就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

入園グッズをハンドメイドしよう!簡単リバーシブル手提げかばん

入園グッズをハンドメイドしよう!簡単リバーシブル手提げかばん

ハンドメイドを始める前の基礎知識

生地の種類と特徴を知ろう

ハンドメイド初心者の方に多い悩みが生地の買い方や種類がわからないということです。多くの手芸屋さんでは生地は90 cm(シングル幅)~110cm(普通幅)のものを取り扱っており、10cm単位で購入することができます。好きな生地を選んで、裁断コーナーに持って行くと、店員さんがカットしてくれますよ。

手提げかばんなどによく使用されている生地としては、以下のようなものがあります。

・オックス・・・縦糸・横糸ともに2本ずつ揃えて織った平織の生地。厚みがあり、通気性に優れています。

・帆布(はんぷ)・・・複数の糸をより合わせて作られており、丈夫さが魅力です。

・キルティング・・・2枚の生地の間に綿などの芯を入れてステッチで縫い押さえた生地です。

・カツラギ・・・オックスよりも厚みがあり、柔らかな肌触りが特徴です。

今回はオックス(黒ドット)とキルティング(柄ピンク)の2種類の生地を使用しています。生地の厚みやどのくらい購入したらよいのか迷ったら、店員さんに相談すると教えてくれますよ。

あると便利な裁縫グッズ

入園グッズをハンドメイドをする上では、裁縫グッズもある程度揃えたいものです。まず、糸切りばさみ、裁ちばさみ、まち針などは最低限持っておきたいアイテムにあります。さらに、あると便利なグッズをいくつか紹介します。

・リッパー・・・糸切りハサミと同様に糸を切るためのものです。ピンポイントで切りたいところの糸を布を傷つけずに切ることができます。

・水性チャコペン・・・水で落とせるタイプのチャコペンです。採寸したときについた印も、水で濡らした布で拭き取ることができます。

・アイロン用あて布・・・アイロン専用のあて布を使うと、プレスした跡がつきにくくなります。普段のアイロンがけでも重宝しますよ。

まとめ

ハンドメイドは難しいという印象を持っていたママも多いかもしれませんね。今回紹介した手提げかばんは直線縫いが基本になるので、初心者の方でも挑戦しやすいですよ。

入園に限らず、進級するタイミングでプレゼントするのもよいかもしれませんね。保育園に通園中の方は、大きめに作ってお昼寝セットを入れてもよいでしょう。

生地はシンプルなものから、子どもの好きなキャラクターものまで数多くあります。手芸ショップに足を運んで、子どもの反応を考えながら選ぶ時間も楽しいですよ。
33 件

関連記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND