就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後お腹にできるたるみやしわ。原因や元に戻すエクササイズを紹介

出産後お腹にできるたるみやしわ。原因や元に戻すエクササイズを紹介

出産後ある程度身体が回復したころ、鏡でお腹を見て「たるみが!」「しわが!」と、驚いたり嘆いたりするママは多いようです。たるみやしわをどうにかしたいなら、それぞれの原因に沿った対応が必要です。今回は産後のお腹に注目して、たるみやしわなどができる原因とその対策法をご紹介します。

産後ママのお腹にできるたるみやしわの原因

子宮の収縮とともにお腹は元に戻っていく

赤ちゃんを産んだ直後、ママのお腹はすぐに小さくなるわけではありません。「お腹にいた赤ちゃんや胎盤が外に出たのだから、風船のようにしぼむのでは?」とイメージしがちですが、お腹が元に戻るには数日かかります。

お腹がすぐに戻らないのは、子宮が大きいままだからです。子宮は数日かけてゆっくりと収縮していき、元のサイズに戻ります。子宮の収縮とともに、お腹の大きさも元に戻っていくのです。

子宮が収縮するとき、はじめの数日間は強い痛みをともないます。腹部の痛みであることから「産後陣痛」とも呼ばれます。

乳首への刺激が子宮の収縮を促すため、赤ちゃんにおっぱいをあげるときに産後陣痛を強く感じるママが多いようです。

出産後にできるたるみやしわしわの原因とは

産後に元の大きさにお腹が戻ったとき、思わずぎょっとするママ、実は多いようです。あるママは「皮膚が余ったようにしわしわになってしまった!」のだとか。

皮膚がしわしわになる原因は、妊娠中にお腹が大きくなるのにともない、皮膚が伸びるためです。産後、お腹は元の大きさに戻りますが皮膚はその収縮についていけず、余ってしわしわになるのです。

風船を大きく割れそうなほど膨らませたとき、ゴムが伸びますね。風船の空気を抜くことでゴムがしわしわになるのと同じ理屈です。

しわしわなお腹を見るとショックを受けますが、正しくケアすることできちんと改善します。大切なのは保湿ケアです。急ぐ必要はないので、ママの体力が戻ってからしっかり行いましょう。

出産後にできるぶよぶよお腹の原因とは

出産後の悩みはしわしわお腹だけではありません。「ぶよぶよになって、まるで浮き輪がついたようになってしまった…」と嘆くママも少なくないようです。

ぶよぶよお腹の原因は、しわしわお腹同様皮膚が余ることに加えて、脂肪細胞が膨らんでしまうことも影響します。脂肪細胞は妊娠中の食べすぎなどにより膨らみ、この膨らんだ脂肪細胞が重力によって下がり、余った皮膚にたまって輪っかのようになるのです。

産後のぶよぶよお腹の改善は、しわしわお腹改善よりも手ごわいです。食習慣を改めたり、エクササイズで引き締めたりする必要があります。また骨盤矯正も効果的です。

すぐにでも始めたくなりますが、エクササイズは必ずママの身体が回復してから行ってください。

産後ママのお腹の正中線や妊娠線などのケア

正中線は出産後徐々に消えていく

産後のママのお腹に関する悩みは、しわしわお腹やぶよぶよお腹だけではありません。皮膚の表面に現れる変化、例えば正中線や妊娠線に悩むママも少なくないです。

正中線(せいちゅうせん)とはお腹の真ん中あたりにできる縦線です。実は見えていないだけで、妊婦でなくても、人には生まれながらに正中線があります。妊娠してお腹が大きくなるとお腹の皮膚が薄くなり、正中線が見えるようになるのです。

またホルモンバランスの変化でメラニン色素が蓄積しやすくなることも、正中線が濃く目立ちやすくなる原因になります。

正中線は通常、出産後半年から1年かけて薄くなり、ほぼ目立たなくなります。早く、きちんと消したいママは、妊娠クリームなどで保湿ケアすることをおすすめします。

妊娠線は妊娠中から保湿クリームなどで予防

妊娠線も出産前後にお腹に現れるママの悩みの一つです。妊娠線は肉割れのことで、お腹が大きくなるときに発生しやすくなります。

妊娠線はできてしまうと完全には治りません。そのため予防が大切です。予防はクリームやオイルを使った保湿が効果的で、つわりが治まる妊娠中期ごろから開始するとよいですよ。

保湿をすることで肌の柔軟性や抵抗力が高まり、妊娠線ができにくくなります。クリームは普通の保湿剤でもよいですが、妊娠線専用のものが効果が高いのでおすすめです。

もしできてしまっても、産後の保湿ケアを続ければ1年くらいで見てわからないくらい目立たなくすることができます。「頑張って予防!」と、ストレスになるほど気をつけなくても大丈夫ですよ。

黒ずみや乾燥のかゆみも保湿でケア

妊娠すると、へそ周りや乳首周辺が黒ずみやすくなります。この黒ずみは妊娠によるホルモン分泌量の変化により、色素沈着が起こりやすくなるためです。

黒ずみは産後もしばらく残ることがありますが、時間とともに薄くなっていくので心配ありません。早く改善するには保湿ケアが有効です。

妊娠中によくある、別のお腹の肌トラブルが、乾燥やかゆみです。これもホルモン変化、またストレスなどが原因になります。

乾燥やかゆみがひどくなると無意識にかきむしってしまいます。かくとさらにかゆみを誘発するので注意が必要です。

乾燥やかゆみの予防にも保湿ケアが重要です。また栄養バランスを考えた規則正しい食生活で、体の内側から肌の調子を整えることも有効ですよ。

妊娠前のママのお腹に戻すエクササイズ

エクササイズは産後7~8週間過ぎてから

保湿は産前産後のきれいなお腹のために欠かせないケアですが、産後のぶよぶよお腹の改善には保湿に加えてエクササイズが効果的です。ただし、エクササイズを行うのは産後7~8週間を過ぎてからにしましょう。

ママの身体が元に戻っていない産後すぐにエクササイズを行うと、かえって体調不良を引き起こす原因になります。まずは出血が落ち着く産後1カ月過ぎたころに、お医者さんのOKをもらってから軽い運動を開始してください。

はじめは家の周りを歩くなど、軽いお散歩程度から少しずつ動きましょう。その後も産後7~8週間までは、少しずつ動く量を増やしていきます。7~8週間を過ぎたくらいから無理のないエクササイズを続け、ぶよぶよお腹改善を目指しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事