就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・多摩動物公園】見て、乗って、運転して!「京王れーるランド」

【東京・多摩動物公園】見て、乗って、運転して!「京王れーるランド」

「京王れーるランド」は京王線を走る電車が展示されていたり、車掌さん体験や、ミニ電車に乗ることができて電車好きにはたまらない施設です。またボールプールのついたキッズスペースも完備されていて、子どもたちが思いっきり楽しめます。遊びや体験を通して、まだ知らない電車ワールドを体感してみましょう。

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

電車ワールドへ出発進行!

入口からウキウキ!

「京王れーるランド」は本館、別館、屋外エリアと全部で三つに分かれています。まずは本館からお邪魔しましょう。中に入ると電車の券売機がありました。ここで入館チケットを買うことができます。入館前から電車の世界が始まっていて面白いですね。

ちなみにチケットは1枚300円(3歳以上)です。1枚のチケットで三つのエリアに入ることができますよ。

入口は改札になっているので先ほど買ったチケットを通して中に入りましょう。

館内はベビーカーでの移動は禁止になっているので、入口のベビーカー置き場に置いていきましょう。

あこがれの車掌さんを体験してみよう

まずは制服を着て写真をパチリ

本館1階には京王電鉄最新の車両「5000系」の京王ライナーのカットモデルが展示されています。ここでは子ども用の制服を着て写真を撮ることができます。制服は男の子用、女の子用など、種類やサイズがあるので自分の好みのものを選んでみてくださいね。帽子も置いてあるのでかぶってみましょう。これで気分はすっかり京王の社員さんです。

車内放送にも挑戦!

お隣のエリアには実際に使われていた車両が置いてあります。乗務員室に入ることができるので、ここで車掌さん体験ができます。

車内放送用のマイクを使ってみたり、ドアの開閉操作ができます。

この日遊びに来ていた男の子は、ドアの開閉ボタンにはまったようで、ボタンを何度も押して扉を開いたり閉じたり。車掌さん体験を楽しんでいますね。

運転士さんにだってなれる!

「京王れーるランド」では運転体験もできるんです。車掌さんの次は運転士さんにもなってみましょう。

目の前にある大きな画面を見ながら、実際の運転台を使って体験します。こちらは1回300円で体験できます。

1階には京王バスも展示されています。中に入ることができ、運転席にも座ることができますよ。実際に座ると視界が高いので、小さいお子さんはママが抱っこしてあげると目の前が見えると思います。置いてある帽子もかぶって運転手さんになりきりましょう。

2階で家族やお友達と思いっきり遊ぼう

本館2階は子どもが遊べる広場になっていて、「アスれーるチック」と「プラレールで遊ぼう」というエリアに分かれています。

電車目線で遊べる「アスれーるチック」

「アスれーるチック」は、子どもたちが「電車目線」で動き回れるアスレチックです。

中には電車のレールが描かれていて、トンネルがあったりします。すべり台やボールプールもあるので、思いっきり遊んでくださいね。

ちなみにこのコーナーは3歳から8歳の子どもが遊べます。

「プラレールで遊ぼう」

「プラレールで遊ぼう」は京王線・井の頭線の「プラレール」で遊ぶことのできるコーナーです。このコーナーは13組40分間の入れ替え制になっているので混雑の心配がありません(最終回は16:30)。整理券が各回30分前に配布されているので事前に整理券をもらっておきましょう。

こちらのコーナーは年齢制限がありません。小さなお子さんでも入ることはできますが、遊びかけのプラレールが落ちていたりするので、ママとパパが安全を確保してあげましょう。

休憩室は中と外にあります

遊び疲れたら隣にある休憩室で休みましょう。館内は飲食禁止ですが、このエリアでは飲食ができます。

テラスもあるので天気のよい日は外に出てみるのもいいでしょう。テラスからは外に展示された電車を眺めることができます。

また、2階にはおむつ替えシートや授乳室も完備されていますよ。

屋外エリアではミニ電車に乗ってみよう

お次は本館お隣にある屋外エリアに出てみましょう。屋外エリアも最初に買ったチケットを改札に通すことで入ることができますよ。

今日はどんな電車かな?「ミニ電車体験」

屋外エリアにある「ミニ電車」は、一回100円で京王電鉄のミニ電車に乗ることができます。どの種類の電車に乗れるかはその日のお楽しみ。子どもも大人も一緒に出発進行!

5両並ぶ電車は圧巻!

屋外エリアには昔走っていた京王電鉄の車両がずらっと展示されています。五つも車両が並んでいるとすごい迫力です。

五つの車両のうち二つは中に入ることができます。一つは中の椅子に座ることもできますが、一番古い車両に関しては中を見学するのみになっています。

木の板でできた床は、今の電車しか知らない世代から見ると少し驚きですよね。長い歴史を感じます。ぜひ中も覗いてみてくださいね。

新しくできた別館にも寄ってみよう

2018年10月に「京王れーるランド」5周年を記念して、別館の京王れーるランドアネックスがオープンしました。

別館には実際に走っていた京王線の車両の先頭車両のカットモデルが展示されています。実物のハンドルを触ることもできますよ。

グッズ売り場もあるのでぜひお土産チェックもしてみてください。グッズ売り場は入場券なしで入ることができます。

「京王れーるランド」へのアクセス

公共交通機関を利用される方

京王線・多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車すぐ。

車でお越しになる方

専用駐車場はありませんので、ご来館の際は公共交通機関をご利用ください。

まとめ

入場券を買うときから電車ワールドがもう始まっている「京王れーるランド」は、大人の私でもずっとワクワクしていられる施設でした。

本文では紹介していませんでしたが、本館にあるエレベーターに乗ると電車の音が鳴るんです。そのような細やかな工夫は決して子どもを飽きさせることはありません。

見て、乗って、運転して、ぜひ電車の世界を五感で楽しんでください。

京王れーるランド(けいおうれーるらんど)

東京都日野市程久保3-36-39

042-593-3526

9:30~17:30(17:00 最終入館)

水(水が祝日の場合は翌日)、年末年始

「アスれーるチック」は3歳以上

300円(3歳以上)※本館、アネックス、車両展示場を一日中ご利用できます。ミュージアムショップは無料で入場可。別途料金が発生するコンテンツ有

http://www.keio-rail-land.jp/

ベビーカー入場不可、おむつ交換台有、授乳室有、弁当持ち込み可(所定スペースでのみ飲食可)

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR