就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】歴史に触れる昔語りのおとぎの場所「道の駅 村田」

【宮城】歴史に触れる昔語りのおとぎの場所「道の駅 村田」

蔵造りの建物と広い空、豊かな自然、村田の魅力が詰まった「道の駅 村田」。仙台市街から30分ほどのこの場所では、はっきりと自然を感じることができ、白塗りの壁と四季折々の景色のコントラストはいつ訪れても楽しむことができます。どこか懐かしい気持ちになるこの村田町でゆったりとしたときを過ごしてみませんか?

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

「道の駅 村田」ってどんなとこ?

歴史を感じる蔵造りの道の駅

高速道路をおりてすぐ、春の日差しの中まず目に入ってきたのは蔵造りの建物。その昔伊達政宗の七男、伊達宗高が治める城下町だった頃の面影を残すその場所が「道の駅 村田」です。

建物の外にも地元の特産品や新鮮な魚やお惣菜の売り場があり、お客さんで賑わっています。入口には村田町観光PRキャラクターのくらりんと撮影できるベンチも!

中に入るとまず目に飛び込むのは一面の鮮やかな緑!採れたての新鮮な野菜たちが、地元の農家の方から毎日届けられます。この村田町ではお米の生産も盛ん!店内の一角にはお米の特設コーナーも。

さらに奥に進むと、加工品や特産品のコーナーが。村田町の特産品の一つにそら豆があります。こちらでは村田産のそら豆を加工した商品がたくさん。

芸術家さんがたくさん住んでいる村田町。ギャラリーにある作品には目を奪われます。ここに飾られている作品はこちらで購入することができます。

産直所の隣のドアを開けると、そこは日差しの差し込む広い食堂。席数もたっぷりあり、子供用の椅子や食器等も完備されています。食事だけでなくカフェとして愉しむこともできます。なんとランチタイムにはホットコーヒーの無料サービスも。

トイレにはベビーベッドが用意されているので、おむつ交換やお着替えの際も安心です。

周辺のおすすめスポットは?

「道の駅 村田」のすぐ隣にある「村田町歴史みらい館」は子連れにもおすすめのスポット。宮城の歴史の移り変わりを感じることができる資料館なのですが、図書室も併設されており、お子様向けの絵本もたくさんあります。駐車場も同じ場所にあるので、みらい館を見学し、そのまま「道の駅 村田」に行くことも可能です。館内はベビーカーでの入場も可能で、おむつ替えスペースもしっかり完備されています。

車で10分ほどの場所には「姥ヶ懐(うばがふところ)民話の里」があります。中には産直所のほかにも「語りべのひろば」があり、いろり端で語りべさんから昔話を聞くこともできますよ。私も毎晩子供に絵本の読み聞かせをしていますが、本場の語りべさんからコツを掴んでみようかな?

村田町はもともと城下町だったこともあり、いまでも蔵の街並みが残っています。重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている美しい街並みを家族で歩いてみませんか?

鮮やかな緑!緑!緑!村田グルメ

爽やかな色とのどごし「天ぷらそら豆ざるうどん」

自然豊かな村田町ではたくさんの農産物が収穫できます。その中でも全国有数の生産量を誇るのが「そら豆」!おおきな房の中にはち切れんばかりの大きな粒が詰まっています。今回私がいただいたのは、そんな村田特産のそらまめを贅沢に使った「天ぷらそら豆ざるうどん(1,120円)」です。

まず目に入るのは鮮やかな緑色の麺!おもわず「わぁ〜っ!」と歓声をあげてしまいました。麺にはそら豆が練りこまれており、しっかりとしたコシがあります。季節の野菜や海老の天ぷらも一緒に愉しむことができ、見た目も豪華!サクサクした天ぷらの歯ざわりと、つるんとしたうどんののどごし、大満足の一品でした!

この「天ぷらそら豆ざるうどん」は「うどん」「そば」から選ぶことができ、お店の方に頼めば子ども用に茹で加減の調節や、麺を短く刻んでもらうことも可能です。そら豆うどんだけで7種類もあり、ほかにもラーメンや丼もの、デザートも豊富にあるので色々食べ比べてみるのもよいかもしれません。

売店もそら豆づくし!

売店を眺めているとまた珍しいものを発見してしまいました。それは私の大好物!おでんとか、煮物にすると美味しいんだよな〜...でもここ村田で発見したそれは...見慣れたそれとはちょっと違う!

鮮やかな緑色をしたそれは...「そら豆こんにゃく」!館長さんもおすすめの一品で、酢味噌をつけて食べるのもおいしいそう。ほかにもそら豆を使用した村田グルメがたくさんあるので、色々探索してみましょう。先ほどフードコートでいただいた「そら豆うどん」もこちらで購入することができますよ。

「道の駅 村田」へのアクセス

車でのアクセス

仙台中心部から東北自動車道を16分、「村田IC」を降りて2分となります。

広々とした駐車スペースが確保されているので、遠方からでも安心して訪れることができます。

公共交通機関でのアクセス

「仙台駅」よりJR東北本線白石行に乗車、35分ほどで「大河原駅」に。そこから村田、川崎行の路線バスに乗り換え、約20分ほどで「村田中央」に着き、そこから徒歩で約10分です。

仙台駅から村田行きの高速バスに45分ほど乗り、「村田町役場前」で下車。そこから徒歩約5分になります。

まとめ

イラスト 椅子田すい
春になると道の駅の道路沿いが綺麗な桜並木に変わるこの「道の駅 村田」。取材の時期はまだ3月で桜の開花はありませんでしたが、天気もよく、見上げると広々とした真っ青な空が一面に広がっていました。風景だけでなく、村田ならではの特産品でも感じることができる村田の四季折々の姿。そこには城下町だった村田の街並みがよく映えます。

グルメや街並みなど入口は人それぞれでも、知れば知るほど行き着く先にたくさんの魅力が村田には詰まっています。子育てしていると毎日があっという間で「忙しい」が常になってしまうことが多いですが、子供と一緒に青空のもと、ゆったりとした村田の時間を楽しむことも新たな世界の発見に繋がるのかも知れません。

道の駅村田(みちのえきむらた)

宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41

0224-83-5505

11:00〜17:00(レストランのラストオーダー16:30)

村田町物産交流センター 年末年始(臨時休館の場合あり)
レストラン 毎月第2月曜日(祝祭日の場合は翌日)

0歳以上

無料

https://muratamachi.info/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、弁当持込可

59 件

ライター紹介

明石里沙

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj