就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児のほとんどが一重なのはなぜ?二重へ変わる可能性と一重の魅力

新生児のほとんどが一重なのはなぜ?二重へ変わる可能性と一重の魅力

生まれたばかりの赤ちゃんはパパとママ、どっちに似ているか気になりますね。パパとママがぱっちり二重だと赤ちゃんにも期待が集まりますが、生まれた赤ちゃんは一重ということがよくあります。このままでもいいけれど、いつか二重になることもあるのでしょうか。赤ちゃんのまぶたの秘密について迫ってみました。

新生児のほとんどが一重になっている理由

皮下脂肪でまぶたが埋もれているから

赤ちゃんが生まれるとまずは健康であるか、そしてどんな顔つきか気になるものです。目元は顔つきを決める大きな要素ですが、日本人の赤ちゃんのほとんどは一重で生まれてくるそうです。

パパやママがぱっちりとした二重であっても赤ちゃんが一重で生まれてくることは珍しくなく、ママとしてはどうしてなのか疑問に思いますね。

遺伝が大きく影響するまぶたの形ですが、新生児期は皮下脂肪が多く、一重の遺伝子、二重の遺伝子にかかわらずまぶたが埋もれているため一重に見えることがあります。ぽっちゃりしている赤ちゃんにはよくあることですので、成長とともに変わっていく可能性はあります。

新生児期はとくに顔つきが大きく変わる時期ですので、日々の変化を楽しみましょう。

寝てばかりで顔のむくみがとれないから

大人でも水分を多くとった翌日や眠った後にまぶたが腫れぼったいと感じることがあると思います。これはむくみによる現象で、身体の水分がたまりやすい体質や生活の人に多く現れます。

赤ちゃんはお腹にいるときは水分たっぷりの羊水の中で過ごし、生まれてからも寝て過ごすことが多いので、なかなかむくみが取れない状態だと思ってみてください。

水分は上から下に流れますが、まだ立って動くことができない赤ちゃんは一日中寝てばかりなのでむくみが顔に出やすいのです。少し活動できるようになると、むくみもすっきり取れますのでそれまでしばらく待ってみましょう。

むくみによるまぶたの厚みがすっきり解消して、目元がぱっちしてくるはずです。

日本人の約7割は一重!両親からの遺伝

日本人の約7割が一重だと聞くと「そんなに多いの?」とびっくりしてしまいそうですが、まぶたが厚い日本人は二重の割合が少ないそうです。しかし、モデルや芸能人には二重の人が多く、目にする機会も多いので一重がマイノリティであるイメージもあります。

そして、残念なことですが二重=美しいという既成概念が生まれているのも事実です。両親からの遺伝で決まるまぶたの形ですが、一重は劣性遺伝で両親ともに一重の場合は子どもも一重に。

二重は優性遺伝なので、両親のどちらかが二重であれば遺伝する可能性が多くあります。一重でも二重でも、親の遺伝子を受け継いだ結果です。

美しさはまぶたの形状だけでは決まりません。一重であることを残念がる必要はありませんね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

新生児の一重が二重に変わる時期

活発に動き出し始める3カ月から1歳頃

両親ともに二重である場合は、子どもも二重になる確率が高いので、新生児期に一重であっても希望をもちましょう。赤ちゃんが活発に動きだす3カ月から1歳ごろに一重から二重に変わることが多いようです。

まぶたの厚みやむくみが原因で一重になっている新生児期が過ぎ、お座りができるようになったり、つかまり立ち、あんよができるようになったりすると活動量が一気に増え、引き締まった体つきになりますね。

同時に顔の脂肪も減って、すっきりした顔つきになるはずです。両親のどちらかが二重の遺伝子をもっていたとしても、必ず二重になるわけではありませんし、どのタイミングで二重になるかは赤ちゃんに任せるしかありませんので、焦らず気長に待つようにしてください。

自分の足で動けて体型に変化が現れる3歳頃

3歳ごろは赤ちゃんらしさが一気に抜けて、飛んだり跳ねたり毎日身体を動かしてめざましい成長を遂げる時期です。ぽっちゃりしていた幼児体型も卒業間近。

背が伸びてすらっとしてくる子どももいるのではないでしょうか。自分の足で動けて体型に変化が出てくる3歳前後も一重から二重に変わることが多いとされるタイミングです。

まぶたの脂肪が一重か二重かを決める重要な要素になってきますので、肥満であることは遺伝にかかわらず二重を遠ざける原因になります。子どもの肥満は毎日の活動量だけでなく、日ごろの食生活も大きく関係しますので、バランスのよい食事を心がけましょう。

ただし、やせれば二重になるということでは決してありませんので無理なダイエットは禁物です。

成長ホルモンによる体型変化が現れる思春期

体つきや顔つきが大きく変わる乳児期から幼児期が、一重から二重に変わるタイミングとして確率の高い時期といえますが、思春期でも一重が二重になることがあるようです。思春期は成長ホルモンの影響で女性らしい体型や男性らしい体型に近づく時期です。

この変化の一環として、目元にも影響が出ることがあるようです。また、幼少期にぽっちゃり体型だった子どもなどは、思春期の成長にともない身長が伸び、細身の体型に変わることで隠れていた二重のラインが現れるということもあります。

二重のラインもシワの一つなので、ダイエットや加齢により顔の脂肪が減り、一重から二重に変わったという大人も多くいます。どの年代であっても二重に変わる可能性はゼロではないようですね。

新生児が一重から二重になるサイン

うっすらと二重を予感させるラインができる

新生児の顔は毎日といってよいほど、どんどん変化していきます。出生直後はむくみの一番強い時期ですが、それを越えると翌日以降でも顔の変化に気がつくことがあります。

とくにまぶたはむくみの影響が大きい部分なので、赤ちゃんが目を開いたときに、まぶたにうっすら二重のラインができていたらそのうち二重になる可能性がとても高いといえます。むくみがなくなることでより深いラインになることが期待できますが、だからといって早くむくみを解消させようなどと考えなくて大丈夫です。

しばらくは一日ごとにラインが消えたり出たりすることもありますので、そのことに一喜一憂しないようにしましょう。自然にくっきりしてくるのを待ってくださいね。
40 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC