就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

サッカーは子どもを成長させる?サッカーを習うメリットやデメリット

サッカーは子どもを成長させる?サッカーを習うメリットやデメリット

幼児期に始めやすい習い事の一つとして人気のサッカー。男の子のスポーツだと思われがちでしたが、近年の女子サッカー日本代表の活躍により女の子がサッカーを始めることも増えてきました。今回はサッカーを始める際に必要な物や教室ではどんなことをするのか、またサッカーを習うメリットやデメリットについて紹介します。

サッカーを始める前に知っておくべきこと

サッカー教室ってどんなことをするの?

最先端のトレーニングメニューでプロを目指すなど、内容は目的とスクールによって異なりますので、ここでは一般的な幼児向けサッカー教室について紹介します。

幼児向けのサッカー教室は基本的には子どもに「楽しい」と思ってもらえることを意識したメニューが組まれています。例えば、サッカーはルール上では手で触ることは禁止行為ですが、あえてボールを手で扱うメニューや、鬼ごっこなどが組まれていることもあります。

サッカーは走る、跳ぶ、蹴る、などの動作をボールに組み合わせた全身運動です。もちろんボールを足で使う練習もしますが、このように基礎体力作りの一環として、ボールを使わずに子どもが楽しめる遊びによせた内容が組まれていることもめずらしくありません。

サッカーはどこで習うことができるのか

サッカースクールには大きく分けて3つの種類があります。通う目的によって選び方が変わります。

【サッカー教室】
月謝を支払って定期的に指導を受ける、習い事としての「サッカースクール」です。スキルの習得を目的とし、サッカーの技術を向上させたいという子ども向けです。年齢別コースやレベル別クラスなど、子どもに合わせて習うことができます。

【スポーツ少年団】
月謝が比較的安く、ほとんどが学校単位で構成されており、指導者の多くがアマチュア、ボランティアのケースが多いです。小学生はチームメイトが同じ学校のクラスメイトであることも多いです。

【クラブチーム】
もっとも本格的な指導が期待できます。子どもにプロを目指してもらいたい場合は検討してみましょう。

サッカーを始める前に準備するもの

遊ぶだけであればボール一つでも十分ですが、教室に通う際にボール以外の必要最低限の準備するものを紹介します。

【トレーニングシューズ】
一般的な運動靴では滑りやすく、壊れやすいのでトレーニングシューズが必要。スパイクも使用しますが幼児期には足に負担がかかります。

【すね当て、レガース、シンガード】
呼び名が様々ですが同じものです。故意ではなくても相手のすねを蹴ってしまうことも多いので怪我の防止のために必要です。

【練習着(シャツ、短パン、サッカーソックス)】
チームにもよりますが幼児ならTシャツなど動きやすい服装でも大丈夫です。サッカーソックスは普通の靴下よりも生地が少し厚めで膝下までの皮膚を守ってくれますので重要です。

サッカーを習うメリットやデメリットとは

体力がついて、運動好きになる

サッカーを習うメリットの一つとして、体力がつくことがあげられます。サッカーのイメージは華麗な技術や得点シーンに目が行きがちですが、サッカーは広いコートを走り回る体力の必要なスポーツです。

ゴールを守る「ゴールキーパー」やポジションによって違いはありますが、プロサッカー選手は90分間以上を走り回ります。もちろん、幼児はもっと短い時間で30分程度ですが子どもにとっては長い時間です。

運動が苦手な子どもも、「足が速くなった」「長く走れるようになった」など子ども自身が成長を感じると、運動にも自信が持てるようになり自然と運動が好きになってきます。また、苦手を克服できると子どももいろいろなことにチャレンジする勇気や自信がつくと考えられます。

協調性を養い、瞬時の判断力が鍛えられる

サッカーは個人では行うことができない11人で行うチームプレーのスポーツです。チームメイトとの協力が不可欠であり、戦術に基づいたコミュニケーション能力も重要な要素です。仲間との連帯感や連携プレーなどをサッカーで行うことによって、自然と協調性が身につき、人との意思疎通がスムーズに行えるようになります。結果コミュニケーション能力が向上します。

また、サッカーが上達していくうえで、とっさの判断によるパスやドリブルなどのボールさばきや、瞬時に行動に移る判断力が鍛えられます。瞬時の判断力はサッカー以外のスポーツでも求められることも多く、後の社会生活や車の運転などの日常生活でも必要な大変重要な能力となります。

子どものサポートが親への負担になる

サッカーにかかわらず子どもが習い事をすると親もサポートが大変だとよくいわれますよね。親の負担について理解した上でサッカーを始めることも重要だと思いますので、考えられる負担について紹介します。

練習、試合会場への付き添いが必要です。親の付き添いの必要のないチームもありますが、子どもが小さければ練習に付き添う必要があります。付き添う必要もなく子どもが自分で移動できる年齢であっても練習場所、試合を行う場所が一定でないチームの場合は送迎が必要になります。

また、試合は土日が多いので休日も付き添いが必要なのは負担になりえます。また、負担になるかは人それぞれですが親同士の付き合いも広がり、付き合いに悩んでしまうことも考えられます。

子どもがサッカーを楽しむためにできること

家庭でもできる!サッカーを親子で楽しむ

子どもにサッカーを楽しんでもらうには、親子でサッカーの楽しさや難しさを共有できる環境をできる限り作ってあげることが大切です。

サッカーの練習はボールさえあればそれほど広くない場所でもできます。もちろん自宅でも基礎的な練習は行うことが可能です。例えば、小さなスペースで足を使ってボールタッチを繰り返すだけでも様々な足さばきができるようになります。また、リフティングは自宅でできる定番の練習です。はじめは数回しかできなかったことが徐々に数が増えてきて上達具合がわかります。

できることなら試合や練習も極力観てあげて、休みの日には親子で公園などで一緒に練習して親子二人三脚で取り組むことができるといいですね。

教室もチームも様々。まずは体験から

前述のとおり、一口にサッカースクールといっても、スクールによって特徴や長所は様々です。どんなレッスンかはスクールそれぞれ違ってきますので、目的に合った指導を受けるためには、それぞれの違いをしっかりと知っておく必要があります。もちろん費用面でも大きな違いがあるので、それぞれのポイントは押さえて事前に確認しておきましょう。

子どもは楽しいことを「またやりたい」と思うものです。長く続けてもらうには子どもがサッカーを楽しみ、子どものレベルに合わせた環境を親が用意してあげることも大切です。もっとも確実なのは体験教室があるサッカースクールも多いので、まずは気軽に参加して教室の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

子どものやる気を育ててあげるのも親の役目

子どものサッカーの上達はやる気次第で大きく変わってきます。ですが子どものやる気は親の言動次第で大きく変化します。「もっと頑張りなさい、ほかの子はもっとできている」など、ついつい言ってしまいがちなこのような言葉は、子どものやる気や自信を削いでしまいます。

上手にできた場合は「凄いね!」何かに失敗しても、「よく頑張ったね!次はできるよ!」など前向きに結果だけでなく過程までを、愛情を込めてたくさん褒めてあげましょう。遊びでも勉強でもほかのスポーツでも同じです。

小さなことから大きなことまでの様々な成功体験が子どもにとってのやる気につながります。子どものやる気をあげるのに必要な私たち親の言動を今日から見直していきたいですね。

まとめ

サッカーをすることは体力・精神どちらにも大きなメリットがあり、子どもの成長や自立にも繋がります。子どもにサッカーを始めてほしいと思ったら、まずは親が通う目的やメリットとデメリットをしっかり理解して始められるとよいかと思います。また、長くサッカーを続けて上達するためには親のサポートも不可欠です。体験教室があるサッカースクールも多いので、まずは気軽に参加して教室の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

山﨑 康寛

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018