就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイト、出産内祝いだけでなくお歳暮や入学祝いにも人気の最新カタログ情報をお伝えします。

そもそも「内祝い」って何?

親戚付き合いにお返しは必須

「内祝い」とは、身内に結婚や出産といったおめでたいことがあった時に「喜びのおすそわけをする」という意味の贈りもののこと。

近年では、お祝いをいただいた方に感謝の気持ちを込めて返礼するという意味で使われることが一般的で「出産内祝い」だけでなく、結婚や新築、快気、入学などのシーンでも行われます。
「出産内祝い」は、赤ちゃんの誕生を祝ってくださった方々に、赤ちゃんの名前をお披露目する大切な機会。親戚付き合いにお祝い返しは必須だからこそ、感謝の気持ちを込めて準備をしたいものですね。

ギフトを贈るタイミングは2ヶ月以内!

お祝いを受け取ったら、まずは電話か手紙ですぐにお礼の気持を伝えましょう。

「内祝い」はその後、ゆっくりでもかまいません。赤ちゃんの誕生1ヶ月以内に贈るのがベストですが、もし遅くなってしまっても、ひとこと添えれば2ヶ月以内でも大丈夫。

内祝いはもらったお祝いの半額がベスト

「出産内祝い」は赤ちゃんの名前で贈るのがポイント。

のし紙は、紅白の蝶結びにして、表書きはのし上に「内祝い」、のし下には赤ちゃんの名前だけを書くようにします。この時、名前によみがなをふっておくと、相手の方に赤ちゃんの名前を覚えてもらいやすくなります。

相場は「半返し」といわれ、いただいたお祝いの半額の金額を目安にするといいですよ。例えば2万円の祝いをいただいたら、約1万円のギフトを贈るようにしましょう。親族から想定以上のお祝いをいただいた場合は3分の1でも大丈夫。子どもの誕生日に成長の報告をするなどして、感謝の気持ちを伝えましょう。

忙しいママにぴったり「ギフトブック」

もらって嬉しいが満載「Haresaki」

「出産後はバタバタして内祝いを買いに行けない」「デパートが遠くて、気に入った内祝いが選べない」「親族や友人に何を贈っていいか迷ってしまう」というママにおすすめしたいのが、インターネットで手軽に贈り物をオーダーできる”ギフトブック”!
今回おすすめする「Haresaki」は、もらって嬉しいと思えるものだけを集めたギフトブック。「アンリ・シャルパンティエ」「メゾン・ショーダン」「アフタヌーンティー」といった人気のスイーツから北欧のインテリア雑貨、各国グルメなど、多彩なラインアップが素敵で、他にはないセレクションとセンスの良さで人気なんです。

贈り物のマナーもデジタルブックからチェックできる上、ネットからのギフトを注文すると、ラッピングはもちろん、のしの書き方といったお返しのマナー面も任せられるから安心。

【ハレサキ電子BOOK】http://ebook-catalog.jp/18108/81/
ちなみに「Haresaki」とは、「ハレの日」の、先のこと。贈る相手の方の笑顔が浮かんでくる。そんな喜びが味わえる一冊は、ぜひ手元に持っておきたいですね。

出産だけでなく、新築、入学などの内祝いにも使えて便利。お洒落な友人や親戚の方々にもきっと喜んでもらえるはず!
49 件

ライター紹介

中川瀬奈

ピックアップ記事

関連記事