就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】クリスマススイーツをお土産に「自由が丘スイーツフォレスト」

【東京】クリスマススイーツをお土産に「自由が丘スイーツフォレスト」

2018年11月3日~12月25日まで開催している「自由が丘スイーツフォレスト」のクリスマス限定イベント「ハートフル・スイーツクリスマス2018」に行ってきました。スーパーパティシエが作るクリスマス限定スイーツは味はもちろん見た目も楽しくなるものばかりで、クリスマスを華やかに彩ります。取材したこの日は巨大クリスマスツリーの点灯式が開催されたのでレポートいたします!

地元に愛される「自由が丘スイーツフォレスト」

さりげない毎日をスイーツで特別な時間に

2003年11月にオープンした「自由が丘スイーツフォレスト」は、日本初のスイーツのテーマパーク。オープン当時はメディアで話題になったことを覚えています。場所は東急東横線「自由が丘」駅から徒歩5分の位置にあり、アクセスも便利です。

「自由が丘スイーツフォレスト」の特徴はなんといってもスーパーパティシエたちが目の前で作る魔法のようなスイーツ。クリスマスだけではなく春夏秋冬、季節に合わせた限定スイーツが楽しめます。

2018年11月3日~12月25日までのクリスマス限定イベント「ハートフル・スイーツクリスマス2018」では、スイーツだけではなく、「クリスマスの絵本よみきかせ」や「クリスマスコンサート」などのイベントも開催されるのでそれに合わせて子どもと遊びに行くのもいいですね。

スイーツをお土産にママ友との憩いの場

「自由が丘スイーツフォレスト」ではスイーツを手土産として購入することもできますが、その場で食べられるように席が用意されています。それもあって、自由が丘近辺にお住まいのママたちの憩いの場としても利用され、地元に馴染んで愛されています。

席は園内や外のテラス席を含めて全部で約100席あります。

混雑する時間帯は時期的なこともありますが、ティータイム(14~17時ごろ)は利用される方が多くなります。子ども用の椅子や取り皿は用意されており、必要があればミルクを溶かすお湯も準備してくれるので、子連れママに優しいですね。

2019年で15周年を迎えるという「自由が丘スイーツフォレスト」。記念すべき日に向けて色々な仕掛けを準備しているそうで、来年が楽しみです。

光輝くクリスマスツリーと子どもたちの歌

オーナーとパティシエの小田さんのご挨拶

取材した日には店頭にある4mもの大きなモミの木で作られたクリスマスツリーの点灯式が行われました。このモミの木は環境への配慮もされており、イベント終了後には森に還すそうです。

点灯式では「自由が丘スイーツフォレスト」のオーナーである岡田さんとベリースイーツ専門店「ベリーベリー」の小田さんがご登場。クリスマスの願いと15周年を迎えるにあたっての想いを話されました。

若草幼稚園の子どもたちがクリスマスを歌う

挨拶の次は自由が丘にある若草幼稚園に通う子どもたちがクリスマスソングをお披露目。歌う子どもたちと我が子を応援するママの姿はとても感動的でした。

クリスマスツリーが光輝く

いよいよクリスマスツリーに光が灯すときがかました。カウントダウンが始まり点灯の瞬間を写真に抑えようとカメラを向ける。何かドキドキしますね。

「3…」

「2…」

「1…」

点灯!

夜の自由が丘にクリスマスツリーが光輝きます。会場では拍手が鳴り響きクリスマスの訪れを祝福します。

56 件

ライター紹介

宮本 将弘

ピックアップ記事

関連記事