就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児も安心な無添加のお菓子!デイリー用と手土産用を上手に選ぼう

幼児も安心な無添加のお菓子!デイリー用と手土産用を上手に選ぼう

添加物を使っているお菓子に抵抗のあるママも多いですよね。健康志向が高まり、現在では無添加のお菓子の人気も高まってきています。今回は、子どもに人気のお菓子やママ友宅へ持っていくおすすめの手土産をご紹介します。無添加のお菓子を選ぶときの参考にしてくださいね。

幼児も安心な市販の無添加お菓子の選び方

原材料が少ないものを選ぼう

市販のお菓子にはさまざまな添加物が入っていますよね。子どもの食べるお菓子はできるだけ安心・安全なものを選びたいものです。しかし、選ぶたびに裏面の表示を確認するのは大変ですよね。無添加のお菓子を選ぶポイントはいくつかあります。

一つ目は、原材料が少ないものを選ぶことです。作ったことのあるお菓子なら、だいたい何で作ることができるかわかりますよね。添加物の種類を知らなくても、自分が作るときに使わないものが使用されていたら、添加物の可能性が高いでしょう。

原材料名が10種以上も表記されている場合は、添加物が多く使用されていることが多いです。5~6種類程度と、原材料がシンプルに表記されているものを選ぶようにしましょうね。

和菓子や昔ながらのお菓子を選ぼう

二つ目は、和菓子を選ぶことです。見比べてみるとよくわかりますが、和菓子より洋菓子の方が添加物が多く含まれている傾向にあります。

特にコンビニのスイーツは、「ふわふわ」「しっとり」「もっちり」などのワードが商品名に入っていることが多いですよね。商品名だけでも美味しそうで、食べたくなってしまいますが、これらのお菓子には注意が必要です。これらの食感を作るためには、それだけ多くの添加物を使用することになります。

聞いたことのないような新しい洋菓子を選ぶよりは、昔ながらの和菓子の方が子どもの安全にはよいといえるでしょう。しかし、すべての和菓子が無添加というわけではありません。和菓子にも添加物を多く含んでいる場合があるので、注意しましょうね。

商品ラベルではなく原材料表示を確認しよう

三つ目は、商品ラベルではなく原材料表示を確認することです。「合成着色料不使用」「保存料不使用」など、このような言葉が商品ラベルに記載されていることがありますよね。

このように書いてあると、食品添加物が使われていないように感じますが、あくまでその添加物が使われていないというだけで、まったくの無添加というわけではありません。その添加物の役割を補うために、ほかの添加物が多く使用されている場合もあります。

このような言葉が書いてあるだけで、安心してしまいますが、選ぶときにはきちんと原材料表示を見て確認する癖をつけましょうね。また、豆腐を作る際に使われる「にがり」も添加物の一つです。必要な添加物もあるので、見分けられるようになるとよいですね。

美味しくて安い無添加の市販のお菓子

幼児が好きな味「きなこ棒」

無添加のお菓子にも安くて美味しいものはたくさんあります。「きなこ棒」は幼児の好きな味で、人気商品ですよね。これは棒状の飴にきなこがまぶしてある、駄菓子屋でお馴染みのお菓子です。

原材料は、きなこ、水あめ、砂糖の三つだけとシンプルです。無添加なので、子どものおやつにも安心して買ってあげることができますよね。スーパーやコンビニでも購入することができ、価格も10~20円とお手ごろ価格なのがうれしいですね。

「株式会社やおきん」「西島製菓」「鈴ノ屋」などから販売されています。株式会社やおきんのきなこ棒はパッケージに可愛いすずめが描かれています。西島製菓、鈴ノ屋から販売されているものはくじ付きで、遊び心もありますよ。

栄養満点「アーモンドフィッシュ」

保育園のおやつでお馴染みの「アーモンドフィッシュ」も人気ですよ。カタクチイワシと細かく切ったアーモンドを水あめで混ぜてできています。

原材料は販売されているメーカーよって一部異なりますが、アーモンド、カタクチイワシ、水あめ、しょうゆ、みりん、ごまなどから作られています。

小魚は骨ごと食べられるので、カルシウムやタンパク質、マグネシウム、ミネラルが多く含まれ、アーモンドはビタミン豊富なことから、栄養満点です。おやつで栄養をしっかり摂取できるのはうれしいですよね。

家庭でも手作りしやすいおやつなので、調味料の量を調節してお好みの味のアーモンドフィッシュを作るのもよいですね。そのまま食べるのに飽きたときは、アレンジしてみてください。

昔懐かしい昭和の味「ポン菓子」

昔懐かしい「ポン菓子」は、おじいちゃん・おばあちゃん、パパ・ママと世代を超えて愛されていますよね。健康志向が高まっている現代では、再び人気を集めている注目のお菓子になります。

一般的なポン菓子の原材料は、米、砂糖、水あめ、食塩です。しかし最近ではしょうゆで味付けされたものや砂糖の代わりに黒糖、米の代わりに玄米や黒豆が使用されたものなど、さまざまな種類のものが販売されています。

大人も子どもも一度食べ始めると止まらないおいしさですよね。子どもはぽろぽろこぼしながらほおばっているところもよく見かけますね。手にくっついて食べ終わるころにはベタベタになんてこともあるので、ウエットティッシュがあると安心です。

ママ友宅への手土産にも使える無添加お菓子

芳醇な香り「ショートブレッドフィンガー」

ママ友のお家におよばれしたときに持っていく手土産に悩んだ経験はありませんか?おしゃれなお菓子を選びたいけど、添加物はなるべく避けたいというママにおすすめのお菓子をご紹介します。

「ショートブレッドフィンガー」は、イギリス・スコットランドの伝統的なお菓子です。砂糖とバターがたっぷり使用されており、どっしりほろほろ食感のクッキーです。スーパーでは取り扱いが少なく、インターネットや輸入食品店などで購入することができます。

原材料は、小麦粉、砂糖、バター、塩です。家庭で作る一般的なクッキーに使用する材料と同じなので、安心して食べられますね。プレーン味以外にもチョコチップやシナモン味などもあるので、お気に入りのフレーバーを探すのも楽しそうです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事