就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠祝いの必要性は?贈る場合のマナーと注意点や人気のプレゼント

妊娠祝いの必要性は?贈る場合のマナーと注意点や人気のプレゼント

親しい人から妊娠報告を受けると、妊娠祝いを渡してお祝いの気持ちを伝えたいと思いますよね。しかし、まだ無事の出産を終えた訳でないため、出産後に祝う方がよいのではないかと迷うこともあるでしょう。今回は、妊娠祝いの必要性や、渡す場合の金額の相場などのマナーと注意点、喜ばれるプレゼントについて紹介します。

妊娠祝いは渡す?それぞれの意見と渡す時期

妊娠祝いを「渡す派」の意見は?

赤ちゃんが生まれると出産祝いを贈りますが、最近では妊娠の報告を受けて妊娠祝いを贈る人も増えています。アメリカで始まった「ベビーシャワー」は、ママの妊娠を祝うパーティーですが、こうした風習が日本でも広まりつつありますよ。

妊娠祝いを贈る人は「赤ちゃんを授かったことをお祝いしたい!」という気持ちでいっぱいです。赤ちゃんが欲しいと思ってすぐに授かる人もいれば、欲しいと思ってもなかなか授かることができない人もいます。

身近な関係なら事情を理解しているので「妊娠したことをお祝いしたい!」「妊娠期を応援したい!」という気持ちになるでしょう。精神的にも不安定になりがちな妊娠期を、明るく過ごせるようにベビーシャワーなどで妊娠を祝うのもよいですね。

妊娠祝いを「渡さない派」の意見は?

妊娠祝いを渡さない方がよいと思う人は「万が一のことを考えてしまうから」という意見が多いそうです。妊娠は喜ばしいことですが、必ずしも元気な赤ちゃんが生まれるとは限りませんよね。

もし赤ちゃんに万が一のことが起こってしまったら、先にお祝いを渡すと妊娠中のママをいっそう悲しませてしまうかもしれないという不安がよぎるのです。ですから、無事に赤ちゃんが生まれてから「出産祝い」を贈ろうと考える人も多いのです。

以前に流産を経験している妊婦さんなら、渡された妊娠祝いがプレッシャーになってしまうことがあるかもしれません。早くお祝いをしたいと思っても、妊婦さんの気持ちを一番に考えるようにしましょう。そっと見守ることが大切ですよ。

お祝いを渡す時期はいつがよい?

妊娠祝いを渡すことに決めても、渡す時期はいつがよいのか迷いますよね。妊娠祝いを渡すのに、はっきりと決まった期限はありません。相手の様子を見ながらタイミングを決めるのがよいでしょう。

妊娠が分かる2~3カ月ごろは、ママの体が変化し始めます。そのため、つわりで辛くなるママも多く、食べ物を見るだけでも吐き気がしてしまうこともあります。体調が悪いと気分も沈み、不安になりがちです。この時期に、元気づけようと妊娠祝いを渡しても、周りからのプレッシャーがストレスにもなりかねません。

妊娠5~7カ月ごろになると、一般的に安定期と呼ばれる時期になり体調も落ち着いてくることが多いです。お祝いを渡すならこのころがよいでしょう。

妊娠祝いのメッセージの参考例と注意点

お祝いメッセージはシンプルで簡潔に

妊娠祝いの品物に、メッセージを添えると気持ちが伝わりやすいですよ。しかし、いくら仲がよくても、長々とした手紙は控えるようにしましょう。妊娠期は、気持ちが不安定になりがちです。普段は何も感じないような言葉でも、ネガティブに捉えてしまい、ママが不安な気持ちを抱いてしまうことがあります。

お祝いのメッセージは「おめでとう!」の言葉だけでも十分です。贈り物に添えればきっと喜んでもらえるでしょう。もう少し書き足したい場合は、相手の体を気遣った言葉を選ぶとよいですよ。

妊娠期はお腹が重くなり、何かと大変なことが増えるものです。メッセージには「体を大切に」という内容の言葉を添え、ポイントを押さえてシンプルな内容を心掛けましょう。

お祝いメッセージで避けたい言葉

メッセージには、素直に妊娠したことに対するお祝いの言葉を使いましょう。目上の人に対してなら「ご懐妊おめでとうございます!」という表現も丁寧でよい印象になりますよ。

妊娠の期間は10カ月程度と長いですが、予定日より随分早く生まれることや、悲しい結果になる場合もあります。妊娠祝いのメッセージには「赤ちゃんが男の子か女の子か」という性別のことや、「元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみに」という言葉は控えたほうがよいでしょう。もしもの場合のために「赤ちゃんが生まれたら」という未来のことは書かないほうが無難です。

また「流れる」「落ちる」「消える」など流産や死産を連想するような言葉は使わないように気をつけましょう。

妊娠報告を受けたときのお返事参考例

妊娠の報告を受けたらどのように返事をすればよいか戸惑うこともあるでしょう。まずは、お祝いの気持ちを伝えて、相手をいたわる言葉を添えましょう。関係ごとに、お返事の例を紹介しますので参考にしてくださいね。

・友達から妊娠報告を受けたとき
妊娠おめでとう!私もとっても嬉しい気持ちでいっぱいだよ!無理をしないようゆっくり過ごしてね。

・上司や先輩から妊娠報告を受けたとき
ご懐妊おめでとうございます!心からお喜び申し上げます。どうぞお体を大切にお過ごしくださいませ。

・2人目の妊娠報告を受けたとき
妊娠おめでとうございます!〇〇ちゃんがお兄ちゃん(お姉ちゃん)になるのですね。私も自分のことのように嬉しいです。体を大切にしてくださいね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版