就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児のほとんどが一重なのはなぜ?二重へ変わる可能性と一重の魅力

新生児のほとんどが一重なのはなぜ?二重へ変わる可能性と一重の魅力

生まれたばかりの赤ちゃんはパパとママ、どっちに似ているか気になりますね。パパとママがぱっちり二重だと赤ちゃんにも期待が集まりますが、生まれた赤ちゃんは一重ということがよくあります。このままでもいいけれど、いつか二重になることもあるのでしょうか。赤ちゃんのまぶたの秘密について迫ってみました。

新生児のほとんどが一重になっている理由

皮下脂肪でまぶたが埋もれているから

赤ちゃんが生まれるとまずは健康であるか、そしてどんな顔つきか気になるものです。目元は顔つきを決める大きな要素ですが、日本人の赤ちゃんのほとんどは一重で生まれてくるそうです。

パパやママがぱっちりとした二重であっても赤ちゃんが一重で生まれてくることは珍しくなく、ママとしてはどうしてなのか疑問に思いますね。

遺伝が大きく影響するまぶたの形ですが、新生児期は皮下脂肪が多く、一重の遺伝子、二重の遺伝子にかかわらずまぶたが埋もれているため一重に見えることがあります。ぽっちゃりしている赤ちゃんにはよくあることですので、成長とともに変わっていく可能性はあります。

新生児期はとくに顔つきが大きく変わる時期ですので、日々の変化を楽しみましょう。

寝てばかりで顔のむくみがとれないから

大人でも水分を多くとった翌日や眠った後にまぶたが腫れぼったいと感じることがあると思います。これはむくみによる現象で、身体の水分がたまりやすい体質や生活の人に多く現れます。

赤ちゃんはお腹にいるときは水分たっぷりの羊水の中で過ごし、生まれてからも寝て過ごすことが多いので、なかなかむくみが取れない状態だと思ってみてください。

水分は上から下に流れますが、まだ立って動くことができない赤ちゃんは一日中寝てばかりなのでむくみが顔に出やすいのです。少し活動できるようになると、むくみもすっきり取れますのでそれまでしばらく待ってみましょう。

むくみによるまぶたの厚みがすっきり解消して、目元がぱっちしてくるはずです。

日本人の約7割は一重!両親からの遺伝

日本人の約7割が一重だと聞くと「そんなに多いの?」とびっくりしてしまいそうですが、まぶたが厚い日本人は二重の割合が少ないそうです。しかし、モデルや芸能人には二重の人が多く、目にする機会も多いので一重がマイノリティであるイメージもあります。

そして、残念なことですが二重=美しいという既成概念が生まれているのも事実です。両親からの遺伝で決まるまぶたの形ですが、一重は劣性遺伝で両親ともに一重の場合は子どもも一重に。

二重は優性遺伝なので、両親のどちらかが二重であれば遺伝する可能性が多くあります。一重でも二重でも、親の遺伝子を受け継いだ結果です。

美しさはまぶたの形状だけでは決まりません。一重であることを残念がる必要はありませんね。

新生児の一重が二重に変わる時期

活発に動き出し始める3カ月から1歳頃

両親ともに二重である場合は、子どもも二重になる確率が高いので、新生児期に一重であっても希望をもちましょう。赤ちゃんが活発に動きだす3カ月から1歳ごろに一重から二重に変わることが多いようです。

まぶたの厚みやむくみが原因で一重になっている新生児期が過ぎ、お座りができるようになったり、つかまり立ち、あんよができるようになったりすると活動量が一気に増え、引き締まった体つきになりますね。

同時に顔の脂肪も減って、すっきりした顔つきになるはずです。両親のどちらかが二重の遺伝子をもっていたとしても、必ず二重になるわけではありませんし、どのタイミングで二重になるかは赤ちゃんに任せるしかありませんので、焦らず気長に待つようにしてください。

自分の足で動けて体型に変化が現れる3歳頃

3歳ごろは赤ちゃんらしさが一気に抜けて、飛んだり跳ねたり毎日身体を動かしてめざましい成長を遂げる時期です。ぽっちゃりしていた幼児体型も卒業間近。

背が伸びてすらっとしてくる子どももいるのではないでしょうか。自分の足で動けて体型に変化が出てくる3歳前後も一重から二重に変わることが多いとされるタイミングです。

まぶたの脂肪が一重か二重かを決める重要な要素になってきますので、肥満であることは遺伝にかかわらず二重を遠ざける原因になります。子どもの肥満は毎日の活動量だけでなく、日ごろの食生活も大きく関係しますので、バランスのよい食事を心がけましょう。

ただし、やせれば二重になるということでは決してありませんので無理なダイエットは禁物です。

成長ホルモンによる体型変化が現れる思春期

体つきや顔つきが大きく変わる乳児期から幼児期が、一重から二重に変わるタイミングとして確率の高い時期といえますが、思春期でも一重が二重になることがあるようです。思春期は成長ホルモンの影響で女性らしい体型や男性らしい体型に近づく時期です。

この変化の一環として、目元にも影響が出ることがあるようです。また、幼少期にぽっちゃり体型だった子どもなどは、思春期の成長にともない身長が伸び、細身の体型に変わることで隠れていた二重のラインが現れるということもあります。

二重のラインもシワの一つなので、ダイエットや加齢により顔の脂肪が減り、一重から二重に変わったという大人も多くいます。どの年代であっても二重に変わる可能性はゼロではないようですね。

新生児が一重から二重になるサイン

うっすらと二重を予感させるラインができる

新生児の顔は毎日といってよいほど、どんどん変化していきます。出生直後はむくみの一番強い時期ですが、それを越えると翌日以降でも顔の変化に気がつくことがあります。

とくにまぶたはむくみの影響が大きい部分なので、赤ちゃんが目を開いたときに、まぶたにうっすら二重のラインができていたらそのうち二重になる可能性がとても高いといえます。むくみがなくなることでより深いラインになることが期待できますが、だからといって早くむくみを解消させようなどと考えなくて大丈夫です。

しばらくは一日ごとにラインが消えたり出たりすることもありますので、そのことに一喜一憂しないようにしましょう。自然にくっきりしてくるのを待ってくださいね。

眠いときや、寝起きのときだけ二重になる

実際に子どもが一重から二重になった経験をしたママで多かったのが「眠いときや、寝起きのときだけ二重になっていた」という意見です。普通に考えると、眠いときにはまぶたが重く、寝起きもむくんでいそうですが、眠いときに目をこすったり目がとろんとして力が入らなかったりすると二重になることがあるのだそうです。

大人でも、疲れたときにげっそりすると二重のラインが深くなったり、片方の目だけ二重になったりすることがあります。無理な力を使って二重のラインを強引に作らなくても、体調によってまぶたが変化する場合、将来的に二重になる可能性は高いと考えられます。

いつも眠いのかと思っていたら、いつの間にか常時二重になっていたなんてこともあるかもしれませんね。

発熱時や具合が悪いときに二重になる

発熱時や具合が悪いときに二重になる子どももいるようです。この場合も将来的に二重になることが多いといわれていますが、現時点でそこは問題ではありません。

具合の悪いときに二重になっているのは、もしかしたら脱水症状が起きているサインかもしれません。むくみでまぶたが腫れぼったくなるのとは反対に、脱水症状が起きると顔の水分も奪われまぶたが二重になったようにくぼんでしまうことがあります。

このときばかりは二重になったことに喜んでいる状況ではありません。顔つきが変わるほど具合が悪いということですので、すぐに症状を判断し、適切な治療を受けるようにしましょう。

一重、二重ということよりも、子どもの健康の方が何倍も大事です。

子どもを二重にしたい!なにか方法はある?

赤ちゃんの目に不要な力をかけるのは危険

ママが一重であることにコンプレックスを持っている場合や、二重の方がかわいいという気持ちがある場合、なんとかして「子どもを二重にしてあげたい!」と思いを巡らすのも分からないではありません。確かに、かわいいといわれる子のほとんどはぱっちり二重であることが多いですね。

一重を二重にするために効果的といわれるのがまぶたのマッサージや、まぶたに直接線を引くなどの裏技的な方法です。目を頻繁にこすることで二重になったという人もいるくらいなので、皮膚に直接触って効果がまったくないとはいい切れませんが、それ以上にまぶたの皮膚はとても薄くデリケートだということを頭に入れておきましょう。

とくに赤ちゃんの皮膚は大人よりもさらに薄く弱いので、ママは優しくマッサージしているつもりでも余分な力が伝わってしまうことがあります。無理な力がかかりすぎると網膜剥離や白内障、目の周りの骨の変形など、恐ろしいリスクがあることを忘れないでください。

マッサージだけでなく、ほかの方法でまぶたにクセをつけることも控えましょう。

12歳前後になるのを待ってからチャレンジ

ママが子どもを二重にしたいと思っていても、まだ幼い子ども自体にその気持ちがあるかどうかわかりませんね。「一重の自分が好き」という場合は、無理に二重をつくる努力をする必要がないからです。

子どもの年齢が12歳前後になって、二重の目元に憧れるような気持が子どもにも芽生えたなら、ママの知識を授けて、一緒に二重になる努力をしてみてはいかがでしょうか。12歳前後になれば、皮膚や骨もある程度強くなり、マッサージやクセをつける方法も試すことができるようになります。

アイプチなど専用の接着剤を使って二重をつくるメイク方法は、体型が変わってくる思春期に行えば二重ラインのクセをつける意味でも有効です。マッサージは間違った方法で行うと逆効果になるので、ママがしっかり手順を覚えて一緒にやってみましょう。

美容への意識が高いことは決して悪いことではありませんし、女の子なら当たり前に抱く気持ちです。ですが、一重だから美しくない、二重だから綺麗ということではありません。

思春期の女の子は美容のためについ行き過ぎてしまうこともあるので、ママがしっかり見守ってくださいね。

一重でよかった!かわいい一重の魅力

一見クールなのに笑うとかわいい

キリっとした切れ長の目元も一重の人に多い特徴です。涼し気でクールな印象は一重のチャームポイントとして、二重の人とはまた違った凛とした美しさがあります。

一重の男性はスマートで聡明、女性なら大人っぽくて色気があるように見られることも多いようです。子ども時代から将来の姿を想像することは難しいかも知れませんが、一重の子どもはなんともいえない素朴さがあり、親しみやすさを感じます。

にっこり笑うと目が細くなり、いつものクールなイメージとのギャップが生まれ、よりかわいさが際立つこともありますね。顔の美しさはパーツだけでなく、全体のバランスが大事です。

そして、見た目だけでなく気持ちが前向きであることも重要ですね。

一重こそアジア人を美しく特別なものにする

欧米人のほとんどはくっきりした幅広の二重をもって生まれてきます。彼らから見たアジア人の切れ長で一重の目はとてもエキゾチックに写ります。

一重であることはアジア人の象徴ともとらえられているので、世界で活躍するアジア人のスーパーモデルも映画俳優も切れ長一重であることが多いのです。欧米人にはない個性は特別な美しさとして世界で認められています。

アジア人である日本人がそのことに気がつかないのは少し悲しいことですね。クールビューティーは一重のアジア人女性に向けてよく使われる言葉です。

聡明さや神々しさなど、そこにはいろいろな意味が込められています。明るく華やかなだけが美しさではありませんので、自分の持つ個性を大切にしましょう。

周囲の声かけでコンプレックスにしないで

乳児や幼児にとって、一重であることはなんの障害にもなりません。大人の声掛けや周囲の情報によって、だんだんと一重がコンプレックスだと思いはじめるようになるのが一般的です。

「お姉ちゃんは二重なのにあなたは一重なのね」「あの子は目が大きくてかわいいね」など、何気ないひとことから子どもは一重であることがかわいさとは遠いところにあるものだと勘違いしてしまう可能性があります。

時代や国によって美の定義は変わります。二重は今の日本のブームのようなものと考えると、みんなが同じものを追いかける必要はないと分かるのではないでしょうか。

海外に出ると、一重がかわいいといわれることも多くあります。一重でよかった!と感じることもきっとあるはずです。

まとめ

「一重だからかわいくない」と思ってしまう女の子はとても多くいます。これは間違った思い込みですが、二重になりたいという思いをもつことを否定することもできません。

夢や理想は人それぞれなので、こうなりたいという願望も自由です。ただし、親が子どもに押し付けたり、無理な方法で実現させようとしたりすることは避けたいですね。

いつか、その人の持つ個性がそのまま受け入れられ、条件ではなくそれぞれの美しさに目を向けられる世の中になるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018