就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

“こども古本店”さんに聞いた読み聞かせにぴったりの絵本【vol.1】

“こども古本店”さんに聞いた読み聞かせにぴったりの絵本【vol.1】

絵本に関わるいろんな人に聞いた、子ども、大人におすすめの絵本を年齢別に紹介します。今回は、移動絵本店として絵本を販売する傍ら、イベントにて読み聞かせライブも行っている"こども古本店"の中島さんが絵本をチョイス!ご自身と絵本、読み聞かせのことも伺っています。

こども古本店さんおすすめの8冊を紹介

お気に入りの絵本も紹介します

今回、絵本を選んでくれたこども古本店の中島さんの好きな絵本を聞いてみました。

「たくさんありますが、一番お気に入りの絵本は「わたしはあかねこ(作・サトシン)」という絵本がお気に入りです。サトシンさんの絵本は、人との違いを「個性なんだよ」と教えてくれたり、ユーモアの中にも大切な学びを得ることができます。」

そんな中島さんには、お気に入りの「わたしはあかねこ」の他にも、読み聞かせイベントで人気の絵本をいくつか教えて頂きました。あわせてぜひ、読んでみてくださいね!

0〜2歳におすすめの絵本

いろいろばあ

作:新井 洋行
出版社:えほんの杜
【紹介】
びっくり! のち にっこり。
いろんな いろと あ・そ・ぼ!

「いろいろ…」のかけ声で、
いろんなかたちにだいへんしん!
わくわく、うきうき。
もりあがっちゃう ベイビーブック!
【中島さんのおすすめポイント】
0、1、2歳の子どもが好きなものがたくさん詰まっています。いろんな色たちが「ばあ!」「ぶにゅっ!」「ぽぽぽぽ」という音とともにいろんな形に変化。小さい子はこうした唇を弾けさせる「破裂音」が大好きですし、赤・青・黄といったわかりやすい色は、最初に好きになる色です。読んでいて思わず赤ちゃんが笑う絵本です。

のりものいろいろかくれんぼ

作・絵:いしかわ こうじ
出版社:ポプラ社
【内容】
なにがかくれているのかな?
いろんな形のかたぬきページをめくると、
かくれていたのりものが次々とあらわれる楽しいしかけ絵本
【中島さんのおすすめポイント】
「がたんごとん、がたんごとん…!せんろをはしるよ。なにかな?」と、子どもたちの大好きなのりもののシルエットがみえて、ページをひらくと答えがわかる。形や音といった情報からモノをあてる、認識力を養う絵本になっていて、ひらがなと英語で併記つきで言葉の認識にも役立ちます。

3〜4歳におすすめの絵本

おべんとうバス

作・絵:真珠まりこ
出版社:ひさかたチャイルド
【内容】
お弁当の食べ物が返事をしながら次々に乗り込んでくるバス。
食べ物大好き、乗り物大好き、お返事大好きな子どもたちにぴったりです。
【中島さんのおすすめポイント】
「春から幼稚園!」っていう子にぴったりな絵本。ハンバーグや卵焼き、かわいい食べ物たちが元気にあいさつしてバスに乗り込み、最後はおべんとうになって「いっただきまーす!」。「あいさつ」「ようちえんバス」「おべんとう」など、幼稚園に入ってはじめて体験することを1冊の絵本で楽しめるようになっています!

ばけばけばけばけ ばけたくん

文・絵:岩田明子
出版社:大日本図書
【内容】
くいしんぼうのおばけ「ばけたくん」が夜中に台所でパクパク。
いちごにスパゲティーにキャンディーなどなど。あれあれ、食べた物にばけちゃった⁉︎

次々に子どもの大好きな食べ物にばける
「ばけたくん」の変化とリズム感のある言葉が楽しい絵本。
【中島さんのおすすめポイント】
ばけたくんはおばけのこ くいしんぼうなおばけのこ。
そして、ばけたくんは食べたものに変身してしまう不思議なおばけ。いちごにスパゲッティにメロンソーダ…次々とおいしいものを食べていきます。さあ、次はどんなおばけになってしまうのか?
ドキドキワクワクしながらページを開くたびに、子どもが大笑いしますよ!
48 件

関連記事

ライター紹介

南 朝子

この記事のキーワード

ピックアップ記事