就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】収穫体験に生き物探し!自然の豊かさに触れる農園特集

【東京】収穫体験に生き物探し!自然の豊かさに触れる農園特集

都内に住むと圧倒的に減ってしまうのが、豊かな自然に触れる機会。ですが自然に触れ自然と遊ぶ体験は、子どもたちの見える世界を大きく広げてくれる貴重なものです。そこで今回は収穫体験や生き物探しなど、思いっきり体を動かし自然と触れ合える都内の農園を特集します。たくさんの発見をしに、農園に出かけてみましょう!

自然の中で、たくさんの驚きと発見を!

1)足立区都市農業公園・鹿浜

by teniteo

足立区の荒川沿いにある「足立区都市農業公園」。田んぼや畑、古民家など、まるで田舎に帰ってきたかのような安心感のある風景が広がっています。

ここでは、収穫体験や生き物探しなど、子ども向け自然体験のイベントが数多く開催されています。また昔の暮らし・文化を体験するイベントが行われる古民家や、無化学肥料栽培で育てた農産物を販売するマルシェなど多種多様な施設も備わっており、魅力がぎゅっと詰まったスポット。

「足立区都市農業公園」で、親子で思う存分「農」を感じてみませんか?

足立区都市農業公園(あだちくとしのうぎょうこうえん)

東京都足立区鹿浜2-44-1

03-3853-4114

<9月~4月>9:00~17:00  <5月~8月>9:00~18:00

<ビジターセンター(交流館内)>9:00〜16:30
<人と自然の共生館>9:00〜16:30
<工房棟>9:00〜16:30
<昔の農機具展示室>9:30〜16:00
<古民家・長屋門>9:30〜16:00

第1、第3水曜日(祝日の場合は翌平日)
<レストハウス「キッチンとれたて」>
1F:軽食コーナーは、水曜日定休
2F:レストランは、水・木曜日定休

0歳以上

イベント・プログラムによっては参加費がかかります。詳しくは公式HPをご確認ください。

https://www.ces-net.jp/toshino/index.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、授乳室、弁当持込可

2)会員制農場ポモナ・小金井

by teniteo

小金井市にある農園「会員制農場ポモナ」は「畑のある暮らし」を楽しむことができる貸し農園。その名前から会員でないと利用できないのかと思いきや、会員でなくても1日だけの「収穫体験」や農園ならではのイベントなど、充実した自然体験ができるんです!

ミニトマトやオクラなどお馴染みの野菜から、ちょっと珍しいキウイフルーツ狩りまであり、収穫体験だけでも充実の内容です(収穫可能な農作物は時期により異なります)。夏には流しそうめん、秋はハロウィンパーティー、冬は餅つきなど、子どもも大人も楽しめる季節のイベントも開催されていますよ。

会員制農場ポモナ(かいいんせいのうじょうぽもな)

東京都小金井市関野町2-4-3

042-388-8381

10:00~17:00

火、水

0歳以上

<収穫体験>収穫した野菜の値段+入園料(大人750円、子ども300円、家族1,500円)
<イベント>回によって異なる、会員でない場合は別途入園料がかかります。

https://www.pomonafarming.com/

ベビーカー入場可

3)森のようちえん 谷保のそらっこ・国立市

by teniteo

穏やかな里山風景が広がる国立市谷保。そんな豊かな自然の中に、年齢問わず畑や田んぼを楽しむことができる「くにたちはたけんぼ」という農園があります。

ここでは国立市谷保という土地を活かしたさまざまな活動が行われています。毎週木曜に開催されている「森のようちえん 谷保のそらっこ」もその活動の一つ。乳幼児の親子を対象として農作業や自然との触れ合い遊びを楽しめる自然体験教室です。

なんと参加料は親子で500円(2019年10月現在)、しかも事前予約不要で当日参加OK!その日のお天気や子どもの体調などと相談しながら参加できる気軽さも人気の秘密です。

森のようちえん 谷保のそらっこ <くにたちはたけんぼ>
(もりのようちえん やほのそらっこ)

東京都国立市谷保661

070-6458-0105

毎週木曜日 10:00〜13:00
(月により開催ない木曜もあり、HP要確認)

乳幼児親子(妊婦さんも可)

親子で1回500円(事前申込み不要)

https://hatakenbo.org/sorakko

ベビーカー入場可、弁当持込可

13 件

ライター紹介

関口 栄理

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事