就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪】昔はこんなだった?大阪の歴史を体感「大阪歴史博物館」

【大阪】昔はこんなだった?大阪の歴史を体感「大阪歴史博物館」

みなさんはどのようにして今の大阪の町が作られてきたかご存知ですか?学生の校外学習や海外からの観光客が多く訪れる「大阪歴史博物館」では、子どもでもわかるように復元模型や映像を使って、大阪の歴史について学ぶことができます。昔の大阪は一体どんなところだったのでしょうか。

子どもも興味深々「大阪歴史博物館」

「大阪歴史博物館」とは?

「大阪歴史博物館」は大阪に住む人たちはもちろん、すべての人にこの地で培われた歴史について理解を深めてほしいという想いのもと、現在と将来について考えていける博物館を目指しているそうです。子どもに歴史や文化に対する興味を持ってもらうために、わかりやすい展示や体験なども行っています。

こちらの施設にはもう1つの呼び名があり、来館者の方から募集をして「なにわ歴博」という愛称でも呼ばれています。

さあ、昔の大阪にタイムスリップ!

この施設では、各階4つの時代をテーマに展示が行われており、見学は10階の古代エリアから7階の近代エリアに降りていくような順路になっています。

知らなかった!難波宮の世界へ

1階のエントランスホールから一気に10階の古代フロアまで上がると、難波宮(なにわのみや)の大極殿(だいごくでん)の世界が繰り広げられています。

ここは奈良時代に聖武天皇が造った宮殿で、天皇が執務などを行う場所を「大極殿」といいます。

大極殿の入口には天皇のお世話係である女官たちが整列して、子どもたちを迎えてくれます。ここでは宮廷の儀式の様子を大スクリーンを使って3分ほどでわかりやすく説明してくれるので、子どもも興味を持って観ることができるのではないでしょうか。

映像が終わると、スクリーン下のカーテンが開き地上57メートルから史跡難波宮を一望することができるので、ぜひ最後まで観て映像と一緒に楽しんでください。

見学にあたって映像や模型を使って歴史を振り返る「ハイライトコース」、実物資料などをゆっくり見てまわる「全周コース」の2つのコースがあります。貴重な実物資料がたくさん展示されているので、両方見て周るのもおすすめです。何か気になることがあれば、タッチパネルでその時代の説明を見ることもできますよ。

館内ではスタンプラリーも実施されており、その時代に使われていたはんこを再現したものが各階に設置されているので、全部集めてみましょう。クイズの出題もしているので、子どもだけでは難しい場合はママも一緒に考えてあげてください。

リアルに再現された水都の大阪!

9階の中世近世フロアでは、文楽人形の「浪花屋」が水の都と言われていた江戸時代の大阪の様子を案内してくれます。ミニチュア模型は町の人たちが今にも動き出すのではないかと思うほどリアルに再現されており、大人も子どももワクワクしながら見ることができますね。

大阪の秋の恒例行事でもある「だんじり」は、このころに始まったそうです。こちらで展示されているのは御座船地車(ござぶねだんじり)という、船の形をした大阪でも数台しかない、まさに希少なだんじりなんです。あまり大きくはありませんが、その存在感に子どもたちも圧倒されるのではないでしょうか。

触れて学べるハンズオン!

10階・9階・7階では展示に関わる内容を自分の手で触れて体験することができる「ハンズオン」が毎日開催されています。今回は9階で「両替商」の体験が行われていました。

両替商とは現在の銀行にあたり、江戸時代のお金を両替する仕組みを学ぶことができます。お金の計算がわからないという小さな子どもでもわかるように、ボランティアの方が優しく教えてくれますよ。

ハンズオンの内容は毎日変わるので、体験したい内容のものがあれば事前にHPでチェックしていくとよいでしょう。

考古学を体験しよう!なにわ考古研究所

8階のなにわ考古研究所では、考古学を学ぶことができます。入門から上級までのワークシートがあるので、好きなレベルを選んで再現された発掘現場を観察してみましょう!磁石で張り付ける土器のパズルは大人でも10分はかかるそうなので、親子で一緒にチャレンジしてみてくださいね。

懐かしさの残る昭和の大阪へ

こちらは7階。今もその懐かしさの残る大正末期から昭和初期の心斎橋筋、道頓堀の一角があり、だんだん今の大阪に近いものを感じますね!昭和初期の大阪は「大大阪」といわれ、人口約221万人の日本一の都市で、世界でも6番目の都市だったそうです。

商売をする人、買い物をする女性、ショーウィンドウを覗く女の子など、その時代の風景が細かく再現されています。まさにタイムスリップしたような気分になれて、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に来ても楽しめますね。

記念にミュージアムショップへ!

1階のミュージアムショップでは大阪にまつわるものやオリジナルグッズも販売しています。館内を見学してみて、「もっと歴史を知りたい!」という方は各階の見所を収録した書籍の購入もできますよ。

「大阪歴史博物館」へのアクセス

大阪メトロ谷町線・中央線「谷町四丁目」の2号出口を出て、大通り沿いをまっすぐ進むと徒歩5分ほどで到着します。駐車場もありますが、スペースに限りがあり、駅からそれほど遠くはないので、電車での利用をおすすめします。

まとめ

親子で大阪の歴史に触れることのできる「大阪歴史博物館」。今回の取材を通して、昔の人たちの町を活性化させたいという想いと努力の結果で、今の大阪のくらしがあるのだと感じました。

非常に興味深い展示がたくさんされているので、子どもからお年寄りまで幅広い世代が大阪を振り返る場所として、ぜひ足を運んでみてください。

大阪歴史博物館おおさかれきしはくぶつかん

大阪府大阪市中央区大手前4-1-32

06-6946-5728

9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

火(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)

3歳〜

中学生以下無料、高校生・大学生400円、大人600円

http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/fee.html

駐車場有り、授乳室、ミュージアムショップ

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

橋本 わかな

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018