就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】絵本を通して世界を広げよう!「三鷹市星と森と絵本の家」

【東京】絵本を通して世界を広げよう!「三鷹市星と森と絵本の家」

国立天文台内にある「三鷹市星と森と絵本の家」。ここでは歴史ある建物の中で星・宇宙・森・生き物など、自然や科学への関心につながる絵本の展示や活動が行われています。絵本や活動を通して出会う今まで知らなかった世界に子どももママもびっくり。実家に漂うあのほっとする空気感の中で、たくさんの発見をしてみましょう。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

絵本を通し、自然や科学に触れる

国立天文台の森の中、大正時代の建物を活用

国立天文台内にある「星と森と絵本の家」は、大正4年に建設された「旧1号官舎」を保存活用した施設です。

歴史ある建物であるため、畳やふすま、昔なつかしい木製の家具など、ほっと気が休まるような雰囲気をまとっています。

「星と森と絵本の家」はその歴史ある建物と広い庭を使って、子どもたちの知的好奇心を育むような絵本の展示や活動を行っています。ここで読める絵本は、旧官舎内であればどこで読んでもOK。室内に差し込む光を浴びながら、畳の上でゆったりと、思い思いに絵本を楽しめるのも特徴です。

約2500冊の絵本との特別な出会い

読書室:「星と森と絵本の家」独自の分類

「星と森と絵本の家」には展示されているもので約2500冊、書庫にあるものも合わせると約7000冊の絵本が保管されています。

絵本は施設内のさまざまなな棚に置かれていますが、一番多く置かれているのは「読書室」。「読書室」に置かれた絵本は、「ほし」「ちきゅう」「もり」「しょくぶつ」「どうぶつ」「ひと・くらし」の六つの分類に分かれています。これは「星と森と絵本の家」独自の、自然や科学とのつながりを感じられる分類です。

絵本展示室:絵本を通じ、天文への興味を広げるテーマ展示

旧官舎の中でも一際広い部屋には、星や宇宙などをテーマにした展示が行われる「絵本展示室」があります。

取材に訪れた日には、「見る・知る・感じる絵本展 宇宙とつながる」という展示が行われていました。この世に生まれ身近な世界から、外へ空へ、そして宇宙へ。徐々に広がっていく世界を、関連のある絵本を通して感じることができます。

展示内容は年に一回、国立天文台の方々の協力のもと、7月の開館記念日に合わせて変更されるそうです。

絵本の展示だけではなく、楽しい仕掛けで天文に触れるものもあり、遊び感覚で学べるのも嬉しいポイントですね。
64 件

ライター紹介

関口 栄理

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC