就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・高尾】脳トレにもなる「トリックアート美術館」で面白フォト

【東京・高尾】脳トレにもなる「トリックアート美術館」で面白フォト

「だまされる」って楽しいこと!そう教えてくれるのが高尾山の麓にある「トリックアート美術館」です。「あたかもそこに本物が存在するが如く」というのをテーマに、リアルな「だまし絵」を全身で体感することができる不思議の迷宮!脳の体操にもつながるので、子どもからご年配の方まで家族みんなで楽しめますよ。

アートとアミューズメントの融合施設

「錯覚」と「現実」のズレを楽しもう!

トリックアート美術館は、だまし絵や目の錯覚を利用したアート作品を、目で見るだけでなく、頭や体を動かして楽しめる施設です。

美術館というと静かなイメージですが、壁一面にリアルなイラストが描かれていたりトリックや謎解きが仕掛けられていたりするので、写真を撮りながらワイワイ過ごせるんです!

アートを全身で楽しめて、観ているだけでも脳の刺激につながります。子どもの感覚も養うことができるので、子連れファミリーにピッタリの美術館なんですよ。

館内は4階建て!四つのゾーンを楽しめる

館内は「エジプト遺跡」「ファラオの自然公園」「だまし絵展示室」「オリジナル作品」と大きく4つのフロアに分かれています。ボリューム満点でどれも見応えがあるので、すべてのフロアを周るにはおおよそ2時間くらいかかると予測しておくとよいかもしれません。

館内にもベンチやイスがあるので休みながら堪能できます。出入り口には休憩用のテラスがあり、入館時にもらえるコインで自動販売機の飲み物を購入できるサービスも!うれしい気遣いですね。

子連れの場合は軽装備で!

館内は広く階段も多いので、2歳以下の子どもと行く場合は抱っこ紐を用意すると便利です。ベビーカーで入館もできますが、かえって邪魔になってしまうので受付で預けたほうがよいでしょう。

この施設ではアートを楽しむため、どうしても動きが大きくなるのでなるべく荷物は少なめに…といいたいところなのですが、子連れだとそうもいきませんよね。貴重品以外はベビーカーと一緒に預けるのがおすすめです。

錯覚を利用して写真をたくさん撮ろう

トリックアートはインスタ映えがすごい

トリックアート美術館は写真を撮って楽しむ前提で作られているので、作品に合わせたポージングが肝!恥ずかしがらずに思い切ってなりきった方がよい写真が撮れます。

子どもに演技やポーズは難しいかもしれませんが、ぜひ一緒にチャレンジしてみてください!

実際にやってみました

んんん…お、重い…!その隠し扉の奥にはお宝が…!?

キリンさんになめられちゃった!動物シリーズは子どもも大喜び間違いなしです!

ちょっくら雲の下の世界まで行ってみようかな〜。

た、食べないでぇぇえーーー!!!!!的ショットも撮れます。

階段を登ってるように見えますよね?これも床に描かれた平面の絵なんです…!撮影する地点が足元にあるので、その足元マークに合わせて撮ると誰でもこんな写真が撮れるんです。

「天狗さまの魔力」でこんな写真も!

トリックアート美術館の中でも人気の「高尾山 天狗さまの魔力(エイムズの部屋)」天狗さまのお力でこんな摩訶不思議な現象が起こるのです!

ちなみにこれは2枚の写真を合成しています。複数で来館された場合なら端と端に1人ずつ立てばこのような写真を撮ることができますよ!

左側に大人が立って右側に子どもが立てば子どもの方が大きくみえるようになるので、より面白い写真になりそう。

フォトスポットはまだまだあります

B1Fの「ファラオの自然公園」では野生動物と一緒にいろんなショットを撮ってみましょう!ライオンの上に乗るもよし、ゾウの鼻を引っ張るもよし…アイデアは無限大!

こちらは2Fの「水のない水族館」。普通ではありえないことを表現できるのがトリックアートのすばらしさ。既成概念を取り払うべし!

このほかにも「超重力の部屋」などあらゆる場所にフォトスポットがあるので、子どもと「ああしようか。これはどう?」と話しながら体験してくださいね。「超重力の部屋」は体が不思議な感覚に陥るので、小さな子どもや体調のすぐれない方は注意が必要です。

謎解きや展示作品も楽しめる

各コーナーにクイズがあります

動物探しや顔探しなど、クイズも出題されます。館内の各スポットにあるので、謎解きもまた楽しさ倍増ですね!

絵画やオリジナル作品にもだまされよう

だまし絵だけでなく立体的なトリックも多数あります。その「正体」がなんなのか、どれも入るたびに衝撃が走るはず!

一見普通の部屋ですが、一歩足を踏み入れると数秒後に驚きの光景が…!

こちらも普通の絵のように見えますね。近づいたり左右に動いたりしていくと、不思議な感覚にのみ込まれます!

右のレンガと左のポスト。この中に三つずつ本物があるんです!あなたにはわかるでしょうか?

これはかなり難しくて何度もだまされました!

衣装を着てなりきりフォトを撮ろう

2Fの「写真額」のコーナーでは、自分で衣装を選んで肖像画のごとく写真を撮ることができます。子どもは憧れのプリンセスやナイトなどになれるチャンス!

衣装を着て違う誰かになれるというのは、なかなかない機会なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

まるで宇宙!万華鏡の世界に染まる

館内には大型の万華鏡はじめ様々な万華鏡の世界を楽しめるコーナーがあります。覗いてみると圧巻!今まで見ていた小さな万華鏡では体験できない神秘的な美しさが。

サイケデリックでキラキラと輝く万華鏡の中は、まるで宇宙のよう。無限の場所に入り込んだような感覚になります。子どももずっと眺めてしまいそう。

「万華鏡の巣窟」ではいろんなデザインの万華鏡をみることができるので、じっくりその世界に浸ってみてください。

トリックアート美術館までのアクセス

交通機関を利用される方

京王「高尾山口駅」から徒歩1分、駅の目の前に見えるのですぐです!高尾山に登る前後でも楽しめますよ。周辺にはお土産ショップや蕎麦屋、甘味屋などもあるのでランチはそちらを散策するのがおすすめ。駅には温泉も直結しているので、帰りに温泉もいいですね!

車でお越しになる方

専用駐車場はないので高尾山周辺の有料駐車場をご利用下さい。駅とトリックアート美術館の間に駐車場がありますが、登山客の利用者も多いので満車の可能性も高いです。

まとめ

最後に館長の小阪さんにお話をお伺いしました。

「トリックアートはだまされたことに気づかないと成立しないから、そこにいかに気づくかが大事だと思います。人をだますということは一般的によくないこととされているけど、「だまされることを面白く」感じてほしいですね」

マイナスにとらわれがちな「だます」という感覚を、プラスにして楽しむという視点にとても感銘を受けました!

「歳を重ねて経験を積めば積むほどだまされやすくなる。子どもは既成概念がないのでだまされにくいんですよ。大人が気づかなくても、子どもが気づいて教えてる姿を多く見かけます。自分がわからないことを子どもに教えてもらうのも誇らしいことなので、そういった点でもよい経験ができますよ」

脳のトレーニングになるだけでなく、家族間での関係性にも刺激を与えることができるトリックアート美術館はいいことづくし!ぜひ家族みんなで体を動かしてトリックアートを楽しんでみてくださいね。

トリックアート美術館(とりっくあーとびじゅつかん)

東京都八王子市高尾町1786

042-661-2333

4月~11月:10:00~19:00
12月~3月:10:00~18:00
※入館は閉館30分前まで
※一度ご退館された方の再入館はできませんのでご了承ください。

不定休

0歳以上

大人:1300円、中高生:1000円、小学生:700円、幼児 (未就学児、4才以上)500円

http://www.trickart.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有

ライター紹介

大曽根 真悠

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR