就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】新体験のプラネタリウム『ギャラクシティ まるちたいけんドーム』

【東京】新体験のプラネタリウム『ギャラクシティ まるちたいけんドーム』

東武スカイツリーライン西新井駅東口から徒歩3分のところにある「ギャラクシティ」は子どもたちが一日中遊ぶことができる大きな施設です。クライミングや都内最大級のネット遊具、工作や料理作りまで様々なことが体験できます。その中に、ほかでは体験できないデジタルプラネタリウムがあるということで取材に行ってきました。

デジタルを駆使した美しい星空体験

投影機がないプラネタリウム!?

今回お邪魔したのは「ギャラクシティ」という施設の中にあるプラネタリウム「まるちたいけんドーム」。東京23区内最大級のプラネタリウムで、迫力満点の宇宙世界を体験できるんです。

さっそくドームの中に入るとプラネタリウムの真ん中にあるはずの「投影機」が見当たりません。そう、ここでは投影機を使う代わりに映画館のようにプロジェクターを使って星空を映し出すのです。プロジェクター5台を使って、なんと7K相当の映像を映し出しているんですよ!

映像を生み出す秘密の仕事場も見せてくれましたぁ。

満天の星を思う存分楽しめる

デジタル技術を使うことにより、その解像度は抜群です。星は見やすく、プログラムによっては惑星をクローズアップして細部まで観ることができます。またこの映像技術を駆使し、星を眺める以外にも、美しい景色を映し出してくれますよ。癒されること間違いなしです。

子連れにおすすめの投影プログラム

寝っ転がりながら星を観られる

投影機がない分ドーム中央には「ごろごろはらっぱ」という広い桟敷席があります。ここのスペースは靴を脱いで上がります。寝っ転がったりくつろいで星を観ることができますよ。子どもたちには大人気です。もちろん大人も使えますので、家族で観るときにぜひ使ってください。快適に過ごせます。

泣いてもOK!「どきどき!プラネタリウム」

小さなお子様向けのプログラムも多数あります。時期により番組は変わりますが、子どもたちに人気のキャラクター番組も!取材時には「ちびまる子ちゃん」を投影していました。

また月に一回ですが「どきどき!プラネタリウム」という投影時間があります。乳幼児向けの番組で、プラネタリウムデビューにはもってこい。この時間は泣いても騒いでもOKです。ぜひホームページをチェックしてみてください。

HPを要チェック!毎月変わるイベントプログラム

「まるちたいけんドーム」では名前の通り「まるち」に体験できるとだけあって、注目しておきたいイベントも盛りだくさんです。毎月の観望会や、定期的にコンサートも行われます。

12月にはクリスマスイベントとして、0才から入れるクリスマスコンサートも開催。ホームページをチェックしてみてくださいね。

このようにイベントプログラムが豊富なのも魅力の一つなんです。

上の写真はこれまた取材時に惹かれたプログラム「LIFE いのち」。「うまれることを再体験」と謳うこのプログラムは、いのちの美しさに気づかせてくれます。お子さまとぜひ観たいですね。こちらのプログラムは年内12月31日までです。

ママや子どもに優しい館内

ベビーカーでも楽々移動できる館内

館内は段差がないのでベビーカーで来ても大丈夫!これはママにとっては嬉しいですよね。ですがプラネタリウムはベビーカーが入れないので、プラネタリウム入口前のベビーカー置き場を使ってくださいね。

ほかにもロッカーが無料で使えたり、授乳室やおむつ交換シートなど完全完備です。とても綺麗で使いやすそうです。

プラネタリウムの前には休憩場所もあります。

休憩場所には星にまつわる豆知識も。待ち時間に見てくださいね。

宇宙船を体験できるエレベーター!

エレベーターは宇宙船仕様になっていました。子どもたちが喜ぶこと間違いなしです。

帰りにはお土産も買って行ってね

ギャラクシティの一階にはお土産が売っています。星の本や望遠鏡など宇宙に関する商品が多数ありました。

大人気の宇宙食は必見です!

来てくれた皆さんに楽しんでもらいたい

最後に「まるちたいけんドーム」の解説員疋田さんからテニテオ読者に向けてのコメントをいただきました。

「番組中は子どもたちが科学的な視点を育てられるように心がけて解説しています。また、見に来てくれた人が楽しめるように季節ごとの話題を入れたりもしています。例えば秋だったらお月様の話をしたり。あとはその時のお客様の状況をみてライブ感を大事にしています。子どもも親も楽しめると思いますのでぜひいらしてください。」

ギャラクシティまでのアクセス

東武スカイツリーライン「西新井駅」下車、東口から徒歩3分です。環七通りの方面にまっすぐ歩くと右手に見えてくるのが「ギャラクシティ」です。「西新井駅」からギャラクシティまで路上に可愛い絵が貼ってあり、道順を案内してくれているのでそれに従って行きましょう。

まとめ

「まるちたいけんドーム」はほかのプラネタリウムでは体験できないような珍しいプログラムやイベントが豊富で、何回行っても飽きさせません。毎回新しい発見ができますよ。

新しい体験や最新の技術で映し出される星を観にぜひ足を運んでみてくださいね。

ギャラクシティ まるちたいけんドーム(ぎゃらくしてぃ まるちたいけんどーむ)

東京都足立区栗原1-3-1

03-5242-8161

9:00〜21:30

毎月第2月曜日(祝日の際はその翌日、8月を除く)、元日

0歳以上

ギャラクシティは入館料無料、プラネタリウム観覧料大人500円 小人100円 未就学児無料(座席使用の場合は100円) 一日券、年間パスポートあり

http://www.galaxcity.jp/modules/site/index.php?action=CatView&cat_id=3

駐車場あり、ベビーカー入場可、おむつ交換台・授乳室あり

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

金子 寧々

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018