就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの夏には帽子が必要!選び方やタイプ別に種類をご紹介

赤ちゃんの夏には帽子が必要!選び方やタイプ別に種類をご紹介

種類豊富な帽子をタイプ別にご紹介

あご紐付きの帽子のおすすめ

赤ちゃんは好奇心旺盛で、あっちを見たりこっちを見たりとよく動きます。首を動かしているうちに、帽子がずれたり脱げたりすることも多いようです。

また、突然強い風が吹いてきて、帽子が飛んでいってしまうことも考えられます。さらに、手が自由に動かせるようになった赤ちゃんは、帽子を被るのが嫌で自分で脱いでしまうことだってあります。

紫外線から赤ちゃんを守るための帽子も、簡単に脱げてしまうと役割を果たさなくなってしまいます。こんなことにならないためにも、あご紐付きの帽子を選んであげることをおすすめします。

あご紐付きの帽子を選ぶときには、紐の長さが調節できるものを選んであげましょう。あご紐が短いと赤ちゃんの首元がきつくなって帽子を被るのを嫌がるからです。

UVカットがついた優れもの

赤ちゃんの帽子を選ぶときにチェックしてほしいことの一つに、UVカット加工がされているかどうかという点です。

夏は紫外線が強く、少しのお出かけでも直射日光を浴びて日焼けや熱中症、脱水症状になってしまうこともあります。

実は、帽子を被るだけでは紫外線対策は十分ではありません。夏の強い紫外線から赤ちゃんを守るには、UVカット加工がされた帽子を選ぶ必要があります。

UVカット加工された帽子には、繊維に紫外線を反射する微粒子を織り込んであるタイプのものと、生地自体に紫外線吸収剤を浸透させてあるタイプのものなどがあります。

とてもデリケートな赤ちゃんのお肌を夏の強い紫外線から守るためには、UV対策をしっかりとしてあげましょう。

見た目がかわいい麦わら帽子

夏に被る帽子といえば、麦わら帽子が定番です。麦わら帽子は空気をよく通すので、熱がこもりにくいというメリットがあります。

また、つばが広くて日差しから身を守ってくれる麦わら帽子が多く、軽い素材なので長い時間被っていても疲れにくい良さがあります。見た目が涼しげなのもいいですね。

UVカットの加工がされた麦わら帽子はあまりみかけませんが、実は麦わら帽子の素材自体にUVカットの効果があるといわれています。

通気性やUVカット効果の高い麦わら帽子には、見た目がかわいいものも数多くあります。クマや犬などの動物のかわいい麦わら帽子やカラフルでかわいいお花がついた麦わら帽子が人気です。

見た目がかわいい麦わら帽子は、おしゃれキッズになれるアイテムです。

被るのを嫌がるときはどうすればよいのか

まず赤ちゃんが嫌がる理由は何だろうか

赤ちゃんが帽子を嫌がる一つ目の理由は、帽子慣れをしていないからです。今まで帽子を被ったことのない赤ちゃんにとっては、帽子を急に被せられても嫌がることが多いでしょう。

赤ちゃんが帽子を嫌がる二つ目の理由は、帽子の素材にあります。ゴワゴワした感じやチクチクした感覚は嫌がることが多いようです。帽子を選ぶときには、買う前に帽子を被せてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんが帽子を嫌がる三つ目の理由は、視界が狭まるからです。帽子のデザインによっては赤ちゃんの視界が狭くなって嫌がることも多いようです。

赤ちゃんが帽子を嫌がる四つ目の理由は、帽子のサイズが合っていないからです。サイズが合っていないと頭が締め付けられたり、緩くて不快な気持ちになったりします。

大人も一緒に被ってみよう!

赤ちゃんが帽子を被るのを嫌がったときには、パパやママも一緒に帽子を被ってみてください。パパやママが帽子を被ることで、赤ちゃんもつられて帽子を被ってくれることはよくあります。

パパやママが帽子を被るときに「帽子をポン!」とか「クルクルクルクル、クルリンパッ!」などの言葉を添えて被ってあげると、赤ちゃんにも帽子を被る楽しさが伝わります。

ママとお揃いの帽子で「ママと一緒のかわいい帽子だね」と言葉をかけながら帽子を被せてあげる方法もあります。

赤ちゃんは、パパやママの真似をすることが大好きです。お出かけのときには、楽しい言葉をたくさんかけるだけではなく、一緒に被って鏡を見せたり写真を撮ったりしてもよいでしょう。

ムキにならず赤ちゃんのタイミングを待とう

赤ちゃんが帽子をなかなか被らないからといって、無理やり被せてしまうと帽子を被るのが大嫌いになってしまいます。そんなときには、焦ってはいけません。赤ちゃんのタイミングを待ってあげましょう。

パパやママがいろいろな方法を試してみても、赤ちゃんがどうしても帽子を被るのを嫌がることだってよくあることです。帽子を被せたいのに被ってくれないと、ついイライラしてしまいますが、そんなパパやママの気持ちは赤ちゃんにも伝わってしまいます。

帽子を被せてあげたいのにどうしても被らないときには、代わりの方法を用意しておくことをおすすめします。ママの日傘で上から日陰をつくってあげたり、赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってあげたりするのもよいでしょう。

まとめ

夏の強い日差しの中でお出かけをすると、暑さや紫外線がとても心配になります。そんな夏の暑さ対策に効果的なグッズが帽子です。

パパやママとしては、デリケートな赤ちゃんのお肌を夏の紫外線から守るために帽子を選びたくても、どのような帽子を選んだらよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、そんなパパやママのために赤ちゃんの帽子選びのポイントや帽子を被るのを嫌がる赤ちゃんへの対処法などをご紹介してきました。この記事を参考に、素敵な帽子を選んで夏の外出を楽しんでください。
40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND