就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【仙台】だれもが子どもに戻れる独楽工房「御独楽處 廣井」

【仙台】だれもが子どもに戻れる独楽工房「御独楽處 廣井」

歴史の重みを感じつつも、新鮮で斬新な独楽(こま)たちとの出会いに誰しも独楽のイメージを一変させること間違いなし!日本の伝統工芸の技術を守り続ける「御独楽處 廣井(おんこまや ひろい)」で生み出される独楽は、日本だけでなく世界中で愛されています。工房兼店舗では、独楽の絵付け体験も出来るので、家族で世界にひとつだけの独楽を作ってみませんか?

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

「御独楽處 廣井」ってどんなとこ?

秋保工芸の里にある「御独楽處 廣井」

仙台市街地から車で約30分。四季の移ろいを肌で感じられる静かな山あいにひっそりと佇む秋保工芸の里。そこには9つの工房があり、独楽をはじめ、藍染めやこけしなど、長きにわたって宮城の歴史や技術を守り続けてきた工人さんたちが、今もなお後世に伝えようと日々精進されています。

その場所で暮らし、技を磨き、宮城のいまを見つめ続ける場所...その中の一つに「御独楽處 廣井」があります。

趣のある工房では、窓の外から真剣な眼差しで独楽を削り出す工人さんの仕事風景を見ることができ、店内に入ってみると...

まるでテーマパークのように色鮮やかでおちゃめな独楽たちがお出迎えしてくれます。なんと、ここに飾られている個性豊かな独楽たちは、見て楽しむだけでなく、全て回して遊ぶことができるんです!

どれも一つ一つ大切に作られた商品ですので、お子さんが勝手に触らないよう十分注意しましょう。

こんなにかわいい鬼さんたちも、ちゃんとした独楽なんです!みなさん、どうやって回すか想像出来ますか?

江戸独楽ってどんなもの?

みなさんは「独楽」と聞くとどんなものを想像しますか?子どもの頃に紐を巻きつけて投げて回し、「誰の独楽が一番長く回り続けるか?」と競い遊んだりした方もいらっしゃるのではないでしょうか。一口に独楽といってもその種類はさまざま。私たちが思っていた以上に、独楽の歴史は長く、奥深いのです。

江戸独楽のルーツは「曲独楽」と呼ばれる、刀の刃の上や扇子の上で独楽を回す曲芸の際に使われた独楽がルーツとなっています。平安時代には独楽遊びは貴族の遊びでした。それが段々庶民にも伝わり、家の中でも遊べる「お座敷独楽」や、置いているだけでも芸術品として楽しめる「からくり独楽」など独自の発展を遂げて来たのです。

世界からも評価される日本の技術

「御独楽處 廣井」の当主、廣井道顕さんは代々独楽作りを生業としている家系。神奈川県に暮らす弟の廣井政昭さんと共に、日本独自の江戸独楽の文化を後世に残そうと日々追求されています。そんな廣井さんの元には、現在もたくさんのお弟子さんたちがその文化や技を継承しようと集まっているのです。

約300年の歴史を持つ江戸独楽は、その芸術性の高さからパリの「ルーブル美術館」にも収蔵されています。シンガポールなど海外で江戸独楽の実演を行ったり、その人気は国内だけに留まりません。「独楽」というものは世界中に存在しているが、「江戸独楽」のような特徴を持ったものは他にはないと廣井さんは誇らしげに仰いました。

ご覧ください!1円玉の直径は2mm。それに比べてこの独楽の大きさ!この小さな独楽たちも、普通の独楽と同じように手作業で削り出しているそうです。これぞ匠の技!

独楽の絵付けにチャレンジ

小さな子どもでも大丈夫?

色鮮やかで美しい色のコントラストが印象的な江戸独楽。「御独楽處 廣井」では、その伝統工芸の絵付け体験をすることができます。独楽の絵付け体験は1人1,000円、所要時間は大体15分程度。

円形の独楽の絵付け体験は、小さな子供には難しいかも...。そう思っているママも少なくないかもしれませんが、筆を持つことができれば何歳からでもOK。実際、ママに抱っこしながら絵付け体験をしていくお子さんもいらっしゃるそうです。

絵付けする独楽は、その場で工人さんが削り出してくれ、刃物を使うことはないので小さいお子さんも安心して体験することができますね。

絵付け体験は実際に職人さんが作業している工房でさせていただきます。工房はギャラリースペースの隣にあり、少し低い位置にあるため階段を数段下ることになります。ベビーカーにお子さんを乗せている場合、ベビーカーで工房に入ることは難しいので事前におんぶ紐などを用意していた方がいいかもしれません。

廣井さんの作業場には独楽作りに必要なたくさんのものが並べられており、中には繊細な作業のために手作りしている工具もありますので、お子さんがむやみに触らないように気をつけましょう。

好きな色で、好きなように

職人さんの手で綺麗に削り出された独楽。素材にはミズキを使っており、一点一点木目が異なり美しさとともに温かみも感じます。こんな素敵な独楽にいざ絵付けするとなると、うまくいくかどうか心配ですよね。そこで廣井さんに上手に絵付けするポイントを伺ってみると...

「好きなように、自由に描いてください」廣井さんはそう仰いました。絵付け体験では赤、黄、青緑、紫の4つの色を使って着色していきます。どの色を、どんな風に使うかは自分次第。まさに世界で1つだけの独楽が今から誕生するのです。

私も実際に体験させていただきました。独楽は台座に固定され、職人さんが回してくれます。筆先に意識を集中させてトン、と筆先を独楽に乗せると...あっという間に色が広がります。フワッと一気に鮮やかな色に染まる独楽、なんだか感動の一瞬。

筆を持ち替え、色が混ざらないようほんの少し隙間を開けてまた筆を乗せましょう。筆先を独楽に乗せるだけで綺麗な円が描けるので、小さなお子様でも簡単に絵付けが可能です。子ども独特の自由な発想で、きっと素敵な独楽が出来上がりますよ!

絵付けが終わると職人さんが最後の仕上げにカルナバ蝋でツヤを出してくれます。カルナバ蝋とはカルナバ椰子の葉から採れる植物性の樹脂のこと。植物性なのでもし赤ちゃんが舐めてしまっても安全な素材です。

自分が絵付けをした独楽を回してみると...あれ?うまく回らない...。そうなんです!独楽って案外回すのが難しかったりしませんか?またまた廣井さんにアドバイスを頂き「力を入れず、指を伸ばして」回してみたところ、先ほど描いた絵付けの模様が綺麗に回り、思わず子どものように声を上げて喜んでしまいました。

絵付けした独楽は当日、持って帰ることができます。絵付け体験の受付は当日も可能ですが、お店自体が不定休となっていますので、事前予約をおすすめします。

「御独楽處 廣井」までのアクセス方法は?

車でのアクセスの場合

仙台市中心部から国道48号線(仙台西道路)、県道132号線経由で約30分。また、東北自動車道「仙台南インターチェンジ」から約15分の距離にあり、無料駐車場も完備しています。

おむつ交換台や授乳室などは特に設置されておりませんので、対象の乳幼児と一緒に訪れる場合は車での来訪が望ましいかもしれません。

公共交通機関でのアクセスの場合

秋保工芸の里は、広々としたバス停を完備しているので車のない方も、アクセスがしやすくなっています。

バス利用の場合、仙台駅前にある63番のバスのりばより「かわさきまち行」に乗車し「秋保工芸の里」で降ります。乗車時間は40分ほど。時刻表は、タケヤ交通のホームページをチェックしましょう。

まとめ

「独楽は人の人生と似ている。最初はおぼつかないが、段々芯がまっすぐになってくる。独楽も人も芯が一番大切」。その言葉になんだか背筋がしゃんとしました。

独楽とともに世の中を見つめてきた廣井さん。昔と違い、現代の子どもにはたくさんの娯楽がありますが、みんな目を輝かせて独楽の動きが止まるその瞬間まで見つめているそうです。過去に絵付けを体験した方が大人になり、自分の子どもを連れてまた訪れることも珍しくない、と笑顔を見せてくれました。素晴らしい技術に感動する気持ちは、いつの時代も変わらないのかもしれません。

御独楽處 廣井(おんこまや ひろい)

宮城県仙台市太白区秋保町湯元字上原54-22

022-398-2770

9:00~17:00

不定休

3歳以上

無料(独楽の絵付け体験 1,000円)

http://www.city.sendai.jp/kankokikaku/akiukoge/index.htm/

ベビーカー入場可、駐車場

ライター紹介

明石里沙

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR