就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの習い事にバイオリン。メリットや教室選びのポイントを紹介

子どもの習い事にバイオリン。メリットや教室選びのポイントを紹介

「子どもにバイオリンを習わせたい」と思ったときにでてくる様々な疑問。そんなママの疑問にお答えします。バイオリンを始める時期やかかる費用、教室を選ぶポイントのほかにも、バイオリンを習うことで脳が発達するなどのメリットがあるようなので、ご紹介します。

バイオリンを始める時期や費用は?

2歳~3歳から始められる

バイオリンは子どもの身長に合わせて徐々に大きくなっていきます。1番小さなバイオリンは身長105cm以下の子どもが使うことができるサイズになっており、2歳くらいからバイオリンを持つことは可能です。

しかし、実際にこの年齢から始められるかというと、難しいかもしれません。実際にバイオリンを始める年齢はママが子どもの様子を見て決めてあげましょう。

特にバイオリンのレッスンに通わせたい場合、レッスンは通常30分です。幼児は30分間ずっと集中することは難しく、このような幼児の特性を理解し、幼児と楽しくレッスンを進められるノウハウを持った教室でないと難しいでしょう。

個人差はありますが、4歳半くらいになると落ち着いてレッスンに参加できるようになるようです。

費用はいくらくらいかかるの?

先程もお話ししましたが、子どもの身長や腕の長さによって使用するバイオリンのサイズが決まります。一番小さいバイオリン(身長105cm以下)から大人(身長145cm以上)が使用するサイズ に到達するまで、全部で7本のバイオリンを買い換えなければいけません。

バイオリン1本の値段は1万円くらいから1億円のものまであります。成長期の子ども時代はあまり良いバイオリンを購入せず、フルサイズのバイオリンを使えるようになってから高品質なバイオリンに買い換える人が多いようです。

バイオリンのレッスン費用の相場は月4回で7,000〜12,000円くらいです。そのほかに、定期的に弓を張替える必要があり、張替え費用の相場は5,000円程度です。

楽器の選び方のポイント

バイオリンは、子どもの身長や腕の長さに合ったものを購入することがポイントです。

成長が早い時期はあっという間に大きくなってしまうので、ちょっと大きめのバイオリンを買っておこうかな、と考えるのはあまりよくありません。なぜなら、サイズの合わないバイオリンで練習しても技術を習得することが難しく、子どものやる気を失わせてしまう可能性があるからです。

バイオリンはピンからキリまで様々な価格帯のものが売られています。安価な物は耐久性や音色があまりよくないという欠点があるようです。

バイオリンを購入するときは楽器店に足を運び、実際に価格による音色の違いを確かめたり、耐久性についてなどを店員さんに聞いたりして、自分が納得したものを買いましょう。

バイオリンで得られる効果やメリット

脳の発達に非常によいとされている

バイオリンは脳の発達によいといわれていますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

バイオリンを演奏するときには、楽譜を読み、指や腕を動かしてバイオリンを弾く、自分が出した音を耳で確認する、などの動作を瞬時に行う必要があります。この一連の動作はワーキングメモリー(作業記憶)と呼ばれる機能を発達させることができるようです。

ワーキングメモリーは会話や、計算、自分で考えて行動するなど日常生活には欠かせない能力で、この能力を鍛えることで、頭のよい子が育つともいわれています。

バイオリンの演奏は右脳と左脳を交互に使うことで、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分を活性化し、鍛えることができるようです。

音楽全般の知識が身に着く

バイオリンに限らず、楽器を習うことで音楽全般の知識や音感を身につけることができます。まず、楽器を弾くためには、楽譜を読めるようにならなくてはいけません。音の表記のルールなどを、楽器の上達とともに無理なく覚えていくことができるでしょう。

バイオリンは様々な楽器の中でも、音感を身につけ「よい耳を育てる」のにとても適した楽器です。バイオリンはピアノのように、指定された場所を押せば正しい音が出るのではなく、左手で正確な位置を押さえないと、正しい音を出すことができません。正しい音が出ているのかは、自分の耳で確かめる必要があるので、優れた音感を身につけることができるでしょう。

音楽全般の知識や音感がつけば、将来作曲なども楽しめるかもしれませんね。

精神的に成長することができる

バイオリンは正確な音を出すまで時間がかかる楽器です。子どもは「一生懸命やっているのうまくいかない」という葛藤を経験することも。しかし、根気強く続けることで得られる達成感は子どもに自信を与えることでしょう。

できなかったら放り出してしまっても許される幼稚園や家庭内では、このような経験をすることはなかなか難しいかもしれません。忍耐力や根気強く続ける能力は、学習面だけではなく、円滑な人間関係を築くことにもプラスに働きかけることでしょう。また、練習やレッスンを通して、子どもは集中力を徐々に身につけるはずです。

また、レッスンで先生とのやり取りの中で、分からない点を自分なりに整理して質問するなど、コミュニケーションを高めることができるでしょう。

バイオリン教室の選び方のポイント

先生と相性があうかどうか

バイオリンの教室を選ぶとき、先生の人柄は重要なポイントです。子どもをレッスンに通わせるのなら、数々の賞を受賞したことがある先生や、有名なバイオリニストがいいと考えるママもいるかもしれません。しかし、そのようなバイオリンを弾くことが上手な先生が、子どもに教えることも得意だとはかぎりません。

また、子どもによってその先生との相性の良い悪いもあることと思います。厳しくされて伸びる子どもなのか、優しく接してもらうことで安心してレッスンに通うことができる子なのかなど、子どもの性格を踏まえて先生を選ぶとよいでしょう。

先生と子どもの相性を見るためにも、まずは体験レッスンに申し込んだり教室の見学をしてみたりすることをおすすめします。

レッスンは個人かグループか

個人レッスンとグループレッスン、それぞれのメリット、デメリットをみてみましょう。

個人レッスンは、その子に合ったペースで、他の生徒の音に邪魔されることなく、レッスンが受けられます。しかし、個人レッスンは月謝や入会金なども高い教室が多いようです。

グループレッスンは、他の子をみて競争心をかきたてられて、よく練習するようになる子もいるようです。また、友達ができるので、レッスンに通うことがより楽しくなるでしょう。しかし、グループレッスンでは決められた予定通りにスケジュールが組まれていることもあり、その子が弾けるようになっていなくても次に進んでしまったり、人数が多いので、先生がその子の間違いを直すことができなかったりすることがあります。

個人教室か大手教室かも大事

個人教室か大手教室かも教室を選ぶときに重要なポイントになってきます。

個人教室は、予定が合わない場合の振替レッスンなど、臨機応変に対応してもらえる可能性が高いです。また、個人でやっているので余計な経費がかからず、先生によってはレッスン料がとても安いことがあります。しかし、先生の体調不良や引っ越しなどで、突然教室が終了されることもあるでしょう。

大手教室は、在籍している先生も多く、もし今の先生と合わなければ違う先生のレッスンを受けることも可能です。また、大手の教室は便利な立地にあることがほとんどなので、ママが送り迎えをする場合、待っている場所に困らないでしょう。大手教室では多くの生徒を抱えているため、多少ビジネスライクな面があるようです。

まとめ

子どもにバイオリンを習わせる前の疑問を少しでも解消することができたでしょうか。

バイオリンはハードルが高いイメージがありますが、イメージだけで決めてつけてしまうのはもったいないと思います。体験レッスンなどに参加して楽しそうにしていたら、とりあえず始めてみるのもよいかもしれませんね。また、教室を選ぶときは、子どもの性格に合わせて先生やレッスンの形態を選びましょう。

バイオリンを習うことで達成感や、期待できる脳の発達、豊かな感受性を得ることができるでしょう。子どもの人生がより豊かになるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018