就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】昔ながらの雰囲気に包まれ釣り体験「つりぼり金ちゃん」

【東京】昔ながらの雰囲気に包まれ釣り体験「つりぼり金ちゃん」

江戸川区篠崎町。この町には子どもやお年寄り、主婦、サラリーマン…、さまざまな人が日々の生活を営む、穏やかな時間が流れています。そんなゆったりとした町に佇む「つりぼり金ちゃん」。「篠崎町」という町も、「つりぼり金ちゃん」というお店も、店主の雰囲気も、とにかくすべてが温かい。今回はそんな温かさをご紹介。

「つりぼり金ちゃん」についてご紹介

地元の方々に愛される、古きよき釣り堀です

江戸川区篠崎町にある「つりぼり金ちゃん」。外観からは「昔ながら」という言葉がぴったりの雰囲気を感じ取ることができます。それもそのはず、「つりぼり金ちゃん」は、創業44年という長い歴史を歩んできた老舗です。

篠崎町という町で長いときを過ごしてきた「つりぼり金ちゃん」で、温かみのある空気に包まれながら、釣りの体験をすることができます。

客層は、家族連れが多いです。平日は比較的空いていますが、土日は平日の2倍くらいのお客さんが来店します。特に日曜の13:00〜16:00は混雑のピークなので、避けた方がよさそう。おすすめはやっぱり平日。ゆったりと釣りを楽しむことができます。

実際に釣り堀に挑戦してみました!

まずは釣り堀メニューのご紹介

「つりぼり金ちゃん」では、コイ釣りや金魚釣りができます。料金表に「金魚すくい」と書かれていますが、常時やっているわけではないのでご注意を。

料金表の上二つに記載されている「オヤコ」は、子どもと一緒に釣り堀をする方のためのメニューになります。小さなお子さんや釣りが初めてのお子さんをお連れの場合には、こちらがおすすめなのだそう。

「つりぼり金ちゃん」では、釣りに必要なものはすべてレンタルできます。特別に何か用意する必要がないので、気軽に足を運べます。

いざ、コイ釣りにチャレンジ

最初に釣りに必要なものをレンタルします

メニューを選んだら、お店の方から釣りに使うタオルとエサを受け取ります。タオルは、釣った魚から針を外す際に使用します。

エサは、「コイのエサ」と「ソーセージ」。「え、ソーセージ?」と思った方、私も驚きました(笑)大丈夫、ソーセージで釣れます。またミミズのような虫がエサとして使われていないことも、嬉しいポイントです。

次に釣竿を選びましょう。釣竿は、かたさによって「やわらかめ」「中間」「かため」の三種類に分かれています。子どもにおすすめなのは「中間」のかたさだそうです。

お店の方が「やわらかめの釣竿で釣ると面白いよ」とおっしゃっていたので、私はつい「やわらかめ」を選んでしまいました(笑)

これで準備万端!さっそく釣りましょう

エサとして「コイのエサ」を使用する場合は、適量のエサを丸めて針先につけます。

「ソーセージ」を使用する場合は、ソーセージの先端の方に針を通します。ちなみにこのようなエサのつけ方を「ちょん掛け」と呼ぶそうです。「ちょん掛け」をせずに、ソーセージの真ん中に針をつけてしまうと、なぜか釣れないそう。

エサをつけたら生簀に入れて、「アタリ(魚がエサを触っているという信号)」を待ちます。

よい「アタリ」が出たら、すぐに「アワセル(アタリに対して竿を引き上げ、針をかける動作のこと)」のがポイント。エサをパクッとした魚の口に、針を引っ掛けるようなイメージです。

魚がかかったら、竿で無理に引き上げようとせずに、網ですくいます。

57 件

ライター紹介

関口 栄理

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事