就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがつねるようになった。赤ちゃんからのメッセージ受け取ろう

赤ちゃんがつねるようになった。赤ちゃんからのメッセージ受け取ろう

おっぱいをあげていたら、赤ちゃんがつねってきて…。ママは痛くてイラッとするし、なぜつねるのか心配になりますよね。ママをつねるようになるのは多くの子に見られることです。ママはどう対応したらよいのでしょうか。つねる行為に込められた赤ちゃんからのメッセージをしっかりと受け取りましょう。

赤ちゃんが「つねる」のは成長のあかし

手指の機能の発達の流れを知ろう

生まれたばかりの赤ちゃんは手や指をうまく動かすことができません。「把握反射」といって手のひらを刺激されると握りますが、これも反射ですから自分の意志でしていることではないのです。

赤ちゃんは3カ月ほどすると自分の手の存在に気が付いて、目の前に手をもっていくようになります。4カ月ほどすると自分の意志で手を握ったり、ひらいたりできるようになるのです。

7カ月頃には右手と左手で別々の動きをするようになり、8カ月になる頃には積み木を両手に持って打ち合うことができるようになります。小さいものを指でつまめるようになるのもこの時期です。

1歳になる頃にはクレヨンを握って書くようになりますので、生まれてから1年間の手指の発達はすごいですね。

「つねる」はいつからはじめるのか

赤ちゃんは7カ月頃から小さいものをつまもうとしはじめ、8カ月を迎える頃にはうまくつまめるようになってきます。赤ちゃんがママを「つねる」ようになるのは多少ばらつきがあるようですが、つまむ動作ができ始める7、8カ月頃からするようになることが多いようです。

赤ちゃんは同じ動きを何度も繰り返して、色々な動作ができるようになります。つねることも「つまむ」という指の動きを何度も繰り返すことで、できる動作になるのです。ママをつねりながらつまむ練習をしているのですね。

「つねる」という行為が始まったということは、赤ちゃんがまた一つ成長したということでもあります。少し前向きにとらえてみるとママも気持ちが楽かもしれません。

癖になると怖い!周りの人たちへの影響

「つねる」という行為がどのような理由から始まったとしても、それが癖になり、ママ以外の人もつねるようになってしまったら大変です。パパや兄弟姉妹、おばあちゃんやおじいちゃん、お友達にもするようになったら困ってしまいますよね。

赤ちゃんの力でもあざになる場合もありますし、赤ちゃんの爪が伸びていたら出血してしまうこともあるかもしれません。相手をケガさせてしまうだけでなく、相手が子どもの場合はつねり返されたり、叩かれたりして、赤ちゃん自身もケガをする可能性も出てきます。

癖になってママがあざでいっぱいになったり、周りの人をつねったりする前にやめさせたいものです。ママが我慢すればいい、と思わないでくださいね。

「つねる」理由は赤ちゃんからのメッセージ

手指を動かせるようになって遊びたい

赤ちゃんは新しい動作ができるようになるために、何度も同じ動きをくりかえして練習しています。そして、自分が思うように体を動かせるようになったら、喜んでさらに同じ動きを繰り返すのです。

ママが見ていて、「同じ動きをしていてよく飽きないな」と思うことありませんか?赤ちゃんにとっては飽きることのない遊びなのです。

赤ちゃんがたまたま、赤ちゃんの手が届くところにあるママのおっぱいや腕をつねって遊び始めるのです。ママの肌は気持ちよいですし、ついつい触りたくなることもあるかもしれませんね。

赤ちゃんは力加減のコントロールはまだできませんから、つねられると痛いこともあります。赤ちゃんは悪気なく、ただ遊びたいだけなので誤解しないでくださいね。

かまってほしい、振り向いてほしい

赤ちゃんも7カ月になると人見知りが出てくる子もいて、ママとほかの人の区別ができ始めます。ママは自分にとって特別な人と認識して、ママと「一緒に遊びたい」「私のことを見て」と思うようになるのです。

その思いを伝えるサインの一つとして「つねる」ことがあるのです。赤ちゃんはママに振り向いてほしいだけで、ママに痛いことをしようと思っているわけではありません。つねられると痛いということは分かっていないでしょうし…。

まだ話せない赤ちゃんがそのときにできる「つねる」ことをして、メッセージを送っているだけなのです。ママも赤ちゃんを見ずにスマホを見ていたら、強くつねられるかもしれませんよ。赤ちゃんをちゃんと見てあげてくださいね。

パパやママの反応が面白くて楽しい

赤ちゃんが初めてつねったときにママやパパはどんな反応をしましたか?大げさに「痛い」といいませんでしたか?身振り手ぶりをまじえて痛がりませんでしたか?

赤ちゃんは自分がしたことで、相手が面白い反応をすると、その面白い反応を見たいと何度も同じことを繰り返すことがあります。自分がつねったら、ママやパパは面白いことをしてくれると…。

ママやパパはそんなことは知らないでしょうから、赤ちゃんが可愛くて大げさにしてしまうこともあるでしょう。反対のことをいえば、赤ちゃんにしてほしい動作があるときは面白い反応をすることで、できるようになることもあるということですね。

ママやパパは赤ちゃんがわるいことをしたら、反応に気をつけましょう。

やめてもらうためには?対策と注意点

真剣な顔で目を見て「ダメ」と伝える

赤ちゃんは「つねる」ことがわるいことと分からずにしています。ですから、赤ちゃんに「つねる」ことはダメだと知ってもらう必要があるのです。

まず、赤ちゃんの目を見て冷静に「つねると痛いからダメだよ」と伝えてあげましょう。決して感情的になって「痛いじゃない!」といわないようにしてくださいね。感情的に赤ちゃんにいっても赤ちゃんは何をいわれているのか分からないまま、ママが怖くなったということだけが記憶に残ってしまう可能性があるからです。

赤ちゃんは言葉の意味が分からなくても、ママの言動をよく見ていて、その感情や気分を敏感に感じ取っているのです。痛くて悲しそうなママの表情を見たら、つねることはよくないこととわかってくれるでしょう。

代わりになるものを持たせて見る

赤ちゃんが「つねる」という行為ができること自体はわるいことではありませんよね。人をつねるということがよくないだけなのです。

赤ちゃんに「つねる」行為自体をやめさせては、手先の発達上はよくありません。ママやパパという人をつねらなければよいのですから、つねっても大丈夫なものを持たせてみましょう。

例えば、タオルやぬいぐるみ、クッションなど何でもよいのです。人の肌のように感触が柔らかくて、赤ちゃんも爪を立てられるものがよいですね。

ママやパパの肌ではなく、つねっても大丈夫なものをつねることで、手先を器用にするための動作の練習もでき、誰も痛い思いをしなくてすみます。赤ちゃんが関心がありそうなものから、ぜひ試してみましょう。

怒らずに伝えて、価値観を育てよう

赤ちゃんは成長とともに言葉を話せるようになってきます。言葉で自分の気持ちを伝えられるようになったら、自然とつねることはなくなってくるでしょう。

しかし、自然にしなくなる可能性があるからといって、つねる行為は「人にはしてはいけない行為」だと伝えないでよいわけではありません。わるいことと知らないと色々な人にしてしまう可能性も出てきます。

怒る必要はないですが、「つねることはダメなこと、人が痛がることはしてはいけないこと」という善悪の価値観が育つように、赤ちゃんのうちからママは伝えていく必要があるでしょう。ママやパパなどの家族から価値観は影響を受けますので、社会に出ても困らないような価値観を赤ちゃんのときから養っていきましょう。

まとめ

赤ちゃんがつねるようになったら、ママは痛くて大変です。つねるようになったきっかけが、つねって遊びたいのか、ママにかまってほしいのか、ママの反応が面白くてしているのかなどを考えて対応を考えましょう。

ママは感情的になって怒らず、良いことと悪いことをしっかりと分かってもらえるように心を込めて、赤ちゃんにつねってはいけないことを伝えましょう。大好きなママが真剣に伝えたことは、赤ちゃんもきちんとキャッチしてくれますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018