就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】BBQも楽しめる体験型防災施設「KIBOTCHA」

【宮城】BBQも楽しめる体験型防災施設「KIBOTCHA」

2018年夏に体験型防災施設としてオープンした「KIBOTCHA(きぼっちゃ)」。室内には、大型の遊具や宿泊施設、3.11のかたりべコーナーなどが用意された施設になっています。また、屋外でのBBQや地場産の食材を使った料理を堪能できる飲食店など、ファミリーから学生まで幅広く利用できます。

KIBOTCHAはどんなところ?

体験しながら学べる防災施設

仙台市から車で1時間の距離に「希望」「防災」「未来(Future)」の言葉を組み合わせ名付けられた体験型防災施設「KIBOTCHA(きぼっちゃ)」が8月にオープン。3月11日の東日本大震災で津波の被害に遭った「旧野蒜小学校」を活用し、エンターテイメントと教育、防災を融合させ、子どもたちが防災をテーマに楽しく学べる施設として生まれ変わりました。

1階フロアは、東北産の食材を使った「森のKITCHEN」や牡蠣小屋、手ぶらでバーベキューなど食を楽しめるほか、男女別で槇の木が香る大浴場、ヨモギ蒸しを利用することが可能。2階フロアは、体験しながら防災知識が学べる遊具や東日本大震災のかたりべルームなどがあります。

2階施設のみ利用の場合、大人300円、子ども(小・中学生)200円となっており、未就学児は無料。また、1階の「森のKITCHEN」「物産店」を利用の場合は、利用料は必要ありません。

小さな子どもと一緒でも安心

この施設は、未就学児から年配の方まで幅広い層が利用しやくなっています。

1階の大浴場前には、おむつ交換や授乳ができるスペースが用意されています。交換したおむつはその場で捨てることができるので、まだおむつが取れていない子がいるママにはうれしいですね。

「森のKITCHIN」には、テーブルチェアが完備されているので小さな子どもと一緒に食事もしやすくなっています。また、ちょっとした対応も行ってもらえるので、離乳食の温めなど困ったことがある場合は、スタッフの方に声をかけてみましょう。

施設内は、小学校を利用していることもあり、廊下などフラットな作りとなっているので、段差で転んでしまったりすることも少ないのも小さな子どもと利用しやすいポイントとなっています。

体験しながら学べる室内パーク!

物語が隠された室内遊具

子どもたちが一番テンションが上がるコーナーは、施設2階の体験学習ゾーン。こちらは、未就学児が無料で利用できるコーナーで遊びながら防災を身につけることができます。

入口からすぐの場所にあるのが、地震で傾いたお家をモチーフにした遊具。ロープをつたって登ったり、窓から滑り台で滑り下りたりする遊具になっています。登ったり滑ったりと未就学の子どもでも楽しめる遊具です。

その次に現れるのがボルダリングになっている外壁のコーナー。まだ力の弱い子どもだと一人でよじ登るのが少し難しいのでママやパパがサポートしながら楽しみましょう。

床には安全マットが敷いてあるので落ちてしまっても安心です。

陸のコーナーの次は、海をモチーフにしたコーナー。ネットのトンネルをくぐったり、登ったりするアスレチック遊具になっています。

最後が山をイメージした、滑り台のコーナー。ここは、子どもたちに人気の場所で登って滑ってのヘビーローテーションしている場所になります。

遊具は、全て災害時に必要な動きとなっており、子どもたちは遊びながら自然に防災体験ができます。

ほかにもある体験コーナー

室内パークのほかに学習ゾーンがあります。ここでは、ブルーインパルスの紙飛行機作りや塗り絵などをして楽しむことができます。

作った紙飛行機は、滑走路に見立てた廊下で飛ばすこともでき、未就学児から誰でも体験することが可能。

天井は青く、青空を表現しています!

災害時に役立つロープワークやほふく前進のワークショップなども行っています。親子で体験しながら、いざというときに役立つワークショップになっています。

BBQや宿泊もでき雰囲気は修学旅行!?

テラス席でワイワイしながらBBQ

森のKITCHENでは、宮城県産の旬な食材を使った料理や手ぶらで楽しめるバーベキュー、カキなどの海鮮焼きなど多様な食事が用意されています。

暖かい時期には、手ぶらで楽しめるバーベキューコースがおすすめ。バーベキューセットはすべて用意されており、いつもとは違った空間で食事ができます。バーベキューは、3時間制で大人2,500円、子ども1,500円です。未就学児は無料となっています。

また、バーベキューを希望される方は、前日の12時までに事前予約が必要となっているのでお忘れなく!

また、バーベキューのほかにも期間限定で地元産のカキや地元の食材を使った定食、キッズプレートなども用意されています。

宿泊施設も完備されています

こちらの施設には宿泊できる部屋も用意されており、4名1部屋(1室25,920円〜)、2名1部屋(1室10,800円〜)、ドリトミータイプ(1名5,400円〜)の3タイプ。

東松島市を観光して、食事と宿泊はKIBOTCHAを利用することもできそうです。

槇の木が香る大浴場も完備。貸切風呂はありませんが、お家とは違った大きなお風呂を満喫できます。また、蒸気で身体を温めるヨモギ蒸しコーナーもあり、ママのリフレッシュなどにもおすすめです。

アクセス

仙台市から車でのアクセスの場合、三陸自動車道「鳴瀬奥松島IC」より車で10分。無料駐車場は、100台完備しています。また電車の場合は、仙台駅からJR仙石東北ライン、JR仙石線で「野蒜駅」下車、徒歩5分の距離となります。

まとめ

震災後、様々な思いが詰まった旧野蒜小学校の校舎を活用した体験型防災施設「KIBOTCHA」は、子どもたちも含め多くの人たちが防災を考えるきっかけを与えてくれる施設。

防災という言葉を聞くと難しそうに感じますが、遊びながら防災知識が身につくので小さな子どもと行っても十分に楽しむことができます。また、校舎を利用した作りの施設でバーベキューや宿泊体験は、懐かしくもあり、新鮮な体験で素敵な思い出にもなりそうです。

KIBOTCHA(きぼっちゃ)

宮城県東松島市野蒜字亀岡80

0225-25-7319

10:00~21:00

無休

3歳以上

大人300円、子ども200円、未就学児無料(2F施設利用の場合)

http://kibotcha.com/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、授乳室、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

羽根田 圭司

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018