就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】楽しくて、おいしい!“たまご”のテーマパークで工場体験

【愛知】楽しくて、おいしい!“たまご”のテーマパークで工場体験

卵焼きやオムライス、プリンなど、たまごを使ったメニューは子どもたちに大人気!「たまごのがっこう」では、そんな“たまご”について、おいしさの秘密を学んだり、実際に味わったりすることができます。小さな子が遊べる「ごろ寝絵本図書館」もあり、一日中楽しむことができます。

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

たまごについて楽しく学べる複合施設

「タマゴロウ」で有名な中日本の施設です

程よい塩味と半熟加減でおいしい!と大ヒットしているゆで卵「タマゴロウ」を知っていますか?その「タマゴロウ」で有名な中日本株式会社が運営しているのが「たまごのがっこう」です。愛知県豊橋市にあり、名古屋方面からだと東名高速の音羽蒲郡ICから車で約50分で到着します。

ここでは工場体験をはじめ、直売所やレストラン、スイーツ専門店に、子どもたちが遊んで過ごせる図書館まで併設しているのです。

たまごのパック詰めができる工場体験へ

たまごの工場体験は、10時30分からと13時30分からの1日2回開催していて、3日前までに予約が必要となるので、電話もしくはHPのメールフォームでの予約をお忘れなく。

体験はスイーツ専門店「たまごの絵」で受付後、スタッフさんが案内してくれます。まずは、帽子をしっかりかぶってエアシャワーへ。体や服についた汚れを落としてからスタートします!

次に、映像で生卵の工場がどんなことをしているかについて学びます。子どもだけじゃなくて、大人も知らなかった知識に「そうなんだ!」と興味津々!

映像の後に向かったのは、この薄暗い部屋。ここでは、たまごの検品を体験できます。

産まれたすべてのたまごがスーパーや直売所に並ぶわけではありません。繊細な商品だからこそ、工場では細かく検査され、合格したたまごと不合格のたまごに分けられていきます。

では実際にどんな感じでチェックされるのでしょうか?

工場体験では、このようにライトを直接当てて光に透かすことで、キズがないか、割れていないかなどの確認体験ができます!こちらは、きれいなたまご。キズが入っていると…。

光に照らされてはっきりと見えるんですね!ほかにも、汚れがついたもの、血玉のあるものなども見比べることができますよ。

嬉しいたまごパックのお持ち帰り付き!

そして、最後はたまごのパック詰め体験です。

たくさんあるたまごの中から、4個を選んでパックに並べます。ちなみに、たまごの殻の濃さによって味や栄養に違いはなく、たまごを産む鶏の個体差によるものなのだとか。ぜひ、色の濃いものと薄いもの両方を詰めて、お家で食べ比べをしてみてくださいね。

たまごを並べたら、一緒にもらえる修了証書のシールに名前を書いてパックに貼ります。そして、パック詰めの機械へセット。

あっという間にパックの蓋が閉じられて、自分だけのたまごパックが完成しました!もちろん、こちらはお土産として持ち帰ることができます。

体験料は100円。2歳以下は無料ですが、たまごパック詰め体験と、できあがったたまご4個入りのパックの持ち帰りはありません。希望があれば有料でパック詰め体験と持ち帰りができるので、申し込み時に事前に伝えましょう。

親子で一日中楽しめる施設がいっぱい!

直売所&バイキングレストラン

「ばぁば‘Sつくりかたごはん」は、地元の“ばぁば”による家庭料理の味を伝えるレストラン。“ばぁば”が作ったごはんをバイキング形式で楽しむことができます。

もちろん、中日本の新鮮なたまごを使った料理がたくさん!たまごかけごはん食べ放題のモーニングは大人500円・3歳以上の未就学児300円、お惣菜とデザートバイキングが楽しめるランチは大人1480円、小学生750円、3歳以上の未就学児380円です。

さらに同じ建物内に「ばぁば‘S直売コーナー」があります。特に味付きゆで卵の「タマゴロウ」や、製造過程で少しだけキズがついてしまったお得な「キズゴロウ」が大人気!

午前中で売り切れてしまうこともあるので、早めの来店がおすすめですよ。

スイーツ専門店「たまごの絵」

「たまごの絵」、では新鮮なたまごを使ったおやつを毎日作っています。たまごだけでなく、国産の牛乳やバター、純生クリームを使用するなど、厳選した素材を使っているのです。また、はちみつや保存料などを使っていないので小さな子どもでも安心して食べられますね。

名物の「ふわもこロール」1本1,004円は、たまご・小麦粉・砂糖だけで作ったふわふわのスポンジがポイント。素材の味がしっかりと感じられるので、クリームは少なめ。甘過ぎず、絶妙なバランスです。イートインスペースでは1カット270円で味わうこともできます。

また、新鮮たまごと牛乳をたっぷり使用した「たまごちゃんぷりん」248円も人気。カラメルが入っていないキッズ用もあるのが嬉しいですね。

無料で利用できる「ごろ寝絵本図書館」

「ぱぱ&ままガーデン」は、妊婦さんや小さな子のいるママやパパが気軽に利用できる「ごろ寝絵本図書館」です。

“図書館”といっても、遊具のあるキッズスペースを併設しているので、子どもが走ったり、赤ちゃんが泣いたりしても大丈夫!賑やかに過ごすことができます。

さらにメール会員に登録すると、無料で絵本の貸出も利用することができます。

また、授乳やおむつ交換ができる「授乳室」も完備されているのも安心ですね。

「たまごのがっこう」へのアクセス

車でお越しになる方

名古屋方面からお越しの場合、東名高速道路音羽蒲郡ICから国道1号線を通って約50分

静岡方面からお越しの場合、東名高速道路浜松ICから国道1号線を通って約1時間

公共交通機関でお越しになる方

JR東海道本線二川駅南口から約1.3㎞(徒歩約20分)

近くには「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」があり、そこから徒歩約6分

まとめ

工場体験で学んだおいしいたまごを、ランチやおやつで味わうことができる、まさに“たまご”のテーマパーク!一日中、楽しみながら過ごすことができます。また、子どもにとっても身近な食材なので、親しみやすいですよね。

「ごろ寝絵本図書館」もあるので、子どもが退屈してしまったり、疲れてしまったときにも安心。絵本や遊具で遊ばせてあげることができます。お母さん同士のコミュニケーションの場としても最適!週末のおでかけにいかがですか?

たまごのがっこう

愛知県豊橋市大岩町字車田31-1

0532-41-1276

10:00~16:00(施設により異なる)※工場体験/10:30~、13:30~(3日前までに要予約)

月(祝日の場合は翌日)

3歳~

工場体験:100円※2歳以下は無料(たまごのパック詰め体験・たまごパックの持ち帰りなし)

http://www.tamagoro.co.jp/gakko.html

ベビーカー入場可、駐車場あり、授乳室あり、おむつ交換台あり、自動販売機あり、売店あり

ライター紹介

松田 支信

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj