就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

旅行先でもチャイルドシートは必要!レンタルできる場所と注意点

旅行先でもチャイルドシートは必要!レンタルできる場所と注意点

小さな子どもが車に乗るとき、子どもの身を守るチャイルドシートはかかせません。でも、家族でマイカーを使って旅行する場合はもちろんですが、それ以外の車の場合もチャイルドシートは必ず着用なの?と思う人も多いのではないでしょうか。意外と知らない、チャイルドシートの必要性や注意点についてご紹介します。

旅行のときチャイルドシートはどうする?

6歳未満の子の乗車時は義務化されている

子どもが嫌がるチャイルドシートを使うのが苦手…なんて思うママもいるのではないでしょうか。でも車に子どもが乗るときは、子どもの安全を第一に考えるならチャイルドシートは必ず着用しましょう。

2000年4月1日の道路交通法改正によって6歳未満の子どもは、車に乗るときチャイルドシートの着用が義務づけられました。車に6歳未満の子どもが乗りチャイルドシートをしていなかったら、ドライバーは罰金や反則金はありませんが、交通違反の「幼児用補助装置使用義務違反」で1点加点にもなるので注意しましょう。

生まれたばかりの新生児も6歳未満の子どもに含まれているので、ママやパパは子どもの大きさに合わせたチャイルドシートを用意してあげるとよいですよ。

自宅の車以外に乗車するときも必要になる

6歳未満の子どもが車に乗るとき、チャイルドシートが必要になりますが、自宅以外の車に乗車するときも必要なの?と疑問に思うかもしれません。チャイルドシートの使用義務として、6歳未満の子どもが友だちの車や親戚、知人の車に乗るときも、チャイルドシートが必要になります。

ただし、道路交通法の政令で定めているやむを得ない理由があるときにだけは、チャイルドシートが使用免除になりますよ。

車の構造上でチャイルドシートが座席に固定できないときや、怪我などの療養上、肥満など身体的理由、授乳や子どもの世話、バスやタクシー、緊急搬送するときなど政令で定めている場合には、チャイルドシートの着用が免除になるので覚えておくとよいかもしれません。

タクシーやバスの利用は免除になる

タクシーやバスに乗るとき、幼児はチャイルドシートの着用が免除になります。道路交通法施行令第二十六条では、一般旅客自動車運送事業(タクシー、ハイヤー事業)に幼児が同乗する際のチャイルドシートの着用義務についてが記載されています。

一般旅客自動車運送事業とは、貸切バス、タクシー、路線バスなどを指しています。公共機関でもあるバスやタクシーでは、チャイルドシートを利用しなければならない子どもをいつどれだけ乗せるか分かりません。前もって子どもの人数分チャイルドシートを準備できないため免除になります。

子どもはタクシーやバスに乗るときのチャイルドシートは免除されますが、バスやタクシーの乗車の際には子どもの安全を考え慎重に乗ることを心がけましょう。

旅行先でのチャイルドシートはレンタルで!

レンタカーを利用する際は一緒に借りよう

レンタカーに乗るときは、チャイルドシートの着用が必要です。車を借りるからといって、チャイルドシート着用免除にはならないので注意しましょう。

レンタカーを利用するときは、チャイルドシートのレンタルも一緒にしましょう。レンタカー会社でも、チャイルドシートのレンタルもしています。

レンタカー会社に事前に申し出すれば、レンタカーに合わせたチャイルドシートの貸し出しもあるので、安心して乗ることができますよ。利用するレンタカー会社でもチャイルドシートのレンタル料金は違ってくるので、事前に確認しておくと便利です。

楽しい旅行をするためにも、子どもの年齢、体に合わせたチャイルドシートを準備して、子どもの安全を忘れないようにしましょう。

交通安全協会で貸し出しをしている

このように、6歳未満の子どもの乗車時にはチャイルドシートの着用は必須ですが、普段車を利用しないからチャイルドシートの購入をためらってしまう…そんな家庭もあるのではないでしょうか。

子どもの体の成長とともにチャイルドシートのサイズも替えていかなくてはいけないため、出費もかさみます。そんなときは、交通安全協会でチャイルドシートをレンタルしてみましょう。

道路交通の安全を目的とし全国にある交通安全協会は免許更新のときに、加入している人も多いはずです。各都道府県の交通安全協会によっても違いますが、チャイルドシートのレンタルをしているか確認して利用するのもおすすめです。

無料で借りられる場合もあるので問合せしてみましょう。

チャイルドシートのレンタル業者は?

チャイルドシートのレンタルは、いろいろなところで行われています。チャイルドシートの購入に迷っていたらチャイルドシートのレンタルを活用してみるのもおすすめですよ。

チャイルドシートのレンタル業者は数多くあります。様々なメーカーのレンタルができる「ダスキンレントオールかしてネッと」、海外のチャイルドシートも豊富な「Babyrenta(ベビレンタ)」、チャイルドシートのオプション品も借りられる「Nice Baby(ナイスベビー)」、レンタル価格表示が分かりやすい「べびーあいらんど」などがあります。

レンタル期間、料金、チャイルドシートの種類、受け渡し、送料、レンタル後の買取など、自分たちの用途に合わせてレンタル業者を選ぶとよいですよ。

旅行先でレンタルするときの注意点

配送の日数と金額を確かめよう

旅行先で車をレンタルするときは、事前に子どもが乗ると分かっていれば、旅行先で車のレンタルときにチャイルドシートを使うことを連絡しておきましょう。事前にチャイルドシートをレンタルする場合は、チャイルドシートの配送の日数や金額を確認しておきます。

配送日数や金額を事前に把握しておかないと、旅行先で使うのに間に合わないことも出てきてしまいます。旅行先でのレンタルも、使いたいチャイルドシートが店頭にないこともあるので、事前に連絡をしてチャイルドシートの大きさや金額を確認しておくと、ママやパパも旅行先で子どもと一緒に車に安心して乗ることができますよ。

レンタル日数や金額は、レンタル会社によって異なるので確認が必要です。

子どもの年齢と体格に合ったものを選ぶ

子どもを車に乗せるときは、子どもの体格に合わせてチャイルドシートを選びましょう。新生児や赤ちゃんを乗せるときと、幼児期になった子どもを乗せるチャイルドシートは大きさも形も違ってきます。いくらチャイルドシートを用意しても、子どもが座れなくては困ってしまいます。

一口にチャイルドシートといっても、新生児から1歳半ぐらいまではベビーシート、9カ月から4歳頃まではチャイルドシート、3歳、4歳頃から使えるジュニアシートなどがあります。子どもの体格に合わせてチャイルドシートを選びましょう。

子どもの安全を守るチャイルドシートは、子どもの体格に合っていないと危険です。ママやパパが適切なチャイルドシートを選んであげましょう。

車に取り付け可能かどうか確認する

チャイルドシートの種類によっては、自宅の車に取り付けてきないタイプのチャイルドシートもあります。チャイルドシートの購入をするときには、車に取り付け可能かどうか確認して購入やレンタルをしましょう。

チャイルドシートの取り付け方法は、ISOFIXタイプとシートベルトを使って車にチャイルドシートを取り付ける方法があります。ISOFIX(アイソフィックス)対応車両に取り付けられるタイプのチャイルドシートは、ISOFIX対応車両で車種リストと適合すればチャイルドシートのコネクターを差し込み車に簡単に取り付けられますが、適合していないと取り付けができません。

購入するときに、取扱説明書を必ず確認してチャイルドシートを選びましょう。

まとめ

旅行中でも子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートを正しく着用しましょう。子どもの年齢や体格に合わせてチャイルドシートを選べば、交通事故などの危険からも子どもを守ることができます。

チャイルドシートを正しく着用することが子どもの身を守ることにつながります。チャイルドシートは、子どもの成長とともに替える必要があります。子どもの成長に注意し、体に合うものを選ぶことをおすすめします。

チャイルドシートの値段は安くもないので、購入するだけではなくレンタルも視野に入れて考えるとよいかもしれませんね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018