就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ては工夫で楽しくなる!共働きママが実践する家事と間取りの工夫

子育ては工夫で楽しくなる!共働きママが実践する家事と間取りの工夫

模様替えをする時は家事動線を優先する

お部屋の模様替えは家事動線を意識すると、無駄な時間を軽減できます。たとえばダイニングテーブルを置く位置を、キッチンから料理を手渡しできる最も近い位置に移動すると配膳の作業が効率化します。リビングで食事をする習慣があるなら、ダイニングに変更してみるのも1つの工夫ですね。

また同じように洗濯では、洗濯機の位置と、物干しスペース、クローゼットの位置をなるべく短い距離でつなぐような模様替えができるとよいでしょう。洗濯機と物干しスペースの位置はなかなか変えられないかもしれませんが、物干しがベランダの場合、ベランダ直通の部屋のクローゼットを利用するのがおすすめです。

洗濯物を取り込んですぐ畳めない場合でも、そのまま吊るせるのでシワになりません。

子育てママが実践する間取りの工夫とは?

住宅購入を予定しているなら間取りの工夫もしたいですね。

「収納が足りなくて部屋が常に散らかる」なんて話をよく聞きますが、ベビーカー、ボールなど外遊びのおもちゃなど、室内に入れたくない物を収納するのに玄関収納を設けるなど工夫できるとよいでしょう。

また、リビングにいることが多い子どもに「片付けなさい!」と毎度言わなくてもよいように、ちらかしてもOKのスペースをあらかじめリビング横に設けるという方もいます。

キッチンは子どもを見守りながら料理できる対面キッチンが人気ですし、「洗濯物を干す、たたむ、しまう」を一気にできる洗濯室を設ける家庭も増えています。

家選び、家造りの際には意識してみるとよいのではないでしょうか。

まとめ

育児中の生活には工夫できることがたくさんあるようです。その中でも、今回は共働き家庭の仕事と家事育児の両立のための工夫、そして家事の工夫、間取りの工夫を中心にご紹介しました。

家庭は家族みんなで運営していくものなので、まずは夫婦で、どんな困りごとがあるのか、その中で協力し合えるポイントはどこか、話し合うことから始めてみてはいかがでしょうか。

一緒に考えて試してみた工夫が効果を出すと、毎日が少し楽しいものになるかもしれません。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事