就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

早生まれの人の厄年っていつなのか?厄年の計算方法と豆知識や注意点

早生まれの人の厄年っていつなのか?厄年の計算方法と豆知識や注意点

初詣で厄年の年齢を書いた看板を見て、厄払いは、やった方がよいものなのかな?と思ったり、同級生が厄年の話をしていると、早生まれは今年なのかな?と思ったりしませんか?厄年は、なんとなくわるいイメージがありますが、実際どうなのでしょうか?厄年について知り、厄年をどう乗り切るかを考えてみましょう。

早生まれの人の厄年について知ろう!

早生まれの厄年っていつ?

厄年に対しては、何となくわるい年のイメージを持っている人は多いことでしょう。厄年とは、厄災が多く降りかかるとされている年齢です。体調の変化があったり、社会的な役目が変わる時期だったりするため、忌み慎んで生活しなさい、という教えがあります。

平安時代には存在していて、今の厄年の年齢が定まったのは、江戸時代だといわれています。陰陽道が由来ではないかといわれていますが、その真偽は謎です。

同級生が「今年は厄年だね」というと、早生まれの自分はどうなのかが気になりますね。厄年は数え年で考えるため、同級生の早生まれと遅生まれでは、1年ずれてやってきます。

数え年とは、生まれたときを1歳とし、お正月になると1歳年齢が足される数え方です。1月1日生まれは、翌年の1月1日に2歳になりますが、12月31日生まれは、翌日1月1日に2歳になります。

それに対して満年齢というのは、普段使っている、生まれた日を0歳とし誕生日になると1歳年齢が足される数え方です。もう少し詳しくいうと、年齢が足されるのは、誕生日の前日の24時0分0秒です。

新暦と旧暦で厄年が変わる!

実は厄年は、新暦で考えるのか旧暦で考えるのかによって変わります。新暦は、普段使っている1月1日から12月31日を1年とするものです。しかし旧暦のお正月は立春の前後になります。立春の始まりは2月4日ですので、旧暦の場合2月4日~2月3日を1年として考えます。

旧暦になると、数え年の定義「お正月になると1歳年齢が足される数え方」の「お正月」が2月4日になります。2月4日生まれは、翌年の2月4日に2歳になりますが、2月3日生まれは、翌日の2月4日に2歳になります。

つまり、新暦か旧暦かで、1月1日から2月3日生まれの人の厄年が1年ずれることになります。その時期に誕生日を迎える人にとっては、特に重要ですね。

現在、厄年をどちらの暦で考えるかは、自分の判断ではなく、地域や神社・お寺の決まりに従って考えるのが一般的ます。また、ほとんどが数え年で考える中、満年齢で行うところもあるので、その点も確認が必要です。

厄除け・厄払いを考えている場合は、自分が行く神社やお寺が、どのように決めているかを確認することから始めましょう。

厄年や厄払いに関する豆知識3つ

男女で違う厄年と数え方について

厄年とは具体的にいつなのでしょうか?厄年は「前厄」「本厄」「後厄」があり、年齢も回数も、男女では異なります。前厄は、厄年の前兆が現れる年で、後厄は、厄年の余韻がまだある時期なので、この3年間を、気をつけなければならない年と考えましょう。

【男性】
前厄24歳・本厄25歳・後厄26歳
前厄41歳・本厄42歳・後厄43歳
前厄60歳・本厄61歳・後厄62歳

【女性】
前厄18歳・本厄19歳・後厄20歳
前厄32歳・本厄33歳・後厄34歳
前厄36歳・本厄37歳・後厄38歳
前厄60歳・本厄61歳・後厄62歳

この中でも、男性の42歳と女性の33歳は「大厄」と呼ばれ、厄年の中でも、一番注意しなければならない年齢とされています。

厄除けと厄払いの違いとは?

厄年の祈祷に「厄除け」「厄払い」と二つの言葉がありますが、どういった違いがあるのでしょうか?

「厄除け」「厄払い」と、言葉は違いますが、意味は同じです。厄年の祈祷は、神社でもお寺でもお願いすることができますが、その際の名称が、神社では「厄払い」お寺では「厄除け」となっているのです。

どちらでどう呼ばれるのか、忘れてしまいそうですね。でも大丈夫。お寺だと「厄除け大師」という名前を聞きますね。名称として掲げているのですから、当然「厄除け」です。神社は、お祓いをする場所ですから「厄払い」と考えれば、分かりやすいですね。

お寺の場合、厄除けができる宗派は限られているので、祈祷を行っているのかの確認もしましょう。

厄年のとき、妊娠や出産は大丈夫?

厄年に妊娠出産をすることに対して、不安に思っている人もいることでしょう。

神社の考えでは、厄年の由来を考えると大丈夫とのことです。厄年は、体調や生活の変化がもとになったものだといわれています。妊娠できる環境が整い、昔ならば出産していた年齢の19歳。そして子育てが一段落する頃が33歳。子が独立し、新たな人生の門手にたつ37歳など、そんな節目にお祓いをはじめたといわれています。

また「厄年に男の子をもうけるとよい」ともいわれます。厄年の出産は、厄払いになるというのです。この考えにしたがえば、むしろ厄年に妊娠出産をした方がよいということになりますね。

そして、統計学的には、妊娠出産と厄年の関係は無いといわれています。

厄年の早生まれ対象者が注意すべきこと

自分の厄年をしっかりと把握しておく

まず、自分の厄年をしっかり把握しておくことが大切です。厄払いは1年中お願いすることはできますが(神社やお寺に確認が必要です)その年のことなので、年の初めにやらないと、あまり意味の無いものになってしまいますね。

毎年初詣に行く神社でお祓いをしてもらう場合は、おそらく、お参りの列に並んでいるときに看板などに大きく書かれた「厄年」を見るでしょう。それを覚えておけばよいだけです。記憶にないようでしたら、次回行くときに意識してみてください。

定期的に行く神社やお寺が無い場合は、まず、厄払いや厄除けに行く場所を考え、そこの厄年の基準を確認しましょう。

早生まれの場合、同学年の人が話題にする時期と1年ずれての厄年になるので、自分で把握しておいた方が安心です。

厄年には避けたほうがよい行動

厄年には、転職、結婚、引っ越し、新居、出産を避けた方がよいといいますが、先ほど書いたように、出産は厄払いになるともいいます。

厄年を気にしすぎてずらそうとすると、大事なタイミングを逃してしまうかもしれません。あまり気にしすぎず、人生の大事なことはよいタイミングで行うのも大切なことです。

また、すべてを厄年のせいにすることはやめましょう。ネガティブな考えが不幸につながってしまうこともあります。

どうしても厄年が気になる人は、悩んでいないで、厄払いをして安心感を得るのもよいですね。大きなわるいことが無ければ、厄払いのおかげと思い、もしもわるいことがあれば、厄払いのおかげでこの程度で済んだ、と思うことで前向きになれると思いませんか?

厄払いの時期を確認しておこう!

厄払いにベストなタイミングは、年明けすぐです。というのは、なにかを始める前に、厄払いをした方がよいからです。

しかし初詣で厄払いをする人は多いので、混雑します。一般的に、厄除けは節分までとされているので、それまでに行きましょう。また地域により例外があるので、事前に確認することをおすすめします。誕生日の1カ月前という地域もあるので、1月生まれの人は特に注意が必要です。

喪中のときは、神社での厄除けはできません。「死は穢れである」という神道の考えにより、神社では、不幸より50日は参拝も避けるのがマナーです。

時期を過ぎてしまっても、厄払いは1年中できます。厄払いをしておけばよかった、と思いたったら、神社やお寺に問い合わせてみましょう。

まとめ

厄払いは、前厄・本厄・後厄の3回行うのが一般的です。しかし、後厄が一番厄が強いともいわれるので、本厄・後厄の2回行う人もいれば、本厄のみの人もいます。

厄年をどう乗り切るかは、本人の自由です。厄年について知った上で、自分にとってのベストを考えるとよいでしょう。

厄除けにより安心感を得ることもできます。神社やお寺に行ってまでやるのは気がひける場合、塩を使ったものなど、自分でできる厄除けもあるようです。気にしないのが一番という考えもあります。いずれにしても、自分が前向きに過ごせることが一番ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018