就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

親子教室の内容はどんなもの?種類や実際の活動について紹介

親子教室の内容はどんなもの?種類や実際の活動について紹介

子どもが生まれると、同年代の子ども同士の交流をさせたくなったり、ママ友の知り合いが欲しくなったりするママもいるでしょう。そんなときには、習いごとやサークル、親子教室などが思い浮かびますね。しかし、親子教室がどんなことをするのか分からないママもいるでしょう。そこで、気になる活動内容をご紹介します。

親子教室には主に三つの種類がある

親子のつながりを意識した教室

親子教室と通常の習いごととの違いは、習いごとが子どもと先生というスタイルなのに対し、親子教室は複数の子どもたちとママたち、そして先生がいる形態となっていることでしょう。早いところでは1歳から入会できるところもありますよ。

小さい子どもはママと離れることを嫌がったり、泣いたりすることも多いですが、ママと一緒に遊んだり、運動したりすることで比較的泣くことも少なく活動することができます。また、ママと一緒に同じことをすることで親子の絆が深まりますよ。

同じ内容でも、子どもだけでするよりママと一緒というのは子どもにとっても心強いことでしょう。また、お友だちとなにかトラブルがあってもママがそばにいることで注意したり、謝ることを教えたりもできますね。

学習を意識した親子教室

親子教室にも色々あります。手遊びや歌、リトミックが中心の教室、英語や数・文字などのお勉強もする教室、運動中心の教室などですね。

最近、人気があるのは英語を組み合わせた親子教室です。小学校から英語の授業が必須となった影響もあるのでしょう。少しでも早く英語に親しむ環境に慣れてほしい、という親心ですね。

先生も日本人の先生やネイティブの先生など、教室により異なります。外国人の先生だと泣き出す子もいますので、ママの考えや子どもの様子などで決めましょう。

また、変わったところでは遊びだけでなくクッキングや水遊び、遠足やハイキングなど、総合的な学習も取り入れているところもあります。ママがどんなことを学習させたいかで選んでみるとよいですね。

発達が気になる子と親のための教室

ママのなかには、ほかの子より言葉が遅かったり、極端な人見知りだったりすることで悩んでいる人もいるかもしれませんね。その場合、「普通の子どもたちがいる教室ではついていけないのでは?」と心配になることもあるでしょう。

少しの言葉の遅れや人見知りは、普通の教室でもママがいればなんとかなる場合が多いです。そして、年齢を重ねることで改善していくこともありますよ。

しかし、どうしても心配なら自治体に相談する方法があります。自治体によっては、1歳健診などで発達の遅れがあることが分かったら、対象の子どもたちに親子教室を案内してくれることがあります。また、紹介されなくても、ママから問い合わせると教えてくることもありますよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

親子教室の具体的な活動内容について

体操や親子でふれあう遊び

親子教室での活動内容には、親子での手遊びやふれあい遊び、楽器を取り入れた遊び、体のみの体操、マットや滑り台、トンネルなども使った運動、音楽を取り入れたリズム体操などさまざまなものがあります。内容は、親子教室によってかなりの違いがありますよ。

しかし、このなかでも定番なのは手遊びや体を使ったふれあい遊びでしょう。この遊びは、ママと子どもがしっかりふれあえるのがよいところですね。

また、教室がある場所により活動の幅は大きく違ってきます。公民館の一室などを利用している場合は、室内遊びがメインとなりますが、幼稚園や保育園などが主催する親子教室では、夏は水遊び、秋はミニ運動会、室内で工作やクッキング、遠足など多岐に渡る行事が行われていますよ。

クリスマス会など季節のイベント

親子教室では、季節に合わせた行事が行われることが多いです。春や秋にはお弁当を持ってきて遠足ごっこをしたり、秋にはミニ運動会、冬にはクリスマス会、毎月のお誕生日会などを開催したりして子どもの興味をかき立てています。

その月にお誕生日を迎えるお友だちを毎月祝うことで、「もうすぐ、◯◯の番だね」などと心待ちにできますよね。また、遠足ごっこはシートの上でお友だちとお弁当を食べるという子どもにとっては新しい体験となるでしょう。

そして、定番はクリスマス会ですね。クリスマス会ではクリスマスの歌を歌ったり、サンタクロースが登場したり、劇などの出し物があったりもするでしょう。なかには、クリスマスケーキを食べるところもありますよ。

ママが嬉しい育児相談タイムも!

育児中には、悩みが出てくることがありますよね。とくに第一子の場合、すべてが初体験のため、どうすればよいか迷ったり、心配したりの連続ではないでしょうか。

そんなとき、気軽に相談できる場所があるとママとしても助かりますね。毎週や隔週、子どもやママに接してくれている先生ならその子のことも見てくれているので、どんな感じか、どんなところを悩んでいるか説明しやすいのではないでしょうか。

育児相談タイムは、すべての親子教室にあるわけではありません。習いごと系の親子教室なら個別面談形式で行っているところもありますし、相談タイムがなくても教室終わりに相談できるところもありますよ。

育児相談が必要と考えるママなら、それがある教室を探すようにしましょう。

親子教室に通いたいと思ったら行動しよう

どんな目的で通いたいかを明確にする

親子教室は、その教室により特色が違うものです。どんなにママ友の評判がよくても、目的と合致しないところを選ぶと通うのも苦痛になってしまいますね。

人見知りを直すために行くのに、お勉強メインでは目的に合いませんよね。逆に英会話も一緒に習わせたいと思っているのにそのプログラムがほとんどない場合も後悔するかもしれません。大きな目的はなく、同年代の子どもとお友だちにさせたいと考えるなら、教室の雰囲気や先生との相性を大事にすることをおすすめします。

また、教室の先生にも色々な経歴の方がいます。幼稚園教諭や保育士の経験者、音大卒でリトミックなどを専門的に教えてくれる方、英語のスキル持っている方などです。

気になる教室には、問い合わせしてみましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事