就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦だけど飲み会に誘われた!上手な断り方やお酒の席の付き合い方

妊婦だけど飲み会に誘われた!上手な断り方やお酒の席の付き合い方

会社の飲み会や結婚式など妊婦さんでも飲み会の席に誘われることがあり、参加するかどうか迷うことがありますよね。特にまだ妊娠を公表していない時期の会社の飲み会は多くの妊婦さんが悩みます。今回は妊婦さんが飲み会で考えられる影響や、妊娠を公表していない場合も含め上手な飲み会の断り方などをご紹介します。

妊娠中でも誘われるお酒の席のお付き合い

働く妊婦は歓送迎会などの機会も多い

会社で働いていると歓送迎会などの飲み会が多いですよね。飲み会は、社員同士の親睦を深めて仕事を円滑に進めるために必要だという考え方があります。

働いている妊婦さんは飲み会でお酒を飲めないです。けれども親睦を深めるために飲み会に参加する場合もあれば、体調などでお断りする場合もありますよね。

妊婦さん自身が産休に入るので会社の方々が送別会をしてくれるケースもあります。送別会でみんなと楽しく交流してよい思い出を作るか、お気持ちだけありがたくいただいてお断りするかは、担当医と妊婦さんの考えによります。

体調が不安定、家が遠くて夜遅くなるのが心配など不安なことがあれば、医師に相談するなどして判断し、無理して参加する必要はないかもしれませんね。

親族や友人の結婚式に参列することも

親族や大切な友人の結婚式には、妊娠中でも参加したいですよね。けれども妊娠期間中はさまざまのトラブルがあり、「安定期」と呼ばれる妊娠中期でも体調には個人差がありますよね。

参列するときは、医師と相談して無理のない範囲にしましょうね。臨月では破水などのトラブルが起こりやすいので、基本的には欠席した方がよいかもしれません。

式場が遠いときには家族や友人などと一緒に行った方が安心ですよ。靴は転びにくく歩きやすいものにして、冷えやすい服装は避け腹巻をするなどしてお腹を守ることをおすすめします。

食事の席でも生ものやコーヒー紅茶を摂り過ぎないように注意しましょう。新郎新婦に妊娠中だと伝えておくと、アルコールを避けるなどの配慮をしてもらえますよ。

上の子の幼稚園やママ友との親睦会

上の子の幼稚園やママ友との親睦会はランチ会が多いですが、中には夕方から飲み会をすることもあります。飲み会に参加する場合は、前倒しで子どもをお風呂に入れたり食事を用意したりすることがあり、体調が不安定な妊娠中には負担が大きいかもしれません。

気の合ったママ友たちと息抜きをしたいときは、体に負担をかけない範囲で参加してもよいかもしれません。けれども幼稚園の親睦会は友だちとの飲み会とは違い、本音が言えなかったりほかのママの子どもを必要以上に褒めたりして気を使い、楽しいとはいえない場合もあります。

妊娠中でなくても楽しめない飲み会に毎回参加する必要はありません。妊娠中であればなおさら、体に負担をかけてまで行く必要はないのではないでしょうか。

飲み会で考えられる妊婦への悪影響は?

「乾杯だけ」と誘われて断りにくい場合も

妊娠していることを周りに知られていればアルコールを勧められませんが、妊娠を知られていない妊娠初期には「乾杯だけでも」と誘われることもありますよね。しかしそこで飲んでしまうと、お腹の赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」になる可能性があります。

「胎児性アルコール症候群」は、まぶたが黒目までしか開かないなどの容貌の特徴、知的障害などの中枢神経系の異常、発育不全などの症状があります。ただし、この症状があっても「胎児性アルコール症候群」とは限らず専門家の診断が必要です。

この疾患を発症するアルコール摂取量は分かっておらず、少量でも引き起こすケースがあるといわれます。断りにくい場合もありますが、お腹の赤ちゃんのことを考えて飲まないようにしましょうね。

喫煙席の居酒屋はタバコの煙も不安

妊娠中の喫煙は流産や早産、低出生体重、乳幼児突然死症候群などのさまざまなリスクの可能性があります。これらのリスクは喫煙だけが原因とはいえませんが、妊婦さんはタバコを吸わずに赤ちゃんを守りますよね。

けれども、居酒屋さんなどお酒を飲む席は喫煙席であることもあり、禁煙席でも副流煙が流れてくる場合もあります。妊婦さんの受動喫煙による影響ははっきりとわかっていないことがありますが、赤ちゃんの出生体重の減少や早産、流産などのリスクがあるという声もあります。

お腹の赤ちゃんによくない可能性がある場所や状況は避けたいですし、妊娠中はタバコの臭いで気分が悪くなることもあります。妊娠の有無に関わらず副流煙は体によくありませんので、極力避けるようにしましょう。

急な体調変化やつわりが悪化する可能性も

妊娠中は妊娠前の体とは異なり、自由に動けなくなったり急に体調が悪くなったりする場合もありますよね。たとえば、急に立ち上がったときの立ちくらみやめまいです。

飲み会の席で、ふと立ち上がり立ちくらみがして倒れると危険ですよね。ほかの人たちにも心配をかけてしまいます。

食べ物やアルコールなどの匂いで、つわりが悪化して吐き気がすることもあります。吐き気を我慢しながら飲み会に参加するのは苦痛ですし、その後、満員電車で帰るのに耐えられないかもしれません。

過度のストレスはつわりを悪化させるといわれ、体調の悪さで不安や心配になるとそのストレスでよけいにつわりがひどくなるケースもあります。ストレスを感じる要素がある飲み会は極力避けたいですね。

妊娠中に飲み会に誘われたらどうする?

妊娠公表前なら別の理由で断ろう

妊娠を伝えるのが時期尚早な場合は別の理由で断りましょう。嘘は心苦しいですが、赤ちゃんを守るためといえます。

・【この後、だんなを車で迎えに行く予定がある】車の運転が必要な地域であれば使える理由ですね。

・【この前飲み過ぎで失敗し、だんなに禁酒しろと言われた】だんなさんや親など、大切なだれかに禁酒を言い渡されたと言えば、しつこく勧められないかもしれません。

・【健康診断の数値が高くて医者に止められている】相手に心配されることがありますが、お酒を勧める人はまずいないでしょう。

・【薬を飲んでいる】「頭痛で薬を飲んだ」でもよいですが、「歯医者の鎮痛剤を飲んだ」といえば体調を心配されにくく、「薬の服用中はアルコールを禁止された」と断りやすいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC