就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの知恵光る廃材で作るガチャガチャ。親子で盛り上がる楽しみ方も

ママの知恵光る廃材で作るガチャガチャ。親子で盛り上がる楽しみ方も

外出自粛が求められる今、子どもたちに大人気のガチャガチャをおうちで作ってみませんか?おうちにある廃材を利用して作ることができ、代用できそうな材料もご紹介します。また、カプセルがないおうちでもボールなどで楽しめる遊び方も一緒にご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね。

家にあるものでガチャガチャを作ろう

材料と準備するもの

〈材料〉
・ダンボール (2Lの飲み物が6本入っているダンボールの大きさ位が丁度よいです)…1箱
・ダンボール …1枚
・空のペットボトル(500ml)…1本
・クリアファイル…1枚
・牛乳パック…1本
・ティッシュの空き箱…1箱
・新聞やチラシ
・商品(カプセルやボールなどの球形)
・おもちゃのお金

〈準備するもの〉
・ハサミ
・カッター
・ガムテープ
・ビニールテープ
・ペン
・定規

ガチャガチャの作り方

1.本体となるダンボールにカッターで①~⑤の穴をあけます。

前面には、①商品が見える窓、②ハンドル、③商品取り出し口、④硬貨入れをあけます。その左隣の面の下部に⑥硬貨回収口を扉にします。上面は、⑤商品入れを扉にします。

このそれぞれのサイズは、①は上半分、②はペットボトルの大きさ、③子どもが商品を持って取り出せる大きさ、④硬貨が入る大きさ、⑤商品が入るサイズより少し大きくし、うまく商品が転がらない時に手直しできる大きさ、⑥牛乳パックの幅に切ります。

扉となる部分は、開けやすいように指型のくぼみを作ると使いやすいですよ。また、ビニールテープなどで補強すると壊れにくくなります。

2.ペットボトルにカッターで穴をあけます。

商品が入るサイズに切り、両端に新聞などを詰めガムテープで固定します。穴があいている側に目印をつけます。

3.ダンボールでペットボトルを支える土台を作ります。

外箱のペットボトルに穴をあけた高さより少し高めに残りのダンボールを切り、ペットボトルの形に切り取り、外箱と高さを揃えましょう。強度を高めるため、折り重ねて作るとよいです。最後に奥にペットボトルが行き過ぎないように、仕切りを作ります。

4.商品取り出し口につける箱を取りつけます。

ティッシュの空き箱の上面と側面の一つを切ります。商品取り出し口が低くなるように外側に土台をつけ、空き箱を貼りつけます。

5.硬貨入れの箱を作ります。

硬貨入れより低い位置で牛乳パックをハサミで切ります。残りの牛乳パックを二つ折りにし、硬貨入れが動かないよう内部に貼りつけます。

6.商品を保管する場所を作ります。

うまく商品がペットボトルに転がり入るように、傾斜をつけてダンボールを取りつけます。ペットボトルの穴と同じ面積分のみハサミで段ボールを切り取ります。

7.商品がうまく転がるか、試しに商品を入れてみましょう。

商品を保管する床やペットボトルの位置、商品受けの箱の位置など実際に商品の動線を見て、微調整していきましょう。

8.窓を作ります。

ファイルをダンボールに入る大きさに切り、中から貼りつけます。実際によくある透明もよいですが、中身がよく見えない半透明や色付きも盛り上がります。

9.最後に上面をガムテープで止めて完成です。

38 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版