就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【兵庫】親子で一緒に学ぶ博物館「兵庫県立  人と自然の博物館」

【兵庫】親子で一緒に学ぶ博物館「兵庫県立 人と自然の博物館」

休日はどこに遊びに行こうかとお悩みのパパ、ママたち。せっかくなら子どもの「学び」につながるような場所におでかけしませんか?そこで今回は植物から恐竜までさまざまな標本や化石が展示されていて、楽しみながら学べる「兵庫県立 人と自然の博物館」をご紹介します!

「兵庫県立 人と自然の博物館」って?

豊かな自然が残る兵庫県三田市に「ひとはく」の愛称で親しまれる「兵庫県立 人と自然の博物館」はあります。「人と自然の共生」をコンセプトにさまざまな展示やイベントを行っており、それぞれの分野に特化した研究員さんが多数在籍しています。1F~3Fまでが展示コーナー、4Fは「ひとはくサロン」といい、イベント開催や休憩ができるスペースもあります。料金は高校生以下は無料、大人は200円と充実した内容でありながらリーズナブルに楽しむことができます。

ガラス張りの建物はフジテレビの外装も手がけた建築家・丹下健三氏が設計したため、少し雰囲気が似ていますよね。空とのコントラストが博物館をより一層彩っているようです。

イベントに参加しよう!

こちらの施設では土日祝日を中心にイベントを行っており、その中でも毎月第1日曜日に小さい子どもでも楽しめるイベント「kidsサンデー」を開催しています。もの作りや観察・体験など、親子で参加できるイベントがたくさんあります!

イベントスケジュールはHPでも公開されているので、参加したいイベントに合わせておでかけしてみてはいかがでしょうか。また、当日の10時から受付を行っており、内容によってはすぐ定員に達してしまう場合があるので来館されてすぐに受付されるのをおすすめします。

また土日祝日には、アースシアターの大スクリーンを使った、スタッフさんオリジナルの「デジタル紙芝居」を上演しています。全部で約17種類のお話があるので、何が観られるかはその日のお楽しみです!

子どもから大人まで楽しめる空間

「ひとはく」へ冒険に出かけよう

3Fフロアには記念写真を撮ることができるスペースがあります。ヘルメットや調査カバンなどが置いているので、それを身につけて発掘調査隊員になったつもりで写真を撮ってみてください。

展示コーナーでは、丹波市で発見された恐竜の化石やレプリカが展示されています。その中でも「タンバティタニス・アミキティアエ」のレプリカは子どもも大人も大興奮するのではないでしょうか。化石は発掘される場合、骨がバラバラで発見されることが多いようですが、この恐竜は肋骨と尾椎が生きた時と同じような保存状態で発見されたそうです。

こちらは「タンバティタニス・アミキティアエ」のしっぽのレプリカに触ることができます。実際のものと同じ重さで再現されており、大人でも両手で持ち上げないといけないほどの重さでした。見るだけよりも実際に触ってみるほうが子どもたちの生き物に対する興味を引き出すことができるのではないでしょうか。

2Fフロアには植物や昆虫、動物などの標本が展示されており、面白い仕かけもされています。こちらの昆虫標本は同じ蝶やカナブンでも違う種類のものが展示されていて、それがどれかを当てるクイズなどがあります。以外と見分けるのが難しく、親子で一緒に観察しながらクイズが楽しめます。

珍しい経験ができる空間

1Fフロアでは生命誕生から人類の歴史、森林についての展示がされています。神戸市で発見されたクスノキは、樹齢300年!と現在まで長い年月が経っていますが、今でもクスノキ特有のよい香りに包まれており、触ることはできませんが「一度年輪のところにギリギリまで近づいて匂いを嗅いでほしい」とスタッフの方もおすすめしていました。

「共生の森」は熱帯雨林のジャングルをジオラマ化し、そこに生息するオランウータンや植物の生態をジャングルの中を歩きながら覗いているような気になります。室内に突然このような世界が飛び込んできたら子どもたちも驚きますね!

また、植物と生き物の共生関係を知るクイズでは、子どももクイズを通して楽しみながら学ぶことができるような仕かけがされています。

自分流に休憩スペースを活用できる

4Fのひとはくサロン内には飲食ができる休憩スペースやタブレット、おもちゃなどでそれぞれの時間を過ごすことができます。子どもが最大限に楽しめる工夫がされており、自由に出し入れできる標本を机でじっくり観察したり、おもちゃを床に広げて遊ぶこともできますよ。

子ども連れが嬉しい設備

2F~4Fのトイレにはおむつ交換台が設置され、スタッフさんに声をかけると4Fの授乳室を利用できます。広さもあり、プライバシーが守られた空間になっているのでママも安心して使うことができます。ベビーカーの貸出も、数台行っています。

「兵庫県立 人と自然の博物館」へのアクセス

交通機関をご利用される方

神戸電鉄「フラワータウン中央駅」の改札口を出て右に曲がり、「西松屋」方面の横断歩道を渡り左に進むと徒歩約5分で到着します。

車でお越しになる方

専用駐車場がないため、近隣の「イオン三田店」(フローラ88内)に駐車し、観覧券に駐車券をそえてフローラ88のインフォメーションで提示すると4時間まで無料で利用できます。

まとめ

楽しみながら学べる「兵庫県立 人と自然の博物館」はいかがでしたか?子どもには少し難しい内容のものもありますがパパやママは展示、子どもはイベントや直接触れるものなどそれぞれに合った楽しみ方ができるのは魅力的です。

せっかくなら子どもたちが学べるような場所におでかけしてみてはいかかでしょうか。これで次の休日は決まりですね!

兵庫県立 人と自然の博物館ひょうごけんりつひととしぜんのはくぶつかん

兵庫県三田市弥生が丘6

079-559-2001

10:00~17:00(入館は16:30まで)

月(祝日の場合は翌平日)、1/7〜2/8(メンテナンス休館)、12/28~2020/1/2

0歳~

大人200円、大学生150円、高校生以下無料、70歳以上100円

http://www.hitohaku.jp

ベビーカー入場可、おむつ交換台、授乳室あり

ライター紹介

橋本 わかな

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018