就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

100均で作る抱っこ紐収納ベルト!お出かけが楽になる便利アイテム

100均で作る抱っこ紐収納ベルト!お出かけが楽になる便利アイテム

抱っこ紐は子育てママの必需品ですよね。抱っこ紐自体はとても便利なのですが、使っていない時はかさばってしまいます。そんな時に役立つのが、抱っこ紐をコンパクトにまとめておくことのできる「抱っこ紐収納ベルト」です。100均アイテムで作れる抱っこ紐収納ベルトの作り方をご紹介します。

抱っこ紐収納ベルト作ってみよう!

くしゅくしゅ抱っこ紐収納ベルト

さっそく抱っこ紐収納ベルトの作り方をご紹介します。材料はすべて100均で揃いますよ。生地はお好みの布を使用したり、バックルの色もいろいろ販売されています。自分の使用している抱っこ紐と合わせてコーディネートしてみてくださいね。

今回の寸法で作成するとサイズは約35〜55cmになります。(縮まった状態が35cm/伸ばした状態が55cm)抱っこ紐のメーカーによってサイズ感はそこまで変わりません。心配な場合は自分の使っている抱っこ紐をたたんで、サイズを測ってから作ってみてくださいね。たたみ方は作り方手順の後にご紹介してますのでご覧ください。

【準備するもの】
・ゴム・・・幅3cm×40cm(抱っこ紐をたたんだ時の周囲−5cmくらいが目安)
・布・・・幅8cm(ゴム幅の倍+2cm)×約1m(ゴムの倍くらいの長さ目安)
・バックル

1.布を裏返してミシンなどで縫っていく

2.縫いあがったら生地を裏返す

3.紐通しを使って、ゴムを通す(紐通しがない場合はヘアピンで代用可能)

4.生地の端を三つ折りにして、バックルを縫う

5.強度を増すため、2箇所縫う

6.もう片方も同様に縫う

これで「くしゅくしゅ抱っこ紐収納ベルト」の完成です。

リボンを作ってヘアゴム抱っこ紐収納ベルト

次に布リボンと100均ヘアゴムを使ったボンの抱っこ紐収納ベルトを作ります。ヘアゴムを使用するとゴム通しをする必要がないので、さらに簡単に作れますよ。

こちらではリボンもハンドメイドしていますが、それも面倒であれば100均で販売されている飾り付きヘアゴムを代用しても良いですね。

今回は2組作成して、抱っこ紐の両側を留めれるようにしました。ヘアゴム自体が短めなので、2
組作成すると安心して抱っこ紐を留めることができますよ。

【準備するもの】
・布リボン・・・40cm×2本
・ヘアゴム・・・2本

1.布リボンを輪にするように縫う

2.輪になったら、半分に折る

3.ヘアゴムを半分に折った生地に通す

4.バランスよくなるように布リボンを結ぶ

5.形を整える

これで「リボンのヘアゴム抱っこ紐収納ベルト」の完成です。

抱っこ紐を使用しなくなったら、髪の毛を結ぶヘアゴムとして使用することができます。黒などのシンプルなヘアゴムに付け替えて、ママのヘアゴムとして使うのも良いですね。

とくに付け替えをしないのであれば、リボン部分を縫い留めてほどけないようにしてしまうのもよいですよ。

使用しない時は腰ベルトに付けておくと、アクセントになって可愛いです。

49 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版