就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中にうつぶせに寝ても大丈夫?赤ちゃんへの影響と注意すること

妊娠中にうつぶせに寝ても大丈夫?赤ちゃんへの影響と注意すること

妊娠すると大切な赤ちゃんがお腹の中にいるため、うつぶせに寝ることは赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないかと心配するママは多いのではないでしょうか。そこで、妊娠中にうつぶせで寝ることによる影響や注意点について解説します。あわせて、うつぶせ寝が苦しくなったときの対処法についてもご紹介します。

妊娠中にうつぶせで寝ることによる影響は

うつぶせで寝ても赤ちゃんに悪い影響はない

妊娠したことがわかると、喜びとともに不安な気持ちを抱くママは多いのではないでしょうか。そのような不安の一つが、妊娠中のうつぶせ寝です。赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないか心配するママの声をよく耳にします。

しかし、ママがうつぶせで寝ることで赤ちゃんに悪い影響を与えることはありませんので、安心してください。

ママの子宮の中には羊水が入っていて、赤ちゃんを守っています。うつぶせで寝ても羊水が水風船のように横に広がるだけで、赤ちゃんが苦しくなるようなことはありません。

さらに、子宮はママの皮下脂肪で守られています。ママがうつぶせで寝ても、子宮の中の羊水と皮下脂肪がクッションの役割を果たして、お腹の赤ちゃんを守ってくれます。

苦しくなければうつぶせで寝ても大丈夫

妊娠中は、ママがうつぶせで寝る方が楽だと感じるときには、お腹の赤ちゃんのことを心配せずにうつぶせで寝て過ごしましょう。ママが一番寝やすい姿勢で寝ることで、リラックスできます。

私たち人間は寝ている間に苦しい姿勢になると、無意識で体勢を変えるのが普通です。あまり神経質にならずに自分が楽な姿勢で寝ることが、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとってもよいようですよ。

特に、妊娠初期のうちはお腹の膨らみもそれほど大きくなってはいません。妊娠中期でお腹の膨らみが少し目立つころでも、ママが苦しくなければ問題はありません。

ただし、妊娠初期にお腹の張りが続いて気になるようであれば、念のためにかかりつけの産婦人科の先生に相談した方がよいでしょう。

体調に問題なければ長時間のうつぶせもOK

ママの中には、短い時間のうつぶせ寝なら大丈夫でも、長時間うつぶせで寝るのは赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないかと心配する人がいます。しかし、長時間のうつぶせであっても体調に問題がなければお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありませんので、安心してください。

また、長時間のうつぶせ寝は、破水を早めるのではないかと心配するママもいるようです。ママの体重が子宮を押しつけるので、破水を早めてしまうと不安になるのでしょう。

妊娠の初期や中期であれば、うつぶせ寝で破水することはありません。2人目を妊娠中のママの中には「上の子どもがママのお腹に乗っても無事に出産した」という経験をした人は多いのではないでしょうか。

妊娠中にうつぶせで寝る場合の注意点とは

息苦しさや気持ち悪さがあるときはやめる

うつぶせで寝ることがお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えないからといって、息苦しさや気持ち悪さがあるときには、うつぶせで寝ることを控えた方がよいでしょう。

ママの中には、妊娠初期から息苦しさを感じる人がいます。妊娠によりホルモンバランスが変化し、息苦しさやめまいを起こすママは多いようです。うつぶせで寝ることでお腹が圧迫されて血液の循環が悪くなり、息苦しさやめまいを起こすことがあるので注意しましょう。

妊娠中にお腹が圧迫されると気持ちが悪くなるママもいます。特に、つわりなどが原因で気持ち悪さを感じやすくなるママは多いようです。このようなときにうつぶせで寝ると、症状が悪化することがあるので気をつけましょう。

お腹が大きくなってきたらうつぶせは避ける

妊娠20週を過ぎたころになると、ママの身体は安定期に入ってきます。お腹のふくらみも少しずつ大きくなってくるころです。

お腹が大きくなってくると、それまでうつぶせで寝ていたママでもお腹に圧迫を感じて寝苦しくなってくるかもしれません。寝苦しさを感じるようであれば、うつぶせは避けた方がよいでしょう。

お腹が大きくなってくると、うつぶせよりも身体を横向きにして寝た方がぐっすり眠れるというママは多いようです。お腹が大きくなれば、いずれはうつぶせで寝ることは難しくなってきます。

妊娠20週前後になったらその後の身体の負担を考えて、うつぶせは避けるようにしましょう。寝方を変えると最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れるはずです。

エステなどでうつぶせるときは要注意

妊娠前からエステやマッサージを受けていたママの中には、妊娠してからも続けたいと考えている人もいるでしょう。リフレッシュができてよいのですが、妊娠中に施術を受けるときには注意が必要です。

エステやマッサージでは、うつぶせでツボを押したり、リンパを強く刺激したりすることがあります。これらの施術で子宮を収縮させることがあるので、流産などの原因となる恐れもあり危険です。

どうしてもエステやマッサージを受けたいときにはお店に妊娠していることを伝え、可能な施術があるかを確認してから出かけるようにしましょう。一般的には妊娠中は施術を断るお店が多いようです。中には、子宮に影響するツボを避けて施術をしてくれるお店もあります。

うつぶせ寝が苦しくなったときの対処法

妊娠中期以降は「シムスの体位」がおすすめ

妊娠中期以降にうつぶせが苦しくなってきたときには、「シムスの体位」がおすすめです。シムスの体位とは、心臓のある左側を下にして横向きに寝ることをいいます。

シムス体位で寝るときには、まず左足を伸ばします。右足は足の付け根から曲げ、曲げた膝を座布団やクッションの上に乗せましょう。お腹に負担がかからない程度なら、うつぶせ気味になっても構いません。

妊娠中はママが楽だと思える寝方をすることが何より大切ですが、朝起きたときにお腹の張りを感じるようなら、子宮が血管などを圧迫しているかもしれません。

このような場合には、シムス体位をとるようにしましょう。シムス体位で寝ることにより血液の循環がよくなり、リラックス効果を高めてくれます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj