就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

シャーリングキャミソールを簡単手作り!まっすぐ切って縫うだけでOK

シャーリングキャミソールを簡単手作り!まっすぐ切って縫うだけでOK

いきなりですが、子どもの洋服を手作りしてみたいと思ったことはありませんか?しかし、いざ作ろうと思っても型紙のパーツが多かったり、聞き慣れない専門用語がたくさん出てきたりすると、ついつい心が折れてしまいますよね。そこで今回は裁縫初心者におすすめのシャーリングキャミソールの作り方をご紹介します。

シャーリングキャミソールを作る前の下準備

生地とゴムの必要サイズを計算する

キャミソールというと夏のイメージが強いかもしれませんが、最近は季節を問わずTシャツやカットソーの上に重ね着するスタイルも多く見かけます。重ね着すると子どもに多いシャツのはみ出しもカバーできますし、明るめの色柄の布で作ればコーディネートに春感をプラスできる便利なアイテムですよ。

今回はそんなキャミソールを型紙なし、直線縫いだけで作れる方法をご紹介していきます。

まずは子どものバストを測定します。測定した数値を以下の式に当てはめ、見頃の横幅とゴムの長さを計算します。
・身頃の横幅(cm)=バスト×1.2
・ゴムの長さ(cm)=バスト
次に作りたい丈の長さを測ります。測定した数値を以下の式に当てはめ、身頃の縦幅を計算します。
・縦幅(cm)=作りたい丈の長さ+11

シャーリングキャミソールを作ってみよう

必要な材料と道具を用意しよう

【材料】
・布
シャーリングが作りやすいよう薄くてやわらかい生地がおすすめです。
・ゴム
0.5mm幅のソフトゴムを使用します。

【道具】
・ミシン
ロックミシンがあればなおよいですが、今回は家庭用のコンピューターミシンのみで作ることができます。

・裁ちばさみ、糸切りばさみ
・チャコペン
・定規
・まち針やクリップ
・ひも通し

シャーリングキャミソールの作り方

①身頃2枚、肩ひも4枚を裁断します。

身頃は先ほど計算した横幅と縦幅を、肩紐は4×40cmを定規で測りながらチャコペンで生地に印をつけ、印に沿って裁ちばさみで切ってください。

②肩紐の片方の端を1cm内側へ折りたたみます。

③真ん中から半分に折ってアイロンをかけ、折り目をつけます。

④生地を開き、先ほどアイロンでつけた折り目に向かって生地を折り、アイロンをかけます。

下の写真では手順②で折った部分が開いていますが、この部分は開かずに生地を折ってアイロンをかけてください。

⑤真ん中から半分に折り、アイロンをかけます。

ここまでで、縫う前の下準備は完了です。それではいよいよ実際にミシンで縫っていきましょう。
67 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版