就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】職人の技が光る!美しくレトロなランドセル「土屋鞄製造所」

【東京】職人の技が光る!美しくレトロなランドセル「土屋鞄製造所」

冬も終わりだんだん春らしくなってきました。春といえば入学式。新しいランドセルを嬉しそうに背負う子どもたちを見ると春が来たなと感じます。ランドセルは6年間使う特別なもの。よいものを選んであげたいですよね。子どもたちに寄り添い、丈夫で美しいランドセルを長年作り続けてきた「土屋鞄製造所」を紹介します。

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

背中に、心に、優しい記憶を

今回お邪魔したのは「土屋鞄製造所 童具店・中目黒」です。1965年から続く老舗のランドセル工房で、東京には3店舗、ほかにも仙台や大阪、福岡など全国各地に店舗を構えています。

「童具店・中目黒」は一階の入口から階段を登ってお入りください。店内はベビーカーOKですが、エレベーターはないのでご注意ください。

デザイナーや研究者、多くのプロの手を介している

「土屋鞄製造所」ではデザイナーや素材を開発する人など、職人だけでなく多くの人がランドセル完成までに携わっています。

それぞれの専門の人たちの手を介することで、理想のランドセルを完成させることができるのですね。みなさん立場は違えども「子どもたちに、上質なものを届けたい」という気持ちでチーム一丸となってランドセルを作っています。

ランドセルのこだわりを見せてもらいました

シンプルなデザインがどこか懐かしく、背負っていて気持ちがよいと評判の「土屋鞄製造所」のランドセル。お店の方にこだわりを聞きました。

丈夫さの秘密はイチョウの形をしたマチ

「土屋鞄製造所」のランドセルといえばこのイチョウの葉の形をしたマチなのだとか。側面についたこのイチョウ形のマチが6年間キレイな箱型を保ち続ける秘密なんです。

中は軽くてしなやかな樹脂素材とスポンジの二重構造になっていて、大きな力がかかっても幅広の形がサポートしてくれます。大人が背負って後ろに倒れてもへたらないほど丈夫だというのだから驚きです!

手作業の圧倒的な美しさ

上の写真はランドセルの角の部分。よく見るとひだがあります。菊寄せといわれるこの作業、カーブに沿って菊の花びらのようなひだを寄せ、角に溜まった革を整えています。とてもキレイですよね。

実はこれすべて手作業で行われているんです。「土屋鞄製造所」では手作業でランドセルが作られ、職人の技により完成品は細部まですべてが美しいんです。

西新井本店では工房を見学できます

職人の技を実際に見ることができます。東京の西新井本店、長野県の軽井澤工房店は工房が併設されていて、予約不要で見学することができます。

これから長い間お世話になるランドセルがどのように作られるのか、その職人技と心を込めた丁寧な作業を見れば、より一層自分のランドセルが愛おしくなるかもしれませんね。

土日祝日はお店自体は営業していますが、職人さんはお休みしている場合がありますので、見学は平日に行くと安心です。(*西新井工房は3月8日から4月上旬まではイベント開催のため工房見学はおやすみ)

今回お邪魔した「童具店・中目黒」では店内に飾られている写真で工房の様子を見ることができます。

嬉しい心遣いに心がほっこり

ランドセルと一緒に届くものとは

「土屋鞄製造所」でランドセルを買うと嬉しいプレゼントがついてきます。

例えば革製のレターセット「かぞくのおてがみ」。ちょっとした連絡や照れくさくていえない気持ちを手紙に書いて送れます。何度も使える革製の封筒です。そしてランドセルのレインカバーと学校で小物入れとして使えるきんちゃく。最後に6年間サポートブックです。お手入れ方法などお役立ち情報が詰まっています。

「入学おめでとう」という「土屋鞄製造所」の気持ちが伝わりますね。(*付属品は購入年により異なります)

売り切れなしの期間を活用しよう

人気のランドセルは売り切れ情報なども気になります。早い家庭では1年前からランドセルを購入しているんです。

そこで「土屋鞄製造所」では売り切れを気にせずにゆっくり選んで欲しいという想いから、希望したランドセルは売り切れなしで購入できる期間を設けています。

今年販売分(2020年入学対象者)は4月10日から5月14日です。一生に一度のランドセル、お子さんと話し合ってじっくり選びましょう。

学校が遠いのでランドセルが重いと心配

ママの声で多いのが、ランドセルはできるだけ軽いほうがよいということ。

学校が遠かったり、まだ子どもの体が小さいとランドセルの重さは心配ですよね。多くのランドセルの重さは1.5kgほどですが、そのような方におすすめしているのがクラリーノという商品。こちらは1.2kgほどとほかのものより軽くなっています。ほかにも気になることがあれば、お子様に合わせたランドセルを店員の方が提案してくれますよ。

気軽にスタッフの方に相談してみましょう。ベルトの合わせ方から、お手入れの仕方などとても丁寧に教えてくれます。

ランドセルを買う以外にもお店に行きたい

日本の良質な木を使った「キシル」の学習机

店内には良質な国産木材にこだわった学習机と家具の専門店「キシル」の学習机も販売されています。

「キシル」の学習机に使われている木で作られたカスタネットやペン立て、小物なども売れらていました。木のぬくもりが優しく、可愛いですね。

毎日行われるワークショップに参加しよう

季節によっては店内で、毎日小学生以下の子どもを対象にワークショップを開催しています。なんと参加費は無料。1日7回ほど行われ所要時間は45分と気軽に参加できます。予約はホームページからできます。

東京では「童具店・中目黒」のみで開催しています。ランドセル販売開始の4月からは一時お休み期間に入るので再開時期やワークショップ内容はホームページをご確認ください。

「土屋鞄製造所 童具店・中目黒」へのアクセス

交通機関を利用される方

電車をご利用の場合は、東急東横線・東京メトロ日比谷線 「中目黒駅」正面出口より目黒川沿いを徒歩12分、または東急田園都市線 「池尻大橋駅」東口より徒歩9分です。

バスでお越しの方は「渋谷駅」より西口バスターミナル33番のバス東急バス・渋41系統大井町行き「菅刈小学校」下車徒歩約3分です。

車でお越しになる方

「童具店・中目黒」には専用駐輪場・駐車場がありません。なるべく公共の交通機関をご利用いただくか、 近隣の有料パーキングのご利用にご協力下さい。

まとめ

家族のように子どもたちの6年間を見守り続けてくれる「土屋鞄製造所」からは、作り手の人たちの温かい想いがたっぷり伝わってきますね。

お気に入りのランドセルとともに子どもたちはたくさんの経験をして、多くの素敵な思い出を作ることでしょう。

ぜひ店舗に足を運んで一生の思い出に残るランドセルを選んでください。

土屋鞄製造所 童具店・中目黒(つちやかばんせいぞうしょ どうぐてん・なかめぐろ)

東京都目黒区青葉台3-19-8

03-3463-8871

11:00~18:00

火(祝日の場合は水曜日休)※臨時休業、年末年始休み有り

0歳以上

商品による

https://www.tsuchiya-randoseru.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR