはどういう特徴があるのか、次項でくわしく検証したいと思います。

周囲の期待と甘え心の狭間で悩む時期

5歳の男の子の心はまだまだ子ども。でも5歳になって「できることが増える」ために、周囲の期待に対してプレッシャーを感じてしまうことが多いようです。ママに甘えたいという気持ちとの狭間で揺れ動いているため、自分と周囲とのバランスが保てず、気に入らないことがあると反抗的な態度や言葉に出てしまうのです。

息子は今まさに5歳で、私が「5歳にもなって、こんなこともできないのか」と言うと、すねたり、ママにしがみついたりするので、「赤ちゃんじゃないんだから、甘えるんじゃない」と畳み掛けてしまうのですが、本人は赤ちゃん扱いされて悔しいという気持ちと、できないことへのいら立ちが入り交じった表情をしており、子どもながらに葛藤している様子が伺えます。

乱暴な言葉遣いや反抗的な態度が特徴

言葉の発達が早い女の子は、2歳のイヤイヤ期の様に一言で「イヤ」とか「ダメ」ではなく「今、やるところ」だとか「ママだってやってないでしょ」と反論してきたり、無視したりします。それに対して男の子は反抗的な態度を乱暴な言葉やある意味定番の「うんこ」「おなら」などといった言葉を連呼することで表現したりします。


また、言葉が発達していないがゆえに、感情的になって癇癪を起こすと口ではなく手や足が出たり、物に当たったりすることもあるでしょう。「5歳なんだから、しっかりしなさい」とついつい言ってしまいがちですが、5歳といえばできることも増えた反面、できないことの方が多い年齢で、甘えたい盛りの子どもなので、感情のコントロールは難しいのです。

ママを悩ます5歳の男の子の特徴

なにかと反抗的で突っかかってくる

5歳児反抗期は、なにを言っても乱暴な言葉やぶっきらぼうな態度で返すのが特徴です。わが家でも「着替えなさい」「ごはんを食べなさい」などといったら「イヤ」といってそっぽを向いたり、自分のやりたいことをするといっては駄々をこねて、ぐずったりします。また、あえて乱暴な言葉を使ったり、ふざけた態度で、ふてくされたり、無視したりと、あの手この手で不満を表明してきます。


なんでも否定されて反抗的な態度をとられたら、ついイライラして怒鳴ってしまいがちですが、時間に追われている場合は怒っていても、ぐずってしまい逆効果なので、全部やるのではなく、手伝いながら、やる気をみせた場合は任せ、できたらほめるを繰り返して、気分をのせていくのもいいでしょう。

ちょっとしたことですぐに怒る

わが息子も、幼稚園に行きたくない、ごはんを食べたくないなど、やりたくないことから目を背けるためにテレビやゲームに没頭してしまうことがあり、何度言っても聞く耳を持たず、無視し続けます。最終的に電源を切って終わらせるのですが、そうなると、床に寝そべって泣きわめいたり、近くにある物を投げたり、乱暴な言葉を連呼したりと、収拾が付かなくなってしまいます。

怒っている子どもに対して怒鳴り返したり、注意したりしても、火に油を注ぐだけで効果はありません。そんな時は子どもが落ち着くのを待って、何が悪かったのか、どうして欲しかったのかを淡々と説明しましょう。根気が必要ですが、怒られてばかりいると子どもも萎縮してしまうので地道に頑張りましょう。

思っていることを素直に言えない

「子どもが落ち着くのを待って、淡々と注意しましょう」といいながらも、駄々をこねたり、無視したりと反抗的な態度をとるわが息子を前にすると、目くじらを立てて怒ってしまうので、偉そうなことは言えないのは承知の上で言わせてもらいます(笑)。「思っていることを素直に言えない」という見出しですが、これは実体験に基づいた話なのでリアリティはあります。

5歳の息子は怒られると「パパがこわい」というのですが、これは自分が繰り返しその場の感情に任せて怒り続けてきた結果だと思っています。そして、なにか言うと怒られるのではないかと萎縮して、思っていることを素直に話せなくなってきたのを感じています。私の言動を反面教師にして、怒らないようにしましょう。

イライラしない5歳の男の子の育て方

言い返さず子どもの気持ちを受けとめる

5歳児反抗期は、一方的に「イヤ」という言葉でしか表現できなかった2歳時とは違い、自分の考えを相手に伝えるという双方向のコミュニケーションが取れるようになったという成長の証です。


とはいえ、そこは5歳の男の子。感情にまかせて乱暴な言葉づかいになったり、うまく言葉で表現できず、叩いたり、ぐずったりするのは致し方ありません。感情的な言葉に、大人が感情的な言葉で返してしまっては、問題の解決につながらないばかりか、萎縮して素直に言葉で表現できない子どもになってしまうかもしれません。


まず子どもの気持ちを受けとめ、落ち着いてから注意すると子どもは聞いてくれるものです。反抗心を包み込むように受けとめることで共感する心が芽生えるのです。
27 件

ライター紹介

渡辺 直樹

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC