就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児でも通えるスイミングスクール!期待できる効果と不安の解消法

2歳児でも通えるスイミングスクール!期待できる効果と不安の解消法

最近は、幼少期からできる習い事も増えていますね。ママやまわりの人と少しずつ会話ができるようになる2歳の誕生日を機に習い事を検討してはいかがでしょうか。なかでも、スイミングスクールは人気があり、2歳児でも通えますよ。不安なことがあるかもしれませんが、期待できる効果もありますのでご紹介しますね。

子どもにとってスイミングがよい理由

全身のバランスと基礎体力の向上

2歳の子どもがどんな習い事をしているかを聞いてみると、スイミングに通っているという声をよく耳にします。子どもにとってスイミングがよいとも聞きますが、その理由を見てみましょう。

まず、スイミングは体の左右を均等に動かす全身運動です。この全身運動をすることで、バランスよく全身の筋力が高まり、よい姿勢が身につきますよ。

また、水の中では胸に水圧がかかるので、呼吸器が鍛えれ、心肺機能が向上するという効果があるそうです。冷たい水が子どもの皮膚の強さや免疫力を高め、体が丈夫になるとされていますよ。

実際にスイミングに通いだしてから、体力がついて幼稚園や保育園を欠席することが少なくなったという声もあり、よい効果が期待できますね。

精神力や集中力を高められる

スイミングに通う子どもが、最初から上手に泳ぐことができるわけではありませんよね。2歳児だと、水が苦手な子もいるかもしれません。

スイミングでは、コーチの話を聞いたり、泳ぎ方などを教わったりしながら、何度も泳ぐ練習を繰り返します。初めはできなくても、できるまで何度も練習を繰り返すことで「やればできる」「諦めずにやる」というような精神力や忍耐力が身につきますよ。

また水中では、自分の力で泳がなければ前に進むどころか沈んでしまいます。2歳児だと本格的に泳ぐというよりは、コーチの助けを借りながら、浮いたり前に進んだりすることに集中するでしょう。

初めは短い距離でも、徐々に距離が長くなり、自然に集中力が高まりますよ。

いざというときに水から身を守れる

日本には、海や川など自然と触れ合うことができる場所がたくさんありますよね。家族や友人たちと、子どもを連れて海や川などへレジャーに出かけることもあるでしょう。

水がある場所はもちろん楽しい時間を過ごすことができますが、特に、子どもにとっては危険な場所でもあります。あまり考えたくはないかもしれませんが、水難事故にあう可能性も考えられます。

水難事故にあったケースを見ても、もし泳ぎ方を知っていれば助かったかもしれないという事例は多いそうです。泳ぎ方を知らなくても、水に浮く姿勢をとるだけで、助かる可能性は高くなるといわれています。

2歳からスイミングに通うことで、いざというときに水から身を守ることができるようになりたいですね。

スイミングに必要な物と便利グッズ

おむつの代わりになる水遊びパンツ

スイミングに必要な物は、水着や帽子、バスタオルなどが基本です。スイミングスクール指定の用品で揃える場合があるので確認してくださいね。

2歳児だと、トイレトレーニングの真っ最中という場合や、プールの中ではおむつがないと不安というママがいるでしょう。おむつの代わりになる水遊びパンツの着用は、スイミングスクールによって違うので、事前に確認しましょう。

水遊びパンツは大きく分けて、使い捨てのおむつタイプと、繰り返し使えるパンツタイプがありますよ。おむつタイプは、水分を吸収してもおむつが膨らまない構造になっていて、レジャーなどの際に便利です。

パンツタイプはおむつ機能つきの水着です。洗濯して繰り返して使えるので、家計にも優しいですよ。

水着やタオルはママの分も忘れずに

スイミングスクールによって違いはありますが、2歳児の場合、ママと一緒にプールに入るベビースイミングが多いようです。スイミングの用意は、子どもの分はもちろんですが、ママの分も忘れないようにしましょう。

プールでは、子どもを抱っこしながらママも体を動かすことが多いので、ママの水着は動きやすいフィットネス用がよいですよ。また、レッスン後、ママの着替えに時間がかかると、子どもがぐずるかもしれないので、着脱のしやすさは大切です。

バスタオルやフェイスタオルは、子どもとママの二人分を用意しましょう。プール後は体が冷えやすいので、子どもの着替え中にママが肩にかけたり、濡れた髪をまとめたりするなど、タオルがあると何かと便利ですよ。

ぐずり対策にはお菓子があると便利

プールに入ると、子どもや大人に関係なく体力を消耗しますよね。子どもは、普段の公園や室内遊びとは違う、プールという空間の中ではしゃいだり、もしくは不安な気持ちから泣いてしまったりして、さらに体力を使うかもしれません。

ママが体力を消耗して、お腹が減ったり、眠たくなったりしても、少々のことなら我慢ができるでしょう。しかし、2歳児だとそうもいきませんね。

プールに入った後の子どもは、とてもお腹が減ります。お腹が減ったのに食べるものがないと、ぐずる原因になりかねません。

スイミングへは、簡単に口にできるお菓子や、水分を用意しておくと便利です。レッスンの終了時間がお昼前の場合、小さめのおにぎりを用意するママもいるようですよ。

2歳児のスイミングでの不安を解消しよう

2歳で母子分離クラスでも大丈夫?

スイミングスクールによって違いがありますが、だいたい2歳半くらいからが母子分離クラスでのレッスンになるようですよ。2歳児で母子分離ができるの?と不安なママがいるかもしれませんね。

母子分離には個人差があり「ママと一緒じゃないとプールに入らない」と頑なに嫌がる子どもがいるかと思えば「ママ、バイバイ」と手を振って、あっさりプールへ向かう子どもなど、同じ2歳児でもさまざまです。

スイミングのコーチの話では、初めは泣く子どもが多いそうです。しかし、コーチや同い年くらいのほかの子どもとレッスンを重ねるうちに楽しいと感じ、泣きやむ子どもがほとんどのようですよ。

もし子どもが泣いている場合は、しばらく様子を見守ってみましょう。

抵抗力が未熟だから感染症にかかりやすい?

2歳児は大人とくらべると、まだまだ感染症への抵抗力は未熟といえます。しかし、抵抗力が未熟だからスイミングで感染症にかかりやすいというわけではないようです。

基本的に、スイミングのレッスンを受ける子どもは、健康であることが前提です。プールに入ると、冷たい水で体温が奪われて体力を消耗するので、少なからず抵抗力が落ちます。

もし、体調不良のままプールに入ると、体調不良とプールによって抵抗力が落ちたところで、感染症にかかってしまうと考えられます。少しでも子どもの体調が不安な場合は、スイミングをお休みしましょう。

また、プール前に消毒槽にしっかりつかることや、プール後にシャワーや手洗い、洗眼をすることも感染症の予防につながりますよ。

子どもが行くのを嫌がるときは?

子どもがスイミングを楽しんでくれるとよいですが、行くのを嫌がるとママは困ったり、イライラしたりするでしょう。まだ2歳児だと、そのときの気分で嫌だといったり、嫌だという理由をうまく伝えることができなかったりします。

スイミングに通うのは子どもなので、まずは子どもが嫌がる理由を答えがでるまで質問しましょう。もしママが拍子抜けするような理由でも、受けとめることが大切です。

子どもが行きたくなるように、すぐに達成できそうな目標を決めてもよいでしょう。やればできるという気持ちは、継続する力につながります。

また、レッスンが始まる前に、子どもが嫌がった様子をコーチに伝えましょう。そうすることで、子どもやママの不安が緩和されるとよいですね。

まとめ

スイミングに通うには、たくさんのメリットがあります。2歳児の場合は、上手に泳ぐことよりも体力の向上や、精神的な成長のサポートになります。

ベビースイミングでは、子どもとママのコミュニケーションやスキンシップの時間になったり、母子分離クラスでは、初めてママと離れてコーチやほかの子どもと過ごしたりと、よい刺激になるでしょう。

2歳児は、まだ気持ちのコントロールが難しかったり、抵抗力の問題から感染症の心配があったりします。子どもがスイミングを楽むことができるように長い目で見守りたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018