就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】ボールプール温泉?銭湯みたいな室内遊び場「こどもの湯」

【東京】ボールプール温泉?銭湯みたいな室内遊び場「こどもの湯」

東京スカイツリーのソラマチの中に気になる遊び場をみつけました!外観はまるで銭湯。なのに子どもの遊び場で、しかもボールプール温泉があるというのだからどんなものなのか気になって取材せずにはいられません!ということで今回は「こどもの湯」を取材してきました。

昔懐かしい銭湯がモチーフの子どもの遊び場

まるで銭湯?室内遊び場「こどもの湯」

「東京こども区 こどもの湯」とは、昔懐かしい銭湯をモチーフにした史上最大級のボールプール温泉。子どもは思いっきり遊べて、大人は懐かしい雰囲気にくつろぎを感じる、親子で楽しめる遊び場です。

店舗の外観はまさに銭湯そのもの!本物の銭湯と間違える人もいるほどのハイクオリティーに店内に入る前から驚きとワクワクが止まりません!

事前にお会計を済ませたら、のれんをくぐって早速お店の中に入ってみます。するとまず最初に見えるのが大きな下駄箱。といってもこちらはディスプレイで、男湯・女湯ののれんの先に下駄箱&荷物入れのロッカーがあります。

銭湯の脱衣場を思わせるこちらのロッカールームに荷物を預けて遊びの準備を整えましょう。

昭和レトロな街並みが広がる「お祭り広場」

ロッカールームの先には、昭和のレトロな街並みを感じさせる「お祭り広場」があります。

10円からお菓子が買える駄菓子コーナーには昔懐かしいお菓子やおもちゃがずらりと並んでおり、子どもだけでなく、懐かしさのあまりママとパパが思わず手を伸ばしてしまいそうです。

そのほかにも、1回300円で射的や手裏剣の縁日屋台で遊べたり、お寿司屋さんや八百屋さん、たこ焼き屋さんになりきって遊べるなりきり商店街があったりと、ボールプールに向かう前から子どもが楽しめるコンテンツが充分に揃っています。

ボールがたっぷり溢れるボールプール温泉

仕かけがいっぱい!魅力のボールプール

ボールプールエリアに向かうと、目の前には温泉に見立てた大きなボールプールがあらわれます。史上最大級というだけあってエリア内には88,000個ものボールが使用されています。

ボールプールの中央には低めのふわふわドームが設置されており、たくさんのボールに囲まれているので小さな子でも安心して遊ぶことができます。

こどもの湯にはその他にも子どもが楽しめる様々な仕かけがあります。その一つに、流れる滝のすべり台「こどもの滝」があります。すべり台からすべり降りてボールプールの中にダイブするのも楽しいですが、もう一つ面白い仕かけがあります。

すべり台の横に設置された穴にボールを入れていくとボールが滝のようにすべり台の上から流れ落ちてくるのです。眺めているだけでも面白いですよ。

そのほかにも、ボルダリングで遊べたり、七色に光るボールプールがあったりと、こどもの湯には子どもが夢中になれる遊びの魅力がいっぱい詰まっています。

細部まで忠実に再現するこだわりが面白い!

こどもの湯の面白いところはほかにもあります。銭湯のシンボルともいえる浴場に描かれる富士山の壁画。もちろん、ボールプール温泉の壁面にも爽やかで存在感のある富士山が描かれています。

実はこちらの壁画、銭湯の壁に実際に絵を描いているプロの銭湯絵師さんによるものだというから驚きです!また、壁画のそばに三つ並んだタッチパネルゲームがありますが、見てのとおりこちらは洗い場を再現しています。

細かな点も忠実に再現しているところがこどもの湯の魅力の一つといえるのではないでしょうか。

ボールプール内には亀のおもちゃが浮かんでいますが、ボールプール外に置いてあるロディオもプール内に持ち込んで遊んでもOKだそうです。危ない遊び方はもちろん注意が必要ですが、基本的に自由に遊べるのは嬉しいですね。

乳児と親への配慮も忘れていない!

赤ちゃんとママパパに嬉しいスペース

たたみ敷きになった休憩スペースでは遊びの合間にのんびり過ごすこともできますし、赤ちゃんをごろんと寝かせることもできそうです。親も子も過ごしやすいように絵本や雑誌が用意されています。

また、リラックスしたいママとパパはマッサージチェア(有料)を利用して疲れた体を癒してあげるのもよいかもしれません。

休憩スペースのすぐ横には、0〜2歳の赤ちゃん向けの「はいはいの湯」があります。

ハイハイの赤ちゃんでも遊べるように浅めに設計されており、周りは柔らかなマットで囲われているので安心です。赤ちゃんでもボールが掴みやすいように小さめのボールも入っています。

また遊びに行きたくなるおまけ

遊び終わってお店を出るときに、レジでコインを受けとってガチャガチャをすることができます。ガチャガチャのカプセルの中にはお菓子とクーポン券が入っています。

クーポン券は入場料の割引券やゲーム1回無料券など様々です。クーポン券を使ってまた遊びに来たくなりそうですね。

最後にスタッフ・高田さんに親子に向けてメッセージをいただきました。

「こどもの湯は、0歳の赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い世代が楽しめるお店です。ぜひ家族みんなで遊びにいらしてください。」

こどもの湯のスタッフさんは子ども好きな方が多く、優しく声かけをしてくれたり、安全に遊べるよう見守っていてくれるので、店内は雰囲気がよく、過ごしやすい環境だと思います。

「こどもの湯」までのアクセス

「こどもの湯」へのお出かけは公共交通機関の利用をおすすめします。

電車を利用の場合は、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」正面口より、または京成押上線・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」B3出口・A2出口よりすぐです。

車の場合は30分ごとに350円で東京ソラマチの駐車場が利用できます。

まとめ

いままでにはないコンセプトで「銭湯」をモチーフにしていることから、親にとっては懐かしく、子どもにとっては新しく新鮮で、親子がともに楽しめる遊び場といえるのではないでしょうか。

観光スポットに位置しており、日本らしさを感じられるビジュアルから、国内だけでなく海外のお客さんの利用も多いそうです。観光と合わせてお出かけしてみるのもいいかもしれませんね。

東京こども区 こどもの湯(とうきょうこどもく こどものゆ)

東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン「東京ソラマチ」5F

070-3100-3589

10:00〜21:00(最終入場20:00)

無休

0歳〜小学2年生

小人(小学2年生以下):最初の60分1,200円・延長30分毎600円・平日限定2時間パック1,800円
大人(16歳以上):最初の60分600円・延長30分毎300円・平日限定2時間パック900円
中人(小学3年生〜15歳):最初の60分600円・延長30分毎300円・平日限定2時間パック900円 ※中人はお祭り広場のみ利用可能。

https://www.fantasy.co.jp/kodomoku

ベビーカー置場有り

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018