就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

水中出産と自然分娩の違いを知ろう!行う際のメリットとデメリット

水中出産と自然分娩の違いを知ろう!行う際のメリットとデメリット

近ごろ、産院でもバースプランを聞かれることが増え、さまざまな出産方法を選ぶことができる時代になりましたね。そんな中、注目を集めているのが水中出産ですが、実際に水中出産を行っている例が少ないのが現状です。そこで今回は、水中出産のメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。

水中出産とはどのような分娩方法なの?

水中出産は水の中で分娩を行う

海外では定番の水中出産。近ごろは日本でも注目されているのをご存知ですか。水中出産とは、1~2人用のバスタブやプールに入り、水の中で自然(経腟)分娩を行うことをいいます。

バスタブやプールに入っているお湯は、体温に近い36〜37℃に設定されていて、羊水と同じ塩分濃度になるよう自然塩を入れて調節しています。陣痛の間隔に合わせて水中に入るタイミングを決め、水中に入った後は一般的な自然分娩と同じ流れで出産を行います。

水中出産は水温で身体が温められることにより、こわばった筋肉がリラックスして、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。赤ちゃんがスムーズに出てこられると、母子ともに身体への負担が少なくなるので安心ですね。

水中出産するには条件がある

水中出産は、妊婦健診で受けるさまざまな検査で問題がなく、正産期に入っていることが基本的な条件となります。しかし、このほかにも制限があり、双子などの多胎児や逆子の場合は、ハイリスク出産となるため、水中出産を行うことができません。

また妊婦健診で、妊娠高血圧症候群の診断を受けた場合や心臓病などの持病がある場合など、医師が出産をするにあたって危険な状態と判断した場合は、水中出産を行うことは難しいでしょう。

水中出産は、水中で身体を動かすたびに水圧がかかり、想像以上に体力を消耗します。通常の分娩よりも体力が必要なため、日ごろから運動を行っている方や、体力に自信のある方に適している出産方法ではないでしょうか。

自宅でもできる水中出産の方法

出産方法には「自宅出産」という選択肢がありますが、日本ではまだ自宅で水中出産を行う方が少ないのが現実です。そんな中、自宅の浴室や大人が入れる大きめのプールで、助産師や家族の介助を受けながら出産している方がいます。

水中出産の流れとして、陣痛が始まったら、まずは助産師に連絡をして指示を仰ぐとよいでしょう。そして浴室かプールに体温と同じくらいの温度のお湯をはり、羊水と同じ塩分濃度になるよう塩を入れて準備をします。

陣痛の間隔が短くなり、痛みが強くなったら水中に入り、陣痛の波に合わせていきみます。水中出産は水中に入ること以外は自然分娩と同じ流れで行われるため、自宅でも安心して出産することができるでしょう。

水中出産を行うメリットはあるの?

リラックスすることで陣痛を和らげる

出産直前は陣痛の痛みや出産に対する緊張から、どうしても身体に力が入ってしまいますよね。身体に力が入っていると、ゆっくり呼吸をしたり体勢を整えたりすることができず、陣痛をより強く感じる場合があります。

そんなとき、体温に近いぬるめのお湯に入ると、身体と心がリラックスして無駄な力を抜くことができるでしょう。身体のリラックスには筋肉の緊張をほぐす効果があり、陣痛を緩和するのに最適です。

また、ママがリラックスすると産道の筋肉が緩み、赤ちゃんが通りやすくなる効果があります。すると赤ちゃんもママも身体への負担が減り、スムーズな出産となるでしょう。

出産直前はリラックスをして、陣痛の痛みを少しでも軽減できるとよいですね。

浮力によって母子ともに身体の負担が和らぐ

陣痛が続くと頻繁に身体の体勢を変えて、痛みを回避する方が多いですが、大きなお腹で体勢を変えるのは意外と体力を消耗し、それだけで疲れてしまうことがあります。その点水中では、浮力によって身体を楽に動かすことができるので、自分に合った体勢を見つけやすくなるでしょう。

水中で体勢を変えたり身体を動かしたりすることは、陣痛の緩和だけでなく、出産の進行を促す効果があります。そのため、長時間の出産にならないよう、水中で積極的に動くよう指導されることもあるようです。

また赤ちゃんはママのお腹の中にいる間、羊水の中で育っているため、産道を通って浮力のある水中にでることは、赤ちゃんにとっても負担が少なくてよいのではないでしょうか。

緊張が和らぐことで出産しやすくなる

陣痛が始まると、痛みや不安で緊張してしまうという方も多いでしょう。ママが緊張すると、身体に力が入って筋肉が固くなり、出産の進行が遅くなることが予想されます。

また産道の筋肉が固いと、赤ちゃんが通りづらいだけでなく、締めつけられた産道を通ることで、赤ちゃんが傷つくおそれがあります。そのため、ママは力を抜いて、できるだけ赤ちゃんがストレスを感じないような環境づくりができるとよいでしょう。

水中出産は温かいお湯に入ることで、入浴したときと同じようなリラックス効果が得られます。水中で緊張による固まった筋肉をほぐして、早く赤ちゃんを迎えることができるよう、ママは力を抜いてリラックスすることが大切ですね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版