就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの歯の治療は、家族で通いやすい歯医者さん選びがポイント

子どもの歯の治療は、家族で通いやすい歯医者さん選びがポイント

子どもが通う歯医者さんを選ぶ時に重視するポイントは何でしょうか。家からの距離や混雑具合などもありますが、やはり、子どもが嫌がらずに通える要素が多い歯科医院を選ぶのがおすすめです。今回は、子どもが「痛い」や「怖い」などのイメージを持たずに通える歯医者さんの選び方について取り上げました。

子どもとママが安心できることを重視しよう

今回は、宮城県仙台市にある「ゆうデンタル北仙台クリニック」に、ママが安心して子どもと一緒に通うことができる歯医者さんの治療や設備について取材をしました。

子ども向け設備の充実さは大切な要素

ママが子どもを連れて歯医者さんを訪れる目的は、子どもの検診・治療の場合とママの検診・治療の場合の2つのパターンがあると思います。どちらの場合も待合スペースにキッズスペースがあるのは、歯医者さんを選ぶうえでとても重要な要素と言えます。ママが治療を受ける場合は、ベビーベッドやおむつ交換場所、授乳室の有無も気にしておきたいポイントです。

ママと一緒に治療をできるとより安心

子どもは、マスクをした歯科医さんや歯科衛生士さんに囲まれて怖い印象を覚えてしまうと、次に行くのを怖がってしまうことも。そんなおそれがあるなら、ママと一緒に治療をできるスペースがある歯医者さんを選ぶのがおすすめです。

取材をした「ゆうデンタル北仙台クリニック」の場合、前述のママが治療を受ける場合の設備はもちろん、子どもと一緒の空間で治療をうけられるファミリールームが予約制で用意されています。ママと子どもが一緒の空間に居られ、チャイルドコーナーやベビーベットも併設されていて、子どもがママと一緒に安心して治療を受けることができます。

歯医者さんの治療の方針も要チェック

虫歯になる前から歯医者さんに行こう

「ゆうデンタル北仙台クリニック」の高橋院長によると、虫歯がないうちから歯医者さんに慣れるために受診をしてちょっと遊びに行くくらいの印象をつけてあげるのが良いそうです。お口を開ける練習と虫歯チェックとクリーニングで初回から治療をせず、歯医者さんが楽しいところだというイメージをつけてくれる歯医者さんがおすすめです。ママが、がんばった子どもをたくさん褒めてあげるのも大切ですよ。

子どもが嫌がらないように痛くない治療を

乳歯は虫歯になりやすいものですし、虫歯が気になっても行きたくない気持ちが強くて悪化させてしまう子どもも多いでしょう。もし、歯を削ったり、抜かないといけなくなってしまった状態になってしまっても、小児治療をしている歯医者さんではなるべく痛くないように治療をしてくれます。

予防を重視し、「極力歯を削らない・抜かない・経過を観る」ようにして、なるべく痛くない治療を目指すという「ゆうデンタル北仙台クリニック」では、まず歯ぐきの表面への麻酔薬の塗布で注射のチクリとした痛みを弱め、できるだけ細い針を使ってゆっくり麻酔液を注入する電動注射器を使用するそうです。

ただし、なによりも虫歯にならないことが痛い思いをしなくて済む方法です。痛くなってからの歯医者さんではなく、予防を重視して、通いやすい歯医者さんで定期健診を受けて早期発見と予防をするのが大切です。

歯並びを気軽に相談できる雰囲気も大切

歯並びについても子どもの歯に対してママが頭を悩ませる要素のひとつです。歯並びが悪いと、大人になってからの見た目だけでなく、発音や咀嚼にも悪い影響が出てしまいます。小児矯正は適切な時期に始められるように、定期検診やクリーニングの際などに、気軽に相談に乗ってもらいましょう。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事