就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・四谷】乳児も一緒に参加できる「東京おもちゃ美術館 おもちゃこうぼう」

【東京・四谷】乳児も一緒に参加できる「東京おもちゃ美術館 おもちゃこうぼう」

天然木でできたおもちゃでたっぷり遊べる「東京おもちゃ美術館」には、「おもちゃこうぼう」というワークショップ・スペースがあります。いつ足を運んでも参加できるのが魅力的で、赤ちゃん連れでもOKなんですよ!家族で和気あいあいと楽しめるイベントになっているので、その様子をご紹介します。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

東京おもちゃ美術館とは?

「東京おもちゃ美術館」には大人も子どもも楽しめるおもちゃがたくさんあります。「四谷三丁目」駅か「曙橋」駅から歩いて行けるので、アクセスもよいですよ!

施設に関して詳しくは下記の記事で紹介しているので、こちらをご覧ください。今回紹介する「おもちゃこうぼう」は、美術館のコーナーの一つなんですよ。

手作りおもちゃを作ってみよう

子どもと参加できるワークショップ

3階にある「おもちゃこうぼう」では、予約制で毎日ワークショップが開催されています。

年齢制限なくだれでも参加できるワークショップは、平日は13時開催の1回ですが、土日祝日は1日3回開催されています。14時からは大人向けの少し難しいおもちゃの製作をやっているそうですよ。参加される場合は時間をよく確認しておきましょう。

ワークショップの内容は1カ月ごとに変更する「まいにちメニュー」と、不定期開催のおもちゃコンサルタントによる「TOY工房(要材料費)」があります。

子ども向けのワークショップでは、紙コップや牛乳パックなど簡単に手に入る材料を使っておもちゃをつくっていきます。赤ちゃん連れでも参加できるのがうれしいですね!親子一緒に作ってみましょう。

3階「おもちゃこうぼう」の入口手前にこちらの予約棚があります。

見本を見てから希望時間の引き出しを開けて、中にあるリボン付き時間札を1人一つ取り出してください。予約はこれだけでOK!開催時間になったら、おもちゃこうぼうに入りスタッフの方にリボン付き時間札を渡すようにしてください。

小学校を改装して作られた「おもちゃ美術館」なので、各部屋にはそれぞれ教室の名残があります。「おもちゃこうぼう」は元々家庭科室!確かに、普通の教室とは違って作業テーブルや水場がありますね。

棚には手作りおもちゃの展示スペースが。手に取って遊ぶことができるので、こちらもチェックしてみてくださいね。

作っている様子を見学させてもらいました

今回作成するのは紙コップを使った音のおもちゃ。濡れたティッシュでこすると鳴き声のような音がなるしくみ。好きな動物を描いて作っていきます。

まず最初におもちゃコンサルタントが作り方を丁寧に教えてくれるので安心です!まるで授業を受けているような気分にもなれるので、親も童心に戻れます。

それぞれ自由に動物のイラストを描いていきます。ママと一緒に絵を描いて楽しそう!絵が苦手という人でもサンプルが置いてあるので、それを真似して書いてみるとよいですね。

赤ちゃんを抱っこしたままでもできる簡単な工作なので、気軽に参加できますよ。

46 件

ライター紹介

大曽根 真悠

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC