就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 “こども古本店”さんに聞いた読み聞かせにぴったりの絵本【vol.3】

“こども古本店”さんに聞いた読み聞かせにぴったりの絵本【vol.3】

絵本に関わるいろんな人に聞いた、子ども、大人におすすめの絵本を年齢別に紹介します。前回に引き続き、移動絵本店として絵本を販売する傍ら、イベントにて読み聞かせライブも行っている"こども古本店"の中島さんに絵本を選んでいただきました。冬、クリスマスの本などがいっぱい。

年齢から見る読み聞かせのポイント

0〜2歳の子には「親と一緒」がポイント

0〜2歳くらいの子どもがいる場合、パパやママは、絵本を「教育」や「勉強」の一つと思わず、子どもと一緒に絵本を楽しむ気持ちが大切です。

というのも、まだお話を理解できない小さい子どもにとって「絵本」は、読み物ではなく「モノ」としての認識しかありません。例えば、絵本を読む時に、パパやママが楽しそうに、幸せそうに読んでくれると「絵本」=「楽しいモノ」と思ってもらうことができます。そうなってしまえばしめたもの!大きくなると自分から進んで絵本を楽しむ子になってくれますよ。

今回も赤ちゃんから、大人まで楽しめるいろんな絵本を紹介します。12月ということでクリスマスの絵本も!ぜひおうちでゆっくり楽しんでみてくださいね。

0〜2歳におすすめの絵本

クリスマスのかくれんぼ

作:いしかわこうじ
出版社:ポプラ社
【内容】
大人気の「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
【中島さんのおすすめポイント】
「みどりいろのどーなつみたい。なにかな?」型抜きとなっているページを開いてみると、「どあにかざろう りーすでした」など、クリスマスのいろんなものをあてっこして楽しむ、かたぬき絵本。まだまだ小さい子どもに、楽しくあてっこしながらクリスマスのことを伝えられますよ。

いち・にい・サンタ!

作:ひらぎみつえ
出版社:ほるぷ出版
【内容】しかけを動かすと、サンタさんが手を上げ下げ、お尻をふったり、からだをぶらぶらさせたり。最後は豪快にジャンプ!ユーモラスなサンタの動きが楽しい、赤ちゃんが喜ぶ仕掛け絵本。
【中島さんのおすすめポイント】「さあ みんな!サンタたいそう はじめるぞい!」サンタと一緒におしりを振ったり、ジャンプをしたり、とにかく楽しい「うごく絵本」。一生懸命サンタさんとおなじポーズをとる赤ちゃんをみると、んもう、可愛くてぎゅっとしたくなりますよ!

3〜4歳におすすめの絵本

アンパンマンのサンタクロース

作・絵:やなせたかし
出版社:フレーベル館
【内容】
傷ついたクマのサンタさんのかわりに大活躍のアンパンマン。クリスマスの夜を舞台にくりひろげられるアンパンマンの愛と正義の冒険物語。
【中島さんのおすすめポイント】
クリスマスに読み聞かせをすると、不思議なくらいにこども達がこの絵本に夢中になります。アンパンマンはいつでも、こども達のヒーロー!この人気には誰もかないません。この絵本では、クリスマスの夜にアンパンマンがサンタクロースになって活躍します。とっても夢のある展開に、大人もこどももわくわく!

できるかな?あたまからつまさきまで

作:エリック・カール
訳:工藤直子
出版社:偕成社
【内容】
ペンギン、きりん、さる、わに。絵本の中の動物たちの動きに合わせて、一緒に体を動かしてみよう!楽しいまねっこ遊びの絵本です。
【中島さんのおすすめポイント】
寒い季節。こどもの元気が有り余ってるけど、なかなかお外で遊べないですよね。そんな時、この絵本はいかがでしょう?「ぼくはペンギン あたまをぐるっとまわせるぞ きみはできるかな?きみはできるかな?」絵本にでてくるいろんな動物たちの動きを、子ども達がまねっこ!お部屋の中で楽しく体を温められますよ。
52 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事