就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・葛西】地下鉄のことぜんぶ丸分かり!「地下鉄博物館」

【東京・葛西】地下鉄のことぜんぶ丸分かり!「地下鉄博物館」

私たちにとって身近な存在の地下鉄。その歴史やしくみについて知っていますか?「みて、ふれて、動かして」学習できる参加型ミュージアムの「地下鉄博物館」では、地下鉄の歴史や仕組みを学習したり、実際に触れることも、運転手の体験をすることもできます。子どもと一緒に新しい世界を観に行きませんか?

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

地下鉄の世界を観に行こう!

ロンドンで生まれた地下鉄は1927年に日本にやってきました。都市とともに発達していき、今となっては私たちの生活に欠かせない存在です。

そんな地下鉄のことをなんでも知ることができるのが「地下鉄博物館」。その内容はとても充実していて子どもだけでなく、ママもパパも一緒になって楽しむことができます。

「地下鉄博物館」は東京メトロ東西線「葛西駅」の高架下にあります。

入館口の前では地下鉄の模型がお出迎えしてくれます。乗り物好きならもう嬉しくなっちゃいますね。

入館券は入館口横にある発券機で買うことができます。

改札を抜けたら地下鉄の世界の始まり

「地下鉄博物館」の入館口は改札になっているんです。駅以外で改札を見るとなんだか気分が上がりますね。改札に先ほど買った入場券を通して入ります。

平日は自動改札機が使われていますが、休日は自動改札機ではなく有人改札になるんです。元駅員さんが入口にいて入館券のキップを切ってくれるんですよ。子どもも喜びそうです。

地下鉄の歴史を知ろう

館内はいくつかのコーナーに分かれています。入館して最初のコーナーは「地下鉄の歴史」コーナーです。入るとまず2台の地下鉄車両が目に飛び込んできます。大きくて迫力がありますね。赤と黄色がレトロな色合いでとても可愛いです。

赤色の地下鉄は「丸ノ内線」の第一号車です。こちらの車両は中に入ることができるので入ってみましょう。

電車の中はなんとピンク色!!今の時代ではなかなかこのような色の電車はないですよね。

運転席もピンク色で可愛いです。この電車で通勤できれば朝から幸せな気持ちになれそうですね。

国の重要指定文化財!日本最初の地下鉄車両

もう1台の黄色い車両は日本最初の地下鉄車両「1001号車」です。こちらは国の重要文化財に指定されているんですよ。残念ながら中に入ることはできないのですが、実際に電車が走っていた当時の駅の様子が再現されているので近くまで行ってみましょう。

上の写真は東京地下鉄道初期の改札機です。当時は電車の運賃が10銭均一だったので、10銭硬貨を投入して回転腕木を回す形の「ターンスタイル」と呼ばれる改札機だったんです。

ここでも当時のように横の青いボックスに小銭を入れると通ることができます。もちろんお金は返ってきますよ。

昔は電車のチケットは駅員さんが切符を切っていました。どの駅から乗ったのかがわかるように、乗る駅によって切り取った形が違うんですよ。

このようについ「へ〜」といってしまう地下鉄知識が、「地下鉄の歴史」エリアにはたくさん展示されています。

車両の中には当時の人たちの様子を見ることができます。まだ昭和の時代が始まったばかりの頃で、服装も和服の方が多かったのですね。

当時の上野駅の様子はこんな感じだったようです。「うえの」も昔は「うへの」だったんですね。

地下鉄はどうやってつくるんだろう

トンネルはこんな大きな機械で作るんです

「地下鉄をつくる」コーナーでは、トンネルの作り方や建設技術を紹介しています。上の写真の大きな半円は、トンネルを掘る際に使う機械です。この機械を押しながらトンネルを掘っていくんだそうです。しかしこれは実際の機械の半分の大きさ。本物はこれの倍あるんです!

実際にトンネルを掘ると上の写真のようになります。中に入ることができるのでぜひこの壮大さを体感してみてください。

地下鉄車両のしくみを近くで見てみよう

「地下鉄車両のしくみ」コーナーでは、過去に使われていた電車が展示されています。中に入ることができ、見たりさわったり、地下鉄の車両をいつもより近くで観察することができます。

運転席に入ることもでき、実際に操作することもできますよ。運転操作の位置が少し高いので小さいお子さんはママがお手伝いしてあげてくださいね。

運転シミュレーターは大人も夢中になっちゃう!

「地下鉄プレイランド」のエリアでは、電車の運転を体験できるシミュレーターがあります。目の前に流れる映像を見ながら運転操作をしてみましょう。

レバーを引くときに少し力が必要なので、子どもがまだ操作できない場合はママやパパが一緒に操作してあげるとよいですよ。


タイミングよく電車を停車させることが難しくて、ついつい子どもよりも夢中になってしまうこともあるんだとか!

家族全員が安心して楽しめる施設です

休憩場所など設備が充実

館内にはベンチが多く、大きな休憩室も用意されています。休憩スペースのみ飲食可能で、自動販売機があり、菓子パンなどを買うこともできます。またお弁当の持ち込みも大丈夫ですよ。

休憩室には電車にまつわる本も置いてあるので、歩き疲れたらここで子どもに本を読んであげるのはいかがでしょうか。

来館は平日がおすすめ!

休日は混みやすいのですが、平日は比較的空いています。ゆっくりと楽しみたい方は平日にお出かけしてみてください。

また館内は段差が少なく、ベビーカーでも移動しやすいです。貸し出しのベビーカーもあるので必要な場合はスタッフにお声がけください。

子ども用のトイレとおむつ替えシートが男女それぞれのトイレにあり、ママとパパにも安心です。

子どもが大好きスタンプラリー

館内にはいたるところにスタンプがあります。どんなスタンプがあるのかはお楽しみ。東京メトロ全線それぞれの電車スタンプもあり、全部集めたくなっちゃいます。

ぜひどんなスタンプがあるのか探してみてください。

「地下鉄博物館」へのアクセス

交通機関を利用される方

東京メトロ東西線「葛西駅」(東西線の快速列車はとまりません)下車。環七通り東側 <地下鉄博物館> 方面出口改札を出て階段を左へ降りて正面です。 または中央改札を出て環七通りの横断歩道を渡り正面にあります。

車でお越しになる方

「葛西駅」南側の中葛西五丁目信号/葛西警察署入り口を曲がり一つ目の角を左折してください。

平日は、駐車後博物館受付で『車種』『ナンバー』などをお申し出下さい。

土日祝日は、駐車場に係員がいますので、駐車の際係員から仮駐車券を受け取り、博物館入館の際、受付係員にお渡しください。

※ 駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関のご利用をおすすめいたします。

まとめ

「地下鉄博物館」は子どもたちが遊びながら地下鉄を理解できる楽しい博物館でした。

ママにもパパにも親切な設備が整っているので、とても遊びに行きやすいのではないでしょうか。展示された電車など、思わず子どもと写真を撮りたくなるスポットも満載です。

さぁ、まだまだ奥深い地下鉄知識をたくさん発見しに行きましょう!

地下鉄博物館(ちかてつはくぶつかん)

東京都江戸川区東葛西6-3-1 東京メトロ東西線葛西駅高架下

03-3878-5011

10:00~17:00(入館は16:30まで)

月(祝日・振替休日となる場合、その翌日)年末年始(12/30~1/3)

0歳~

大人:210円、子ども:100円 (※満4歳以上中学生まで)

http://www.chikahaku.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、授乳室有、駐車場有、弁当持込可

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR