就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

きのこ嫌いさんも食べやすい!ふわふわ卵とベーコンのきのこ炒め

きのこ嫌いさんも食べやすい!ふわふわ卵とベーコンのきのこ炒め

秋の声が聞こえるようになると、食卓にきのこメニューを加えたくなりませんか?スーパーマーケットに行くと、実に様々な種類のきのこを、手軽に入手できるようになりました。ですが、大人、子どもを問わずきのこ嫌いさんが多いのも現実。今回はそんなきのこ嫌いさんにも食べやすいメニューや、克服方法などをご紹介します。

簡単!ふわふわ卵とベーコンのきのこ炒め

ふわふわ卵とベーコンのきのこ炒めの作り方

卵とベーコン、好きな子どもが多いですね。今回はそんな食材にきのこをプラスしました。簡単に作ることができるので、朝ごはんにもおすすめです。

きのこは今回使用したもののほか、マッシュルームやマイタケなど、お好みのものをご利用くださいね。また、ベーコンの代わりにソーセージで作っていただいてもおいしく作ることができますよ。
【材料】    4人分
・ベーコン・・・150g程度
・卵・・・2個
・ホワイトぶなしめじ などお好みのきのこ・・・1株
・サラダオイル・・・大さじ1+少々
・塩・こしょう・・・適宜

① ベーコンは一口大に切っておきます。

② きのこは石づきを取り、一口大に切っておきます。

③ ボールに卵を溶きほぐし、塩、こしょうで味を調えます。サラダオイル大さじ1を入れたフライパンを温めて卵液を流しいれ、半熟になるまで炒め、取り出しておきます。

※このとき、「もう少し火を通したいな」と感じる半熟の段階で取りだしておくことが、ふわふわに仕上げるポイントになります。以下の工程でもう一度炒め合わせることで、完全に火が通りつつも、固くない丁度良い仕上がりになりますよ。

④ ③のフライパンに①のベーコンとサラダオイル少々を入れて火にかけ、弱めの中火で脂を出すようにじっくりと焼きます。

⑤ ベーコンに火が通ったら、②のきのこを加えて2分程度炒め、塩こしょうで味を調えます。

⑥ ③の卵をフライパンに戻して炒め合わせます。

離乳食・幼児食へのアレンジ方法

繊維が多く、あまり消化が良くないきのこは、胃腸の働きが未発達な離乳中期頃までは、消化不良を引き起こすことがあります。

しかし、きのこには、グルタミン酸という昆布と同じうまみ成分を含んでいるものが多くあります。きのこの味噌汁などを作る時には、出汁できのこを煮た段階で煮汁のみ取り分けて、雑炊などにしてあげるとよいですね。

一方、離乳後期になっていろいろなものが食べられるようになれば、小さく切って、食べさせてあげることができます。

ベーコンは脂や塩分が多く、乳幼児の胃腸には少々負担が多い場合もあります。ボールやマグカップに入れて熱湯を注ぎ入れ、軽く塩分や脂質を洗い流してから使用しましょう。
22 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版