就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】航空機を間近で体感!セントレアの新施設「フライト オブ ドリームズ」

【愛知】航空機を間近で体感!セントレアの新施設「フライト オブ ドリームズ」

この秋、中部国際空港セントレアにオープンした新施設「フライト オブ ドリームズ」。航空機の実機展示をはじめ、おしゃれな飲食店が揃った商業施設で、子どもと一緒に楽しめるという話を聞き、オープンしてすぐ、多くの人が訪れる施設へとお邪魔してきました。

セントレアの新施設ってどんなところ?

航空について楽しみながら学べる!

この秋、中部国際空港セントレアから直通で行ける新しい商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト オブ ドリームズ)」がオープンしました。

施設の1階は、ボーイング社から寄贈された「ボーイング787初号機」の実機展示などがある「フライトパーク」、2階、3階はボーイング創業の街であるシアトルの街をそのまま持ち込んだような雰囲気が味わえる商業エリア「シアトルテラス」になっています。

「フライト オブ ドリームズ」ができるまで

愛知県は航空産業が盛んな地域で、ボーイングの機体の約35%は、この愛知県で製造されています。作られたパーツは、セントレアからボーイングの工場に「ドリームリフター」と呼ばれる飛行機で空輸され、組み立てられます。

そうした縁もあり、ボーイング社から「ボーイング787初号機(ZA001)」がセントレアに寄贈され、ボーイングの実機を間近で見たり、インタラクティブな展示で「体感」することを通じて航空について、楽しみながら学べることがコンセプトになっています。

施設内では、最新テクノロジーを使った作品を手がける「チームラボ」がプロデュースした演出に、ボーイング社のエバレット工場見学を体感できる「ボーイング ファクトリー」をはじめ、プロジェクションマッピングを使ったゲームや、客室乗務員の職業体験など、視覚や聴覚を使った九つの体感できるコンテンツが揃っており、小さな子どもだけでなく、大人も楽しめます。

施設へのアクセス

車を利用する場合、専用駐車場がないため、セントレア駐車場を利用しましょう。立体駐車場のA・B・C・D・E・Gの利用が近くて便利です。駐車料金は有料となりますが、セントレア駐車場商業施設割引が適用されます。※臨時駐車場は対象外
飛行機・名鉄「中部国際空港駅」からの場合、アクセスプラザの南口を外に出て、駐車場連絡通路を南へ、動く通路があるので、それに沿って進むと5分ほどで到着。むかって右手に、ボーイング787初号機(ZA001)が描かれた建物が見えます。

見て、体験して楽しむ飛行機・ボーイングの展示

3階の入口から1階「フライトパーク」の入口へ

「フライトオブドリームズ」のメインの入口を入ると、3階フロアになっています。

3階と2階は、飲食店や物販のテナントが並ぶ商業エリア「シアトルテラス」で、1階がボーイング初号機の実機展示が見られる「フライトパーク」になります。

まずは1階に降りて「フライトパーク」に行ってみます。

入場口の隣にチケットカウンターがあり、当日券はここで購入できます。すでに前売り券を購入している場合は、そのまま入場ゲートに進むことができます。チケットカウンターは土・日・祝や長期休暇の際は、混雑する場合があるので、前売券を購入しておくとスムーズです。

「フライトパーク」内は、精密機器が多いこともあり、飲食やトイレ・おむつ交換ができる場所がありません。いったん、外に出る必要があるため、入る前に一度済ませておくと安心です。

「フライトパーク」をまわる前にこれだけチェック!

入場したら、入口の近くに再入場のハンドスタンプがあるので場所をチェックしておきましょう。食事やトイレなどで一時的に外に出る際に必要になります。

出口は他の場所にもありますが、ハンドスタンプはここにしかないので、忘れないように気をつけて!

再入場のハンドスタンプも飛行機!

そして、もう一つ。入口を入ってすぐのところに「歩いて集める飛行機図鑑」というアプリのダウンロードコーナーがあるので、こちらもぜひ立ち寄ってみてください。

「歩いて集める飛行機図鑑」は、スマートフォン専用アプリをダウンロードし、アプリで指示をされた館内のポイントで情報を収集、パーツをあつめて、アプリ内の飛行機の図鑑を完成させるもので、飛行機の仕組みを知りながら、パークをまわることができます。

さっそくアプリをダウンロード。アプリを起動してみるとQRコードがでてくるので、これを…

専用の機械にかざすと、チェックイン完了!

実は、これ飛行機の搭乗手続きをマネているそうで、アプリを起動すれば、自分の手でチェックインの体験をすることができます。子どもにとってワクワクする体験になります。

入館してすぐの場所にあるので、ぜひ体験してみてくださいね!

飛行機好きも大満足!実機展示がアツい

入場してすぐ目の前に現れるのが、ボーイングの次世代の中型ジェット旅客機「ボーイング787初号機ZA001」!普段、目にすることのない、機体の下からのアングルや飛行機のそれぞれのパーツを、間近で見ることができます。

さらにはZA001のコックピットの見学も可能です。階段を登る必要があるため、抱っこ紐を忘れずに持って行きましょう。機内は狭いため、一気に見ることができないので、多少待つ場合もあります。

コックピット内を見ることができる施設はいくつかあるものの、機器にライトが点灯し、飛行中の状態がリアルに再現されているのは、ここだけなのだそう。

普段、パイロットがどんな環境で飛行機の操縦をしているのか、リアルな視点で見ることができ、子どもだけでなく、大人にとっても貴重な体験になりますね。
また、セントレア以外には羽田空港にしかないという「787シミュレーター」も人気です。

年齢制限はなく、インストラクターが年齢や知識にあわせて丁寧に教えてくれるので、小さな子どもも安心して楽しめます。きょうだいや親子での参加も可能です。
こちらは別途料金、事前予約制。5分〜90分の中で希望の体験時間を選びます。また、各日一部の時間帯で、当日入場券のみで体験できる抽選枠が、数組限定で設定されています。

大迫力のプロジェクション・マッピング

この施設の一番の目玉と言えるのがプロジェクション・マッピング」。幻想的で、華やかな映像と音楽に浸ることができます。毎日、1時間に2回流れており、入場口の近くのカウンターで整理券をゲットすると、4階の展望デッキに登って、床や壁に映し出された映像を上から見ることができます。

展望デッキへは、階段で登ります。1階にベビーカー置き場があるため、展望デッキへ上がるときは、ここに置いておきましょう。

作って、操作!オリジナル飛行機で遊べる

子どもたちが夢中になって楽しめるコンテンツも揃っています。

「奏でる!紙ヒコーキ場」は、紙飛行機の飛距離や飛ぶ方向によって、映像や音に変化するしかけが楽しめるコーナー。より飛距離が出るように、まっすぐ飛ぶようになど、飛行機の折り方を工夫したり、いろんな試行錯誤を繰り返すことで、楽しく遊びながら飛行機の飛ぶ仕組みを体感することができるようになっています。

飛ばし終わった後も、折り方を変えて再挑戦するなど、何度も繰り返し楽しむことができます。

そして、もう一つ。

紙に描いたオリジナル飛行機を専用タブレットを使って操作して楽しむコンテンツ「お絵かきヒコーキ」。一度、体験してみるとわかりやすいとのことなので、さっそく体験させていただきました。

まず、4種類の飛行機の枠が描かれた専用の用紙から好きなものを選び、デザインをしていきます。今回は、最新型のボーイング787-8を選びました。

できあがった飛行機のイラストをスキャンしてもらったら…

専用タブレットにマイ飛行機が登場!!す、すごい!!テンション上がる!!

やがて足元に映し出された滑走路にマイ飛行機が出てきたと思ったら、そのまま速度をあげてテイクオフ!

飛行機の後を進んでドーム状のシアターの中に入れば、360度に映し出された映像の世界に飛行機が飛び回っています。

私の描いた飛行機も発見です!

専用タブレットが飛行機のコントローラーになっているため、タブレットを前後左右に傾かせることで高度をあげたり下げたり、旋回したり動かすことが可能。空間の中に映し出される音符やブタのマークを集めるとポイントになります。

操作だけでも楽しいですが、慣れてきたら家族で、制限時間内にどれだけポイントを集められるかに挑戦してみてもよいですね!

「エアラインスタジオ」では、パイロット、キャビンアテンダントの衣装を着用した後、架空の世界に入り込み、実際に飛行機の中で行われている航空会社のスタッフさんの仕事を疑似体験できます。

衣装のサイズは100cmから。コンテンツ内では撮影可能なので、写真や動画の撮影も楽しんでみて!

海外の雰囲気ただよう「シアトルテラス」

まるでオープンテラスのような飲食エリア

2階、3階の「シアトルテラス」は、飲食店を中心に、物販もあるフロアになっています。

2階はオープンテラスの雰囲気が味わえるフードコートになっており、テーブル席、カウンター席、ソファー席などがあります。

ボーイング787初号機の実機を中心としたプロジェクションマッピングを、のんびり楽しめるようになっている、広々としたソファー席は子連れにおすすめ。

フードコート内は、ベビーカーでも入ることができ、そのまま机に横付けも可能。また子ども用イスも十分に完備されているので安心です。

また、2階フロアのトイレの横には、おむつ交換台や授乳室が完備されているベビールームがあり、調乳用のお湯も準備されています。

シアトルの人気店のメニューを味わえる

ボーイング創業の街シアトルがコンセプトということもあり、シアトルが本場のお店も多く出店しています。

シアトルといえばやっぱりここ。
3階、メインエントランスから入ってすぐの場所には「スターバックスコーヒー」。オープンテラスで、ふらっと気軽に立ち寄れます。

ゆっくり食事を楽しむなら「THE PIKE BREWING RESTAURANT&CRAFT BEER BER(ザ パイク ブリューイング レストラン アンド クラフトビア バー)」。シアトルで創業したビール醸造所「パイク醸造所」に、併設するレストランの装飾をそのまま店内に再現した、ポップな雰囲気のお店。

人気のクラフトビールを中心に、クラムチャウダーやアンガス牛ステーキなど、アメリカ・シアトルの人気メニューが揃います。

飛行機のプレートに子どもが大好きなハンバーグ、エビフライなどが盛りだくさんの「お子様ランチ(¥1,058)」など、子ども向けメニューもあります。
たくさんあるお店の中から、セントレアの広報の方のおすすめを聞いてみました。

2階にある、オリジナルのクラフトチーズが人気のお店「Beecher's Handmade Cheese(ビーチャーズハンドメイドチーズ)」の「マック&チーズ(¥700)」。

2種類のチーズを使っており、コクとクリーミーさがたまらない一品。トウガラシがアクセントになっており、ちょっとピリッとするのもクセになります。大人におすすめ。

ここでしか手に入らないアイテムがいっぱい

「フライト オブ ドリームズ」では、買物も楽しめるお店が揃っています。

ます、1階にはボーイングの公式グッズショップ「ボーイングストア」が「フライトパーク」に隣接。ボーイングの公式ストアが、アメリカ国外でオープンするのは実は初めて!

米国では取り扱いがない日本オリジナルお菓子をはじめ、米国内の店舗で取り扱っているグッズの直輸入品、フライトオブドリームズのオリジナルグッズも販売しています。

そして3階フロアには、シアトルや全米で住みたい街NO.1でもあるポートランドの直輸入アイテムを扱うショップが並びます。

日本ではあまり見かけない、ポップで可愛いパッケージのチョコレートやポップコーンをはじめ、オーガニックな食材や雑貨は、お友達へのお土産にも、もちろんご家庭用にもおすすめです。

まとめ

「フライト オブ ドリーム」は、国内でも類を見ないインタラクティブな展示、ボーイングの実機を間近で見ることができるなど、展示だけでなく、施設内の体験の中にも、新しいものがたくさん詰まった施設でした。

子どもにとっても、航空を身近に感じることができ、より飛行機に親しむきっかけになると思います。ぜひ一度、新しい体験を味わいに、家族で足を運んでみてください。

FLIGHT OF DREAMS(ふらいと おぶ どりーむず)

愛知県常滑市セントレア1丁目1

0569-38-1195(セントレアテレホンセンター:6:40〜22:00)

FLIGHT PARK/10:00〜17:00(最終入場16:30)、毎週土10:00〜19:00(最終入場18:30)、SEATTLE TERRACE/10:00〜22:00※店舗により異なる

年中無休※臨時休業あり

0〜6歳

FLIGHT PARK入場料(個人)大人¥1,200、子ども(3歳〜小学6年)¥800、3歳未満無料 ※787シミュレーターは別途料金

https://flightofdreams.jp

ベビーカー入店可、駐車場あり、おむつ交換可、授乳室あり、売店あり

関連記事

ライター紹介

南 朝子

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018