就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪・池田】世界に一つのカップヌードル作り「カップヌードルミュージアム 大阪池田」

【大阪・池田】世界に一つのカップヌードル作り「カップヌードルミュージアム 大阪池田」

皆さんはカップヌードルの起源をご存知ですか?今回はインスタントラーメン発祥の地、大阪池田にある「カップヌードルミュージアム」へ取材に行ってきました。ここではなんと、あのおなじみのカップヌードルを自分でデザインして作ることができるのです。では館内を探検してみましょう!

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

子どもも喜ぶ仕かけがたくさん!

1958年日清食品の創業者、安藤百福(あんどうももふく)によって生み出されたインスタントラーメン。このミュージアムではインスタントラーメン誕生の歴史を知るだけではなく、発明の知恵を知ることで創造力も一緒に育むことができるでしょう。

館内情報・入館料

「カップヌードルミュージアム」は2階建てになっています。館内はベビーカーでもまわりやすいようにゆったりしており、エレベーターも利用できます。授乳室やおむつ交換台は1階の入り口からまっすぐ奥に進んだ場所にあるトイレに設置されていました。

入館料はなんと無料!気軽に立ち寄ることができますね。

インスタントラーメンの歴史トンネル

エントランスホールを抜けると、インスタントラーメン物語の始まりです。まずはあたり一面にずらりと並ぶラーメンに目を奪われます。ここには日清食品の創業から現在までの歴代の製品パッケージが時系列に展示されています。

お気に入りのラーメン探しをしてみてください。同時に、いつの時代にリリースされたのかも知ることができます。

発明者の足跡を一緒にたどろう


こちらはインストラーメンがどのように進化していったか、どうやって人気を不動のものにしたのかなど、ラーメンの歴史を紹介しながら発明者の知恵もシェアしています。

壁にはこのようにいくつもの扉が設置されており、これを開くと…

発明の知恵の答えがこの扉をあけると知ることができるという仕組みです。絵や模型、映像などを交えながら楽しく進化していくインスタントラーメンの歴史をたどることができますね。

インスタントラーメンに関するクイズコーナーも。正解できるかな…?

オリジナルのカップヌードルを作ろう

1階の奥に進むと、このミュージアムの醍醐味でもあるオリジナルカップヌードル作りの体験エリアです。ここでは自分でカップに絵をかいたり、スープと具材を選んで完全に自分だけのオリジナルカップヌードルを作ることができるんです。

予約は必要ありません。訪れた人から順番にスタッフさんが誘導してくれます。混雑時には待ち時間が発生したり、受付を早めに終了することがあるので、カップヌードル作りを体験したい方は早めの来館がおすすめです。

親子で一緒に楽しもう

小学生なら一人で完成までチャレンジしてみてください。小さい子どもは、パパやママと一緒に体験してみるとよいでしょう。

まずは販売機で専用のカップを買います。1カップ300円で販売しています。そのあと手をしっかり消毒して、カップのデザインにとりかかります。

色を付けるだけでもよいですし、自分で好きな絵をかくのもよいでしょう。色ペンは各テーブルに設置されています。

いろんな色を使って可愛く仕上げてくださいね。

カップへのデザインが終わったら、前方にあるトッピングカウンターで仕上げていきます。

スタッフさんにカップを渡して、ハンドルをぐるぐる回してカップに麺をセットします。手が届かない子は、パパやママに抱っこしてもらって回していましたよ。

それからスープや具材を決めていきます。スープの味はしょうゆ、シーフード、カレー、チリトマトの4種類から選べます。具材は12種類の中から4つ選ぶことができます。ミュージアムならではのトッピングもあるので、ぜひチェックしてみてください。

味の組み合わせは、なんと5,460通り!

そのあとにフタをして、フィルム包装されたあと持ち帰り用のエアパッケージに入れて完成です!エアパッケージにヒモを通して肩から吊り下げることができます。荷物になる心配もありません。

※賞味期限は1か月です。早めにお召し上がりくださいね。

ものづくり体験デビューにおすすめ

何かを作るというのは小さい子どもには難しいように感じますが、マイカップヌードルづくりなら親子で協力して作ることができ、作業もシンプルなのでものづくりが初めての子どもにもおすすめです。

自分で作ったものを持って帰ることができるのも嬉しいポイントですね。そして、食べる楽しみもあります。二度楽しめるものづくり。ぜひトライしてみてください!

「カップヌードルミュージアム 大阪池田」へのアクセス

交通機関を利用される方

阪急宝塚線「池田駅」から徒歩約5分です。梅田から電車で20分ほどと、非常にアクセスのよい場所にあります。

車でお越しになる方

名神京都・吹田方面 (近畿道含む) からお越しの場合、中国道 豊中ICから15分

中国道 宝塚方面からお越しの場合、中国道 池田ICから15分

阪神高速 (大阪市内) からお越しの場合、阪神高速11号池田線 延伸線川西小花 出口から10分


ミュージアム横の駐車場には、23台駐車可能です。料金は60分300円です。

※満車の場合は近隣のコインパーキングを案内してくれます

まとめ

カップヌードル作りは、作る工程を間近で見ることができるのがとてもよいなと思いました。そしてデザインや麺をセットする作業などを体験することで、ものづくりの楽しさを子どもから大人まで実感できることでしょう。

2階では「チキンラーメンファクトリー」といって、チキンラーメンの麺の元になる小麦粉を手でこねるところから作る本格的な手作り体験も行われています。(予約制)こちらは小学生以上が対象ですので、小学生になったらぜひ予約して体験してみてください。

まずは、世界に一つだけのオリジナルカップヌードルを作ってみてはいかがでしょう。

カップヌードルミュージアム大阪池田(かっぷぬーどるみゅーじあむおおさかいけだ)

大阪府池田市満寿美町8-25

072-752-3484

9:30 〜 16:30 (入館は15:30まで)

火(祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始

0歳~

無料(館内一部有料)

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/osaka_ikeda/

ベビーカー入場可、おむつ交換台、駐車場、授乳室有り

ライター紹介

迫間 恵

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR