就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・葛西】地下鉄のことぜんぶ丸分かり!「地下鉄博物館」

【東京・葛西】地下鉄のことぜんぶ丸分かり!「地下鉄博物館」

私たちにとって身近な存在の地下鉄。その歴史やしくみについて知っていますか?「みて、ふれて、動かして」学習できる参加型ミュージアムの「地下鉄博物館」では、地下鉄の歴史や仕組みを学習したり、実際に触れることも、運転手の体験をすることもできます。子どもと一緒に新しい世界を観に行きませんか?

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

地下鉄の世界を観に行こう!

ロンドンで生まれた地下鉄は1927年に日本にやってきました。都市とともに発達していき、今となっては私たちの生活に欠かせない存在です。

そんな地下鉄のことをなんでも知ることができるのが「地下鉄博物館」。その内容はとても充実していて子どもだけでなく、ママもパパも一緒になって楽しむことができます。

「地下鉄博物館」は東京メトロ東西線「葛西駅」の高架下にあります。

入館口の前では地下鉄の模型がお出迎えしてくれます。乗り物好きならもう嬉しくなっちゃいますね。

入館券は入館口横にある発券機で買うことができます。

改札を抜けたら地下鉄の世界の始まり

「地下鉄博物館」の入館口は改札になっているんです。駅以外で改札を見るとなんだか気分が上がりますね。改札に先ほど買った入場券を通して入ります。

平日は自動改札機が使われていますが、休日は自動改札機ではなく有人改札になるんです。元駅員さんが入口にいて入館券のキップを切ってくれるんですよ。子どもも喜びそうです。

地下鉄の歴史を知ろう

館内はいくつかのコーナーに分かれています。入館して最初のコーナーは「地下鉄の歴史」コーナーです。入るとまず2台の地下鉄車両が目に飛び込んできます。大きくて迫力がありますね。赤と黄色がレトロな色合いでとても可愛いです。

赤色の地下鉄は「丸ノ内線」の第一号車です。こちらの車両は中に入ることができるので入ってみましょう。

電車の中はなんとピンク色!!今の時代ではなかなかこのような色の電車はないですよね。

運転席もピンク色で可愛いです。この電車で通勤できれば朝から幸せな気持ちになれそうですね。

国の重要指定文化財!日本最初の地下鉄車両

もう1台の黄色い車両は日本最初の地下鉄車両「1001号車」です。こちらは国の重要文化財に指定されているんですよ。残念ながら中に入ることはできないのですが、実際に電車が走っていた当時の駅の様子が再現されているので近くまで行ってみましょう。

65 件

ライター紹介

金子 寧々

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事