就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】シックで大人っぽい長く使えるランドセル「鞄工房山本」

【東京】シックで大人っぽい長く使えるランドセル「鞄工房山本」

今は昔と違いランドセルはピンクや青など様々な色があり、子どもたちの選択肢が増えましたよね。しかし購入時には気に入った色も、高学年になるにつれて好みが変わったり飽きてしまうことがあります。今回お邪魔した「鞄工房山本」では、上品な色味が子どもにも大人にも好評、長く使えるランドセルと出会うことができます。

teniteo CHANNEL [テニテオ]

by teniteo

約70年続く工房から生まれたランドセル

奈良の工房で一つ一つ手作りしています

今回訪れたのは「鞄工房山本」東京銀座店。本店は奈良にありますが、東京には銀座と表参道に店舗があります。ここのランドセルはすべて奈良の工房で一つ一つ手作りされています。奈良の落ち着いた環境の中、職人たちが何日もかけてランドセルを作ります。

約70年も続く老舗。先代から作業の委託や分業をせずに一貫製造体制を貫いてきました。工房の職人が最初から最後まで心を込めて作っているのですね。

店内にはこだわりのランドセルを作る動画が流れていました。奈良の工房ではランドセルを作っているところを見学できるようです。

長く使えて飽きのこないランドセル

落ち着いた色合いがママにも好評

ランドセルは6年間使うもの。購入時はまだ5、6歳の子どもが12歳まで使うんです。購入時は明るめの色が好きでも高学年になる頃には大人っぽい色がよくなることもあります。

「鞄工房山本」のランドセルは色が明るすぎずないのがポイント。ママやパパにも好評な色合いです。せっかくなら6年間ずっとお気に入りのランドセルであってほしいですよね。

本革の良質な触り心地

ランドセルの素材は牛革、コードバン(馬革)、人工皮革の3種類。特に人気なのは牛革で、本革らしい上質な雰囲気と柔らかな触り心地が特長です。

上の写真は実際にランドセルに使われる牛の革。牛一頭分の革で、四つほどのランドセルが作れるんだそうです。

6年間の修理保証もあり安心

「鞄工房山本」のランドセルは丈夫で卒業まで特に修理の必要はないですが、万が一修理が必要な場合は6年間の修理保証もあるので安心です。

壊れたらすぐに捨てるのではなく、大切に長く使って欲しいという職人さんやお店の方の想いが込められているのですね。

体が大きい子どもでも余裕を持って背負える

入学のときはまだ小さかった子どもも、6年生になる頃にはすっかり大きくなることもあります。成長は嬉しいのですが、ランドセルのサイズが合わなくならないか少し心配。でも肩ベルトで調整すれば体が大きくなっても背負うことができます。

実際に背負わせてもらうと、160㎝ある筆者でもきつくなく、余裕を持って背負うことができました。とても軽くて、背負い心地も抜群です。

男女別!人気のランドセルとポイントは?

「鞄工房山本」で人気のランドセルをご紹介します。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

女の子は模様付きが人気

女の子に人気なのはモチーフがついているランドセル。さりげないステッチが可愛いと人気なのだとか。

上の写真は女の子に一番人気のワイン。色も落ち着いた色が人気なのですね。

こちら上の写真は女の子では珍しい黒色のランドセル。大きなお花のモチーフがついているのでとても可愛い印象になっています。

キラキラは単なる飾りだけではない

女の子向けのランドセルのいくつかについているキラキラの部分ですが、こちらは飾り以外としても機能しているんですよ。

このキラキラの部分は車のヘッドライトに反射して、夜道などで光るようになっています。暗い道でも安心ですね。

男の子に人気なのは黒にさりげない色のステッチ

男の子に人気なのはシンプルな定番カラー。柄ものはなく黒や紺、濃い緑が人気だそうです。

生地をカラフルな色にするよりは、ランドセル自体は黒などの定番カラーにして、ステッチの色を青や赤にすることでさりげなく個性を出すのが人気です。

上の写真は一番人気の黒い生地に青のステッチの入ったランドセル。大人っぽい雰囲気がかっこいいですね。

背面も黒い生地だから汚れが目立たない

ランドセルといえば背中の面は白色が多いのですが、こちらのシリーズは背中の面まで黒色になっています。男の子だと、汗で背中の白い面が黒ずむことがありますがこのランドセルならその心配はありません。

店内は広く、ゆっくり選ぶことができます

店内は広々としていて明るく、ゆっくりとランドセルを選ぶことができます。分からないことがあれば店員さんが相談にのってくれるので、ぜひ店舗に足を運んでみてください。

また店内はベビーカーOKです。銀座店は地下にあるのですが、エレベーターもありますので安心です。

「鞄工房山本」へのアクセス

公共交通機関をご利用ください

専用駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

東京メトロ「銀座駅(銀座線・丸の内線・日比谷線)」B4出口から5~6分。並木通りを右折し直進してください。アルボーレ銀座ビルのB1Fが銀座店です。

東京メトロ「銀座一丁目駅(有楽町線)」5番出口から30秒。正面に見えるビルの駐車場左の側道を入るとアルボーレ銀座ビルがあります。

下の写真の緑に覆われたビルがアルボーレ銀座ビルです。こちらを目印にお探しください。

まとめ

カラフルで明るい色のランドセルも可愛いですが、長く使うことや成長につれて好みが変わることを考えるとこのようにシックで大人っぽいランドセルはとてもよい選択になると思います。

3月16日からは全国各地でランドセルの展示会も始まります。詳細はホームページをご覧ください。ママやパパにも好評の「鞄工房山本」のランドセル。ぜひお手にとってその質のよさを確かめてみてください。

鞄工房山本(かばんこうぼうやまもと)

東京都中央区銀座 2-4-18アルボーレ銀座 B1F

03-6228-7451

平日11:00~17:00土日祝10:00~17:00

水(祝日除く)、年末年始

0歳以上

商品による

https://www.kabankobo.com/

ベビーカー入場可

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj