就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

入園グッズをハンドメイドしよう!簡単リバーシブル手提げかばん

入園グッズをハンドメイドしよう!簡単リバーシブル手提げかばん

4月は進級・入園シーズンですね。これから幼稚園や保育園に入園するママは入園グッズの準備に追われているのではないでしょうか?今回は裁縫初心者のママでも作りやすい手提げかばんの作り方をご紹介します。また、リバーシブル仕様なので、気分に合わせて使い分けできますよ。

気分に合わせて変身!手提げかばん

リバーシブル手提げかばんの作り方

【材料】 完成サイズ/縦30cm×横40cm(マチなし)

・表地①(柄ピンク)・・・縦22cm×横42cm/2枚
・表地②(黒ドット)・・・縦22cm×横42cm/1枚
・裏地(黒ドット)・・・縦65cm×横42cm/1枚
・カバンテープ・・・40cm/2本

※今回は柄ピンク生地(110cm幅)50cm、黒ドット生地(110cm幅)50cmから上記パーツを裁断。

【用意するもの】
・ミシン
・裁ちばさみ
・鉛筆またはチャコペン
・定規
・まち針またはクリップ

幼稚園によってはサイズ指定されている場合もあるので、事前にサイズを園に確認してから作るようにしましょう。

①生地やカバンテープを採寸し、カットします。

今回は以下の図のような感じで生地を裁ちました。本記事で使用した柄ピンク生地は柄の向きに上下があるので、生地の縦(耳がある側が縦)とバッグの縦方向が合うように裁つのがポイントです。


生地を裁つときには、両サイドの耳に対して生地のカット面がいつも直角であるとは限らないので、最初に確認しておきましょう。

直角でないときは、耳に対して直角になるように直線を引いてあらかじめカットしてからパーツを裁断すると歪みを防ぐことができますよ。

②表地を縫います。1枚の表地①と表地②のパーツを中表になるように重ねて縫いしろ1cmを1cm程作り、横の辺を縫います。

続いて表地②のもう一方の横の辺にもう1枚の表地①を中表同士で重ねて縫い、3枚のパーツを縫い合わせます。

柄つきの布を使うときは柄の向きに注意しましょう。半分に折りたたむと出来上がったときの柄の出方がわかります。

③表地に持ち手をつけます。1本のカバンテープの両端を間隔が15cmになるように、横の辺の中央に配置し、縫いしろを1cm程作り、点線の部分を縫います。これを上下行ってください。

カバンテープの片面に余った生地を縫いつけても可愛いですよ。

④表地と裏地を縫い合わせます。2枚の布を中表に重ねて、縫いしろ1cmで点線の部分を縫い合わせます。これで表地と裏地が1枚の筒状になりました。

縫わなかったところは返し穴になります。

⑤持ち手の部分(青いイメージ線参照)が中心に来るように布をずらし、点線の部分を縫います。

⑥返し穴から全体を裏返し、形を整えます。

⑦最後に持ち手の部分(荷物の入れ口部分)をぐるっと一周縫ったら出来上がりです。

リバーシブル仕様なので、その日のコーディネートや気分に合わせて使い分けできるのも嬉しいポイントですよ。

中にはA4サイズのファイルもすっぽり入ります。絵本用の手提げかばんとしてや、習い事用のレッスンバックとしても活躍しますよ。

次のページではハンドメイドを始める前に知っておくとよい基礎知識や便利なグッズについて紹介していきます。
33 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版