就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

貼り絵ブックを簡単に手作り!外出時の待ち時間の救世主に

貼り絵ブックを簡単に手作り!外出時の待ち時間の救世主に

待つことが苦手な子どもにとっては、外出時の待ち時間は暇を持て余してしまいます。親としても、静かに待ってて欲しいけれど子どもが待ち時間に飽きてうるさくなり、困ったという経験はありませんか?ここではちょっとした待ち時間に活躍する簡単貼り絵ブックをご紹介します。サイズが小さくてかさばらないので、持ち運びやすく、子どもが夢中になれる工夫がたっぷりなので、ぜひ参考にしてみてください!

待ち時間は「特別な遊び」を楽しむ

待つことが難しい子には夢中になる遊びを

外出時の待ち時間は、子ども連れの大人にとって「静かに待っていられるかな?」と不安になる時間でもあります。周囲の目もあるので、子どもがぐずってしまうと申し訳なく感じてしまいますよね。

外食時のご飯がくるまでの時間や、電車移動での待ち時間など、大人が思っているよりも待ち時間は子どもにとって退屈なものなのです。

そこで飽きずに待つために大切なのが「子どもの夢中になる遊び」を提供することです。自宅では、子どもが好きな遊びに夢中になっている姿を見ることも多いですよね。同じように外出時でも子どもが夢中になれる、待ち時間を忘れられるくらい楽しい遊びを行うことで、待ち時間がグッと楽になりますよ。

外出時ということで、ポイントとなるのが「持ち運びやすさ」です。ただでさえ子連れだと荷物が多くなりがちなので、持ち運びやすい重さ、サイズ感を意識して夢中になれる遊びを持参しましょう。

子どもと一対一で向き合える空間ができる

待ち時間となると、携帯で調べ物をしたり、献立を考えたり、大人は色々とできることがありますが、せっかく子どもと外出していてるからこそ「一対一で向き合う時間」にしてみることをおすすめします。

子どもと一対一でゆっくりと遊ぶ時間って、意外と日常生活では少ないですよね。自宅にいると家事を優先してしまったり、なかなか子どもの好きな遊びにじっくりと寄り添う時間がないものです。

その分、待ち時間のちょっとした時間で一緒に遊びを楽しむことで、子どもも満足し「何かを待つ時間はいっぱい遊べる楽しい時間」という認識が生まれてきます。

私の娘も、初めは待ち時間に飽きてしまってぐずぐずしがちでしたが、好きな遊びを楽しむことで「今日はシール貼りする?」など、自ら楽しい時間にしようと笑顔を向けてくれるようになりましたよ!

簡単貼り絵ブックを作ってみよう!

画用紙で作る基本の「手作りブック」

まずは基本となる手作りブックの作り方をご紹介します。持ち運びやすいサイズ感なのに、たっぷり遊ぶことができますよ。

【材料】
・画用紙・・・一枚
・はさみ

1.画用紙を8等分にし、点線部分にはさみで切り込みをいれる

2.図のように切り込み部分の中心を起き上がらせる

3.両サイドから畳むと、簡単な手作りブックの完成!

この手作りブックをベースに、いろいろな遊びを盛り込んだ一冊を作っていきます。

丸シールを使ったシール貼り

子どもが夢中になるシール貼りも、外出先で楽しめる遊びです。ちょっとした工夫で、ただシールを貼るだけでなく、考えながら遊ぶことができますよ。

【材料】
・手作りブック
・カラーポイントシール
・色画用紙

・サインペン
・色鉛筆 
・のり

1.色画用紙を手作りブックの片面半分くらいの大きさに切り、のりで貼りつけ、シールを入れるポケットを作る

2.サインペンでカラーポイントシールを楽しんで貼れるような絵を描いて、完成!

今回はお花の絵にしましたが、子どもの好きな電車や果物などを描いてあげると、さらに楽しむことができますよ。

食べ物パーツを作ってお弁当作り

次は画用紙で食べ物パーツを作り、お弁当作りを楽しみましょう!子どもの好きな食べ物があると喜んでくれますよ。

【材料】
・手作りブック
・色画用紙
・透明テープ
・両面テープ

・はさみ
・のり
・サインペン

1.色画用紙を使って、食べ物パーツを作る。本当のお弁当を作るように、主食、主菜、副菜、果物を意識して子どもの好きなものを作ってみましょう。

2.手作りブックの片面に大きくお弁当箱を描く。描いたら両面とも透明テープを全面に貼りラミネートする。

3.食べ物パーツの裏に両面テープを貼り、台紙を剥がして、手づくりブックの片面半分に貼って完成!

透明テープでラミネート加工していることで、なんども食べ物パーツを貼ったり外したりすることができますよ。

街の中から見つけよう!お散歩ビンゴ

最後は子どもも大人も楽しめる「お散歩ビンゴ」です。街の中を親子で探検しながら楽しんでみてください!

【材料】
・手作りブック
・カラーポイントシール
・サインペン
・色鉛筆

1.手作りブックにマス目を作り、マス目の中に街中にありそうなものを記入すれば完成!マス目の周りや、子どもの好きなキャラクターを色鉛筆で描いてあげるとよいですよ。

子どもの見つけやすいものを意識して、少し難易度を上げる場合は具体的な色や物を書くとさらに楽しむことができます。

マス目に書かれているものを見つけたら、カラーポイントシールを貼って、ビンゴになるよう楽しみましょう!
49 件

関連記事

ピックアップ記事